猪の寿命はどれくらい?【イノシシの平均寿命と最長寿命】

スポンサーリンク

「猪突猛進」などの言葉に表される通り、強烈な突進力を持つ野生の生き物として日本でも良く知られている猪(イノシシ)は、どれほど長く生きるのでしょうか?

猪の寿命について、平均と最長寿命で解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猪の寿命はどれくらい?

野生下での寿命5〜10年
飼育下での寿命〜20年

猪の寿命は通常、野生下で5年から10年、飼育下で10年から20年の間とされています。

ただ、稀に野生下であってもさらに4〜5年生きる個体もいれば、飼育下であれば長寿記録として27歳まで生きたという個体も確認されています。

ちなみに猪は性的な成熟を生後18ヶ月ほどで迎えますが、他のオスによって妨げられることから、猪のオスは通常、4〜5歳に達してからようやく繁殖活動へ参加出来ることが少なくありません。

合わせて読みたい世界雑学記事

猪の大きさ(体重&体長)【イノシシのサイズ比較付き】
猪(イノシシ)は豚が家畜化される以前の動物として知られ、また、古代から狩猟の対象とされてきた動物です。 世界中には16種類の亜種が存在し、もちろん日本の自然界にも生息しています。 そんな猪の大きさ(体重や体長)を解説して...
error:Content is protected !!