世界一高い山ベスト10(標高や名前付き)!ヒマラヤ山脈に連なる山々がトップを独占!

世界一高い山ベスト10を標高や名前と一緒に確認していきましょう。世界的に誰でも知っているあの山もあれば、全く知らないけど実はとても高い山まであってエキサイティングです!

スポンサーリンク

「世界一高い山は何か?」と聞かれた時、多くの人は「エベレスト」と答えられるほど、エベレストが世界一高い山であることは一般的な知識となっています。

一方で、「2番目や3番目、または10番目に高い山は何か?」と聞かれた時、すぐに答えられる人はどれだけいるでしょうか?

世界一高いエベレストの名前は知っていたとしても、その他の高い山を知っている人は少ないと思います。

そこで、8000メートル級の標高を持つ、世界一高い山ベスト10をピックアップしてランキング形式で紹介していこうと思います。

世界が誇る山々の名前や知識を頭に入れるためにも、確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一高い山ベスト10!ランキング形式で10位から1位まで紹介!

世界一高い山⑩ アンナプルナ(標高:8091m)

この世界一高い山ベスト10の最初を飾るのは、世界で10番目に高い山であるアンナプルナ。

実は「アンナプルナ」は、30を超える6000メートル超の山々が連なったヒマラヤ山脈の山群の総称。

しかし、そのうち最も高い峰(第一峰)が8091メートルに達するため、世界で10番目に高い山として評されています(この記事では分かりやすくするために、最も標高の高い第一峰に特定して話をします)

歴史的に、アンナプルナは世界で最も登頂が難しい危険な山の一つとして知られてきました。登頂者の死亡率は、恐ろしいことになんと32%にも上ります。

アンナプルナはネパールの中西部に位置し、初登頂は1950年にモーリス・エルゾーグと、ルイ・ラショナル率いるフランス人チームによって達成されました。

世界一高い山⑨ ナンガ・パルバット(標高:8126m)

ナンガ・パルバットは世界で9番目に高い山として知られ、標高は海抜8126メートル、パキスタンのギルギット・パルティスタン地域に位置します。

「人喰い山」の異名を持つ、登山の難易度が高いことで有名な山で、現地ではこの山はデオ・ミルと呼ばれており、これは「巨大な山」の意味です。

また、この山はヒマラヤ山脈の最西部に位置し、世界の8000メートル峰の中でも一番西に位置する山として知られており、1953年、ドイツ・オーストリア合同隊の一員であったヘルマン・ブールが、ナンガ・パルバットの初登頂に成功していします。

ナンガ・パルバットの最も有名な特徴は、山の南側に位置する標高差4800メートルの絶壁です。この絶壁はルパール壁と呼ばれ、世界最大の標高差を誇ります。

世界一高い山⑧ マナスル(標高:8163m)

世界で8番目に高い山はマナスルと呼ばれ、ネパール中西部に位置し、標高8163メートルを誇ります。

世界初のマナスル登頂成功は、1956年に日本人の今西嘉雄とネパール人シェルパのギャルツェン・ノルブによって成し遂げられ、また、ゴルカ地域で最も高い山であるこのマナスル登頂の成功は、日本登山界に画期的な影響をもたらしたとされます。

ニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーが、現在世界一高い山として知られるエベレスト初登頂を果たした時、イギリスはエベレストを自国のものとして主張したそうですが(ニュージーランドは大英帝国の一部であることから)、同じように、今西嘉雄がマナスルを登覇した時、日本はマナスルを自国の山として主張したという話も残されています。

世界一高い山⑦ ダウラギリ(8167m)

標高8167メートルのダウラギリは世界で7番目に高い山。ヒマラヤ山脈を形成する山々の中でも、ネパール北部のダウラギリ山系にあります。

1960年にスイス・オーストリア・ネパールの合同チームによって初登頂されています。

1808年の記録によると、ダウラギリは当時、世界一高い山として認定されていたようで、1838年にカンチェンジュンガが世界一高い山であると考えられるようになるまでは、ダウラギリが1位の座を保持していたのです。

ちなみに現在、世界一高い山として有名なエベレストは、1858年に公式に世界一高い山として認定されました。

世界一高い山⑥ チョ・オユー(標高:8201m)

チョ・オユーは、ヒマラヤ山脈を形成する山の一つで、世界で6番目に高い山。

チョ・オユーは「トルコ石の女神」という意味で、ネパールと中国の国境に位置しています。

その最大の特徴は、世界で5番目に高い山であり登山難易度が高いマカルーとは対照的に、緩やかな斜面が多くアクセスも良好なため、世界一高い山ベスト10の中では最も登りやすい山だとされている点。

もちろん8000メートルを超える山なので気軽なハイキングという訳ではありませんが、それでも難易度は比較的低めです。

初登頂は1954年、オーストリア人のヨセフ・ヨヒラー、ヘルベルト・ティッヒー、そしてネパール人のパサン・ダワ・ラマによって達成されています。

世界一高い山⑤ マカルー(標高:8485m)

