世界最大のワニ・世界一大きいワニ|世界一でかいワニまとめ

世界最大のワニ(世界一大きいワニ)を紹介していきます。個体と種類の2つの軸に分けて、それぞれ世界一でかいワニたちを見ていきましょう。

スポンサーリンク

爬虫類の中でも淡水域に生きる動物としては、場所によって、生態系の頂点に君臨するワニには、数十種類の仲間が存在するとされます。

そして、中には圧倒的な大きさを誇るワニもおり、地域によっては人食いワニとして恐れられてきました。

この記事ではそんなワニの中でも、これまで確認された現生するワニ種の中で世界最大級の大きさを誇る個体トップ6と、世界一大きい現生するワニ種を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界最大級のワニTOP6!

世界最大級のワニ⑥ カシウス

カシウスは、2011年に飼育下のワニとして世界最大のワニであるとギネス世界記録に認められたイリエワニの個体。

その大きさはなんと5.48mにもなり、一般的な人の成人男性の3倍以上の体長を誇ります。

そんなカシウスは、伝説のボクサー「モハメド・アリ」の誕生名である「カシウス・クレイ」にちなんで名付けられました。

世界最大級のワニ⑤ ヤイ

ヤイと呼ばれるこの世界最大級のワニは、イリエワニとシャムクロコダイルのハイブリッド。

タイにあるサムットプラカーン・クロコダイルファーム&動物園で飼育されているクロコダイルの個体で、その体長は5.5m。

ワニとしては穏やかな性格を持つことでも知られ、大きいだけでなくその性格でも人気な巨大ワニです。

世界最大級のワニ④ ブルータス

(出典:KWATOG NONSENSE

ブルータスはオーストラリアはノーザンテリトリーのアデレード川に生息するワニ。

イリエワニの個体で、現地を訪れる人にとっては一種の観光名物的存在として人気を博しています。

その大きさはなんと体長で5.6m、体重で1トンほどとされ、船上から与えられた餌に食いつくブルータスの姿は迫力満点です。

ちなみに、ブルータスは片側の前足を失っていますが、これは、アデレード川の河口でオオメジロザメに対峙した際に失ったと考えられています。

世界最大級のワニ③ ブジャン・セナン

東南アジアのボルネオ島にかつて生息していたブジャン・セナンは、現生するワニの中でも史上最大級に大きな体を誇っていました。

その大きさは6m近い5.88mで体重は1トン超え。

生きていた当時は現地の人々から人食いワニとして恐れられていました。

また、正確な計測が行われるまで、ブジャン・セナンの体長は7.62mにもなるとさえ考えられていました。

世界最大級のワニ② ドミネーター

ドミネーターもまた、アデレード川に生息しているとされるイリエワニの個体。

正確に計測されたことはないため、あくまでも推測になりますが、その大きさは6.1mにも達するとされ、世界一のワニとしても名前が良く挙がります。

また、体重は1トンを超えると推定されるなど、他の世界最大級のワニよりも抜きん出て大きいと考えられているワニです。

世界最大級のワニ① ロロン

現生するワニの種の個体としては、確認された中でこれまで最高サイズとされるのがロロン。

名実共に世界一大きいワニであり、2012年7月にはギネス世界記録に認定されました。

フィリピンのブナワン地区にある入江で捕獲され、その大きさはドミネーターの推定サイズをも上回る6.17m。

世界最大のワニとして有名になったのです。

しかし、2014年に原因不明のまま死んでしまいました。

世界最大のワニ種

世界最大のワニの個体トップ6を紹介してきましたが、最後に「種」として世界最大のワニとなるものを簡単に紹介しておきます。

その世界最大のワニ種は、オリノコワニとイリエワニの二種類で、どちらともクロコダイル科に属するワニの仲間。

(オリノコワニ)

オリノコワニは南米のコロンビアとベネズエラを通るオリノコ川に生息するクロコダイルで、その体長は通常、オスで4〜4.8m、体重は最大で380kgになるとされます。

また、過去には7m弱のオスの個体が報告されるなど、世界最大級の個体を輩出する大きなワニです。

一方、イリエワニは東南アジアから南アジアの一部、そして、オーストラリア北部沿岸にまで生息するクロコダイルで、その大きさは通常、オスで4.3〜5.2m、体重は400kgをゆうに超えてきます。

このイリエワニもまた、個体によっては7m近くにもなり、体重に関しては最大で1.3トン程度にまでなると考えられています。

世界最大級のアリゲーターについて

ちなみに、ワニにはクロコダイルとは別にアリゲーターに分類されるものもいますが、アリゲーターはクロコダイルと比較すると平均的に小さいことで知られます。

しかし、アメリカに生息するアメリカアリゲーターのオスは、通常であっても4m近く、また最大では5.8mの個体が報告されるなど、個体によっては世界一大きいワニ種となるオリノコワニやイリエワニの大きさにさえ匹敵します。

合わせて読みたい世界雑学記事

ラムリー島とラムリー島の戦い|イリエワニで有名な危険な島で日本兵が多く犠牲になった場所
ラムリー島について詳しく見ていきます。イリエワニで有名で、過去に起こったラムリー島の戦いで日本兵に起こった出来事により、「危険な島」と言われる島です。 アジア最後のフロンティアとも言われるミャンマー。経済成長を見込んで、多くの...

世界最大のワニ・世界一大きいワニ|世界一でかいワニまとめのまとめ

世界最大のワニを個体と種類に分けて紹介してきました。

大きいものなら7m近くになる肉食動物のワニは、地域によって淡水域の生態系において頂点に君臨する動物の一種であることは疑いようがありません。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!