カピバラの大きさ(体重&体長)【世界最大サイズのげっ歯類】

スポンサーリンク

カピバラと言えば日本国内でも動物園によってはその姿を確認出来る、日本人にとってはそれなりに馴染みがある動物。

集団で露天風呂に浸かる姿などで人気です。

そしてカピバラは、ネズミと同じげっ歯類であり、現生するげっ歯類としては世界最大であることでも有名です。

カピバラの大きさ(体長と体重)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カピバラの大きさはどれくらい?

オスメス
体長106〜134cm
体高(地面から肩まで)50〜61cm
体重35〜64kg37〜66kg

カピバラは通常、体長で106cmから134cm、体高で50cmから61cmの間に収まり、体重はオスで35kgから64kg、メスで37kgから66kgの間と、メスの方がオスよりも若干大きくなる傾向にあります。

一方で、過去には通常の範囲を大きく超える巨大な個体も確認しており、ウルグアイで確認された体重73.5kgのオスと、ブラジルで確認された体重91kgのメスが、オスとメスそれぞれで最大級の体重を持つ個体として報告されています。

また、サイズに関するその他の特徴として、カピバラはタワシのような硬い体毛に覆われており、その体毛は5cmを超える長さで、後ろ足は前足よりもやや長く、尻尾は退化してしまっているため、他の多くのげっ歯類と違い長い尻尾を持ち合わせていない点などを挙げることが出来ます。

カピバラの大きさを他のものと比較すると?

秋田犬よりも大きい

カピバラは可愛い外見を持つげっ歯類であり、他のげっ歯類はそこまで大きくないため、カピバラに対しても同様に、そこまで大きな印象を持ちにくいかもしれません。

しかし、日本原産で大型犬に分類される秋田犬と比べると、実はカピバラの方が大きな差を付けて大きいことに驚きます。

秋田犬は通常、体長で93cmから110cm、体重で23kgから41kg、体高で58cmから69cmの間となり、カピバラは体高では10cm弱劣っているものの、体長は秋田犬を大きく超え、体重ではおよそ1.5倍も大きくなっているのです。

秋田犬よりもカピバラの方が大きいと言えば、カピバラの大きさは想像以上であることを実感しやすいかと思います。

秋田犬の大きさ(体重・体高・体長)【大型サイズの日本産犬】
日本の秋田県を原産とする秋田犬は、日本原産の犬としては唯一の大型サイズの犬種であり、忠犬ハチ公をモチーフにしたハリウッド映画「HACHI 約束の犬」が2009年に公開されたことで、現在は世界的に人気が高まっています。 その秋田...

カピバラの大きさについて参考になる動画

次の動画ではカピバラに近寄る成人男性が様々な姿勢で写っています。

成人男性と比較することで、カピバラの大きさが分かりやすい動画となっているので、カピバラのサイズ感を理解する上で役立ちます。

Making Friends with a Capybara

合わせて読みたい世界雑学記事

カピバラの寿命はどれくらい?【平均から最長寿命まで】
南米原産であり、げっ歯類最大の大きさを誇るカピバラは、日本国内でも多くの動物園に飼育されており、中には触ることが出来る場所もあります。 また、ペットとして飼育することも可能です。 カピバラの寿命を解説します。 カピバラ...
世界最大のネズミ・世界一大きいネズミ|5種類の仲間を紹介!
世界最大のネズミ(世界一大きいネズミ)について、現生するものから史上最大の大きさを誇ったものまで、5種類の仲間を紹介していきます。 哺乳類ネズミ目(齧歯目)の数科の総称である「ネズミ」には現在、1065〜1800に及ぶ種類が含...
error:Content is protected !!