世界一古い大学・世界最古の大学とは?【2つの可能性を探る】

スポンサーリンク

現在、世界中に高等教育を提供する研究機関として多くの大学が存在しています。

この現代社会における大学を「近代の大学」とした場合、その起源は一般的にヨーロッパを起源としており、現在確認出来る大学と呼ばれるほとんどの機関は、多かれ少なかれヨーロッパで発展した高等教育機関が持つ独特の構造的および法的特徴を備えています。

そんな現代社会における「大学」として定義される高等教育機関のうち、世界最古の大学について紹介していきます。

ただし、実は指標によって微妙に世界最古の大学となる対象が異なっていたりするのです。

そこでこの記事ではまず、異なる指標によって世界最古の大学(世界一古い大学)とされる2つの大学について簡単な議論も合わせて紹介し、さらに追加の知識として世界最古のレベルで古い歴史を持つ5つの大学についても簡単に紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一古い大学・世界最古の大学トップ2

「一般的」に世界一古い大学とされるボローニャ大学

創設日:1088年

ボローニャ大学は1088年に設立された後、一度も運営を停止したことがない世界で最も古い大学と一般的に広く受け入れられている大学。

その名前の通りイタリアのボローニャに所在する大学で、現在であってもイタリア国内では二番目の規模を誇り、元々、比較的近代までは博士課程のみを教えていましたが、現在ではあらゆるレベルの多様なプログラムを提供しています。

ヨーロッパ最古の大学であることはもちろんこと、現代世界に広く普及している近代型の大学の原点とされ、「母なる大学」とも呼ばれることがあります。

学生数は約88,000人、うち留学生は6,000人超で、卒業生には、3人のローマ法王、多くの実業家、イタリアの政治家などがいます。

また、世界の大学ランキングでも上位に食い込むなど、実績も申し分ない歴史的な大学です。

「一部の指標」では世界一古い大学とされるアル=カラウィーイーン大学

創設日:859年

アル=カラウィーイーン大学はモロッコのフェズにある大学。

歴史の中でイスラム圏の主要な宗教的かつ教育的な中心地の1つとなり、1963年にはモロッコの近代国立大学システムに編入されました。

一般的に世界最古の大学として名前が挙がることは少ないですが、実は重要な国際的権威である「国際連合教育科学文化機関(UNESCO)」や世界の様々な記録を管理する「ギネス世界記録」は、このアル=カラウィーイーン大学を、

世界に現存する最古の継続的に活動している教育機関であり、初の学位授与を行った教育機関

として認定しており、その解釈によっては「世界一古い大学(世界最古の大学)」として見なされることがあります。

例えば、イギリスのBBC(英国放送協会)のメディアでは、

In 859 AD, the University of Karueein was founded in Fez, in Morocco. It still operates today and is recognised by Guinness World Records as the oldest university in the world.

西暦859年、モロッコのフェズにカラウィーイーン大学が設立された。現在も運営されており、世界で最も古い大学としてギネス世界記録に認定されている。

といった解釈が言及されています。

西洋発祥ではないため、現代の大学の多くは「ヨーロッパで発展した高等教育機関が持つ独特の構造的および法的特徴を備えた機関」という点を考えると、カラウィーイーン大学が世界最古の大学としてあまり名前が挙がらないのもうなずけます。

他にも覚えておきたい世界最古級の大学トップ5

世界一古い大学として知られる2つの大学を紹介してきましたが、ここからは、世界最古ではないものの、同じようにとても古い歴史を持ち、世界的にも名前が知られた大学を5つ紹介していきます。

オックスフォード大学

創設日:1096〜1167年

世界中に無数にある大学の中でもトップ10の中に常に顔を出すオックスフォード大学は、イギリスのオックスフォードに所在する大学で、これまで数えるのも大変なほど多くの英国首相やその他の国の首相、ノーベル賞受賞者、歴史的な有名人などを輩出してきました。

大学の正確な創設日は少し曖昧なままで、教育の証拠が1096年までさかのぼるため、創設日は1096年と言われることもあれば、オックスフォードに多くの学者が集まって初期のホールが設立された1167年を創設日とする場合もあります。

いずれにせよ、オックスフォード大学はまさに世界最高峰の歴史ある大学であると同時に、人類の智の叡智とも言える場所の一つとなっています。

サラマンカ大学

創設日:1134年

スペインのサラマンカに所在するサラマンカ大学は、1134年に創立され、1218年には教皇から勅許状を授与されて正式に認可された、今はなきパレンシア大学に次ぐスペイン最古の大学(現存する大学としてはスペイン最古)。

マドリードの西に位置し、15世紀後半にクリストファー・コロンブスがインド遠征のために王室の支援を得るための訴えを起こした場所としても知られます。

パリ大学

創設日:1150〜1250年

オックスフォード大学と同じように、その正確な創設日については曖昧であるものの、1150年から1250年にかけてフランスの首都パリに設立されたとされるパリ大学は、しばしば「ラ・ソルボンヌ」と呼ばれて親しまれています。

ヨーロッパで最初に設立された大学の一つとして知られていますが、フランス革命に伴い1793年から1896年にかけては運営を停止していた歴史も持ちます。

1970年に13の大学群に分割編成されたため、現在のパリ大学は市内に点在していますが、大学としては引き続き高い評価を維持しており、またこれまで多くのノーベル賞受賞者や学者を輩出してきました。

ケンブリッジ大学

創設日:1209年

政治的な対立からオックスフォード大学を離れた学者たちによって1209年に設立されたケンブリッジ大学は、イギリスのケンブリッジに所在する世界最古の大学の一つであると同時に、世界でもトップランキングの大学の一つとして世界中で名前が知られた大学です。

オックスフォード大学とは多くの共通の伝統を持ち、健全なライバル意識を持ち続けており、ケンブリッジ大学もこれまで非常に多くのノーベル賞受賞者などを輩出してきました。

パドヴァ大学

創設日:1222年

イタリアのパドヴァにあるパドヴァ大学は、1222年に設立され、現在も運営されている世界一古い大学の一つ。

天文学、法学、医学、哲学の分野で革新的な初期研究を行ったことで知られ、現在でも世界ランキングで比較的上位に位置します。

さらに1545年には大学附属として植物園を設立し、このパドヴァの植物園は現在、世界で最も古いアカデミックガーデンの一つとして知られるだけでなく、ユネスコの文化遺産としても登録されています。

ちなみにパドヴァは、ウィリアム・シェイクスピアの有名な戯曲「じゃじゃ馬ならし」の舞台となった街として知られます。

合わせて読みたい世界雑学記事

世界最古の国7つ!古い国を覚えて人類のルーツを探ろう!
「世界最古の国ってどんな国なんだろう?」 世界の歴史や知識を身に付けるにあたって、古い国を知るというのは現在の国の形や人間のこれまでの歩みを理解する上で役立ちます。
error:Content is protected !!