猪の大きさ(体重&体長)【イノシシのサイズ比較付き】

スポンサーリンク

猪(イノシシ)は豚が家畜化される以前の動物として知られ、また、古代から狩猟の対象とされてきた動物です。

世界中には16種類の亜種が存在し、もちろん日本の自然界にも生息しています。

そんな猪の大きさ(体重や体長)を解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

猪の大きさはどれくらい?

猪(イノシシ)に含まれる16種類の亜種の中でも、日本に生息するニホンイノシシとリュウキュウイノシシの大きさは以下の表の通りです。

オスメス
体長140cm(110〜170cm)125cm(100〜150cm)
肩高(地面から肩まで)60〜90cm
体重80〜190kg
尾長30〜40cm

見て分かる通り、日本に生息する猪の大きさは、体長でオスなら平均して140cm前後、メスなら平均して125cmとなり、肩高は60cmから90cmの間、体重は80kgから190kgの間、そして尻尾の長さは30cmから40cmの間に収まります。

一方で、これまでにはこの平均的な大きさの範囲を上回る個体も度々確認されてきました。

例えば、2003年に岐阜県では220kgの体重を持つ個体が確認されたり、2009年には滋賀県で体重およそ240kg、体長180cm近くにもなる猪の個体が見つかっています。

猪の亜種の大きさ比較

ちなみに、すでに触れている通り、猪には16亜種が存在するわけですが、それぞれは生息する地域が異なっており、また、その環境の違いのためか、大きさも微妙に異なります。

以下にいくつかの猪の亜種の大きさを一覧にしたものを、参考として掲載しておきます。

種類名オスメス
ヨーロッパイノシシ
体長約150cm約140cm
肩高75〜80cm70cm前後
体重75〜100kg60〜80kg
地中海地域に生息するイノシシ
体長<100cm前後
肩高63〜65cm
体重約50kg約45kg
東ヨーロッパに生息するイノシシ
体長約160cm約145cm
肩高約95cm85〜90cm
体重110〜130kg95kg前後

世界で確認出来る驚くべきサイズのイノシシ

(出典:Dailymotion

また、世界を見渡すと、日本で記録されている最大級の猪よりもさらに大きな個体がこれまで確認されてきました。

例えば、ロシア沿海地方や中国満州地域に生息するイノシシのオスの中には、体重300kgから350kgにまで達する個体も珍しくありません。

さらに、2015年にはやはりロシアにて、体重535kgにも達する超巨大なイノシシが仕留められたという報告もありました。

イノシシの大きさを知る上で参考になる動画

以下の動画ではイノシシが野犬や人間と一緒に映っています。

犬や人と比べることで、イノシシの大きさがよりリアルに分かると思います。

Wolf dog and boars

合わせて読みたい世界雑学記事

猪の寿命はどれくらい?【イノシシの平均寿命と最長寿命】
「猪突猛進」などの言葉に表される通り、強烈な突進力を持つ野生の生き物として日本でも良く知られている猪(イノシシ)は、どれほど長く生きるのでしょうか? 猪の寿命について、平均と最長寿命で解説します。 猪の寿命はどれくらい? ...
ウォンバットの寿命はどれくらい?【野生と飼育下の比較】
外見的には大きなネズミのように思えても、実はコアラに近い動物であるウォンバットは、オーストラリアに生息し、現地では比較的よく姿が確認される生き物です。 ウォンバットの寿命を解説します。 ウォンバットの寿命はどれくらい? ...
error:Content is protected !!