世界で5番目に高い山は、ヒマラヤ山脈を形成する標高8485メートルのマカルー。

エベレストの南東19キロメートル地点、ネパールと中国の国境に位置するこのマカルーは、特徴的な四角錐上の頂上部分が有名。

1955年にリオネル・テレイとジャン・クジーが率いるフランス人チームが初めて登頂に成功しています。

マカルーは他の山の頂上から離れた孤高の山であるため、気候や自然現象の影響を非常に受けやすく、急な斜面や切り立った峰が連なっています。

そのため、世界でも屈指の登りづらい山として有名で、特に頂上目前部分は、世界最高レベルのロック・クライミングとアイス・クライミングのスキルが求められます。

世界一高い山④ ローツェ(標高:8516m)

惜しくもベスト3を逃し、世界一高い山ベスト10の中で4位の座につくのは、標高8516メートルのローツェです。

ローツェはチベット語で「ロー=南、ツェ=峰」が意味することからも分かる通り、エベレストのすぐ南隣に位置し、強大なヒマラヤ山脈を形作っています。

また、ローツェの山頂はチベットとネパールのクンブ地域の間に位置しています。

そして、初登頂は1956年、エルンスト・ライスとフリッツ・ルフジンガーが率いるスイス人チームによって達成されました。

面白いことに、ローツェの中央峰(標高8410メートル)の頂上に初めて人が立ったのは2001年にもなってのこと。

その時まで、この中央峰は世界の8000メートル峰の中で唯一登頂されていなかったものだったのです。

ちなみに、中央峰はローツェのメイン山頂よりも標高は低いのですが、8000メートルを超える山の中では一番難易度が高いとされています。崖のように切り立った頂上部分が多くの登山家を遠ざけているのが理由です。

世界一高い山③ カンチェンジュンガ(標高:8586m)

カンチェンジュンガは、なかなかその名前を覚えるのが難しい山ですが、ネパールとインドの国境に位置して標高8586メートルの高さを誇り、世界で3番目に高い山として有名。

エベレストから152kmほど離れた地点に位置しており、長いこと世界で2番目に高い山だと考えられてきました。実は1852年までは、世界一高い山だとさえ思われていたそうです。

しかしそれ以降、何度もの計算と確認を経て、エベレストが世界最高峰であることが証明され、また世界で2番目に高いK2の高さも正確に把握され、カンチェンジュンガは3位の座に落ち着きました。

カンチェンジュンガに登る際、頂上の一歩手前まででストップするという伝統があります。これは1955年に初めてこの山の登頂に成功した、イギリス人登山家のジョー・ブラウンとジョージ・ブランドが始めたもの。

二人がチョーギャルという名の現地の僧侶に、頂上を清いまま保つことを約束したのがその理由。

以降、カンチェンジュンガに登る全ての登山者はこの伝統を尊重し、頂上そのものには足を踏み入れていないのです。

世界一高い山② K2(標高:8611m)

K2は、別名、ゴッドウィン=オースティン、またはチョーゴリと言い、カラコルム山脈にある世界で2番目に高い山

標高は海抜8611メートルで、中国とパキスタンの国境に位置しています。

中国側の斜面は非常に危険で登るのが難しいため、K2登山は通常パキスタン側から行われます。

世界一高い山ベスト10にも入っているアンナプルナに次いで、K2は8000メートル以上の山の中で2番目に登山者の死亡率が高い山として知られ、4人の登頂成功者に対し、1人の死者が出ると言われています。

そのため「獣のような山」という愛称で呼ばれることもあるのです。

また、他の8000メートル超の山とは違い、冬季にK2を制した人は未だに一人もいません。

世界一高い山① エベレスト(標高:8848m)

世界的にも有名で、世界一高い山として多くの人が名前を挙げるであろう山がエベレスト。

エベレストはチベット自治区とネパールの国境に位置しており、現地の言葉ではチョモランマ(チベット語)やサガルマータ(ネパール語)として有名。

また、その標高は実に海抜8848メートルにもなり、これは日本一高い富士山(3776.24メートル)の2.34倍です。

初めて公式にこの山の頂点に立ったのは、1953年のサー・エドマンド・ヒラリーと、テンジン・ノルゲイの二人。

その後も多くの人がこの世界一高い山へ挑戦しましたが、その高い難易度のため、今までに多くの登山家が途中で命を落としています。

実際にエベレストには、200を超える登山者の死体があると言われており、そのほとんどは極寒の環境のために、驚くほど保存状態が良いそうです。

ちなみに、エベレストは七大陸最高峰の一つであり、各大陸の最も高い山であるこの7つの山全ての登山に成功することは、スポーツ登山の世界において究極のチャレンジとなっています。

合わせて読みたい世界雑学記事

世界一高い山ベスト10(標高や名前付き)!ヒマラヤ山脈に連なる山々がトップを独占!のまとめ

世界一高い山ベスト10を標高や名前付きで紹介してきました。

8000メートル級の標高を誇るこれらの山々は、なんとも神々しい姿をしており、遠目から見るととても魅了されます。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!