オニヤンマの大きさ(サイズ)はどれぐらい?【比較付き】

スポンサーリンク

オニヤンマは日本に広く分布するトンボの仲間で、北は北海道から数は多くないものの南は沖縄本島においてまでその姿が確認されています。

そして、このオニヤンマは日本最大のトンボとして有名です。

オニヤンマの大きさ(サイズ)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オニヤンマの大きさ(サイズ)はどれくらい?

オスの体長90〜103mm
メスの体長98〜115mm

オニヤンマの体長(頭部から腹の先端まで)は通常、9cmから11.5cmの間に収まりますが、オスよりもメスの方が体長は大きくなるため、両性の間でその大きさは異なります。

オスの通常個体の体長は9cmから10.3cm、メスは9.8cmから11.5cmの範囲となり、メスの方がおよそ1cmほどオスより大きいのが分かります。

ちなみに、このサイズの違いは主に腹の長さによるものであり、オスの平均的な腹長は7cm、メスの平均的な腹長は8cmです。

また、オニヤンマの二対の翅のうち後方の一対となる後翅の長さにおいてもメスのが方がオスよりも長くなり、オスの後翅長は平均5.5cmで、メスの後翅長は平均6.5cmです。

オニヤンマの大きさ(サイズ)を他のものと比較して例えてみると?

はがきの横の長さ

オニヤンマのオスとメスを平均した体長はだいたい10cmとなります。

そして、この10cmという長さはハガキの横の長さと等しくなります。

メスの大きな個体は330ml缶の高さと同じ

また、オニヤンマのメスの大きさは個体によっては11.5cm近くなるわけですが、これは一般的にもよく見かける330ml缶の高さとほぼ一緒です。

330ml缶の縦の高さは11.52cmとなります。

オニヤンマの大きさについて参考になる動画

以下の動画ではオニヤンマと成人男性の手が一緒に撮影されています。

オニヤンマの大きさをさらに理解する上で役立つと思うので、参考にしてください。

高速で飛行するオニヤンマを捕まえる方法

合わせて読みたい世界雑学記事

オニヤンマの寿命【ヤゴ(幼虫)の時期を含めると以外に長い】
日本最大のトンボであるオニヤンマは、成虫としては短命であるものの、幼虫時期も含めると想像以上に長い寿命を持っています。 そのオニヤンマの寿命を詳しく解説します。 オニヤンマの寿命はどれくらい? 寿命 4〜...
オオスズメバチの大きさ(体長)【スズメバチ最大サイズ】
オオスズメバチはハチ目スズメバチ科スズメバチ亜科に分類される蜂で、蜂としては非常に大きな体を持ち、強力な毒と高い攻撃性を兼ね備えていることで知られます。 また、日本にも生息している馴染みの深い蜂で、危険な昆虫として恐れられてい...
error:Content is protected !!