アマゾン川の幅はどれくらい?【平均幅から最大幅まで】

スポンサーリンク

南米一の川であり、世界でもナイル川と並んで最大級とされるアマゾン川は、想像を超える規模の川。

その長さは6000m弱で、また、幅も非常に大きいことで知られます。

アマゾン川の幅を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アマゾン川の幅はどのぐらい?

平均的な幅3.2〜9.6km
最小幅1km
最大幅100km
河口の幅300〜500km

アマゾン川の幅に関しては、その測る場所によってとても大きく異なります。

まず、平均的な幅に関しては3.2kmから9.6kmだとされます。

一方で、アマゾン川における最小の幅は1kmと、最小であっても非常に幅が大きいことが分かりますが、最大の幅に関しては100kmと、およそ東京から熱海までの距離に近くなり、想像が難しいほどの幅となります。

さらに、アマゾン川の河口の幅に関しては300kmから500kmと、東京から名古屋または大阪までの距離に近くなり、世界最大級の川であるアマゾンの巨大さが理解出来ます。

ちなみに、河口の幅に関する数字が300km〜500kmと非常に広いのは、どの部分を河口と考えるかによって異なってくるのが理由です。

合わせて読みたい世界雑学記事

世界一長い川ベスト10|名前や長さを確認!11から25位までもリスト化して紹介!
世界一長い川ベスト10を見ていきましょう。名前はもちろん長さに関しても触れているので、世界にはどれほど長い川が存在しているか確認できます。 世界一長い川ベスト10には、どのような名前が含まれるのでしょうか? 気になるけど...
アマゾン川の豆知識!危険生物や熱帯雨林など旅行や観光の事前知識として!
アマゾン川に関する豆知識を紹介していきます。この地に広がる熱帯雨林と共に自然の偉大さを教えてくれるアマゾン川ついて、興味がある人は必見です! 南アメリカで最も有名な場所の一つアマゾン川は、世界一巨大な川として知られている川。 ...
error:Content is protected !!