東京ドームの面積をkm2やha表示すると?【ヘクタールや平方キロメートル】

スポンサーリンク

東京ドームは日本初の屋根付き球場であり、プロ野球の試合やその他のイベント会場として使用されます。

また同時に、東京ドームは面積の比較基準として用いられることがあります。

一方で、東京ドームの面積を示す場合には㎡(平方メートル)で表記されることが一般的で、㎢(平方キロメートル)表記やha(ヘクタール)はほとんどされません(これは㎢で表記するほど面積が大きくないからです)

そこで、東京ドームの面積をkm2やhaで表すとどうなるかを解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京ドームの面積をkm2(平方キロメートル)で表すと?

東京ドームの面積をkm2で表すと0.04675km2

東京ドームの面積をkm2で表すと0.04675㎢です。

まず、東京ドームの面積は東京ドームの公式サイトを参照すると、

「普段、東京ドームの面積と言われているもの」として、建築面積は、

  • 46,755m²

であることが示されています。

しかし、この数値はm2(平方メートル)で表したものです。

ここで、1平方メートル(km2)は、1,000,000(100万)平方メートル(m2)であるため、東京ドームの46,755m2の面積をkm2へ変換するための計算式は、

  • 46,755 ÷ 1,000,000 = 0.046755

となり、0.046755㎢であることが分かるのです。

(Googleによる自動計算結果)

東京ドームの面積をha(ヘクタール)で表記するとどうなるの?

では、東京ドームの面積をヘクタール(ha)で表記するとどうなるのでしょうか?

東京ドームの面積4.675ha

東京ドームの面積は4.675haと表記出来ます。

  • 1ha = 10,000m2
  • 1ha = 0.01km2

となることから、

46,755m² ÷ 10,000

又は

0.046755㎢ ÷ 0.01

をすることで、4.675haという数値が求められます。

合わせて読みたい世界雑学記事

東京ドームの高さは何メートル?【比較付き】
日本初の屋根付き球場と知られる東京ドームは、よく面積を比較する際の基準として利用されることから、広さに関しては比較的良く知られています。 一方で、東京ドームの高さはどれほどでしょうか? 東京ドームの高さを、他のものとの比...
error:Content is protected !!