ミジンコの大きさ(体長・長さ)【種類による比較も紹介】

スポンサーリンク

「ミジンコ」と一言でいう場合、そこには異なる種類の生き物が含まれますが、より狭義な意味では、ミジンコ目に属する生物が当てはまります。

このミジンコ目に属する生き物は、一部の種の例外を除いて、「丸っこい体」、「両腕を広げている」、「バタフライで泳ぐ」といった特徴があり、一般的にミジンコと聞いて想像する生き物に近いはずです。

狭義の意味におけるミジンコの大きさ(体長・長さ)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミジンコの大きさ(体長・長さ)はどれくらい?

ミジンコの大きさ(体長)0.5〜18mm

「ミジンコ」と呼ばれるミジンコ目に含まれる甲殻類は、0.5mmから18mmまでの体長を持ち、その長さの幅が大きいのが特徴。

これは、ミジンコ目と呼ばれる生物の分類には11科600種が含まれるのが理由です。

ただし、0.5〜3mmの体長となるものが大多数を占めます。

また、1.5mm未満のミジンコは小型種、1.5〜3.5mmの体長のミジンコは中型種、5.0mm以上になるものは大型種と分類される傾向にあります。

そして中型種以上はその体長のサイズから、水中を観察すれば肉眼でも確認できます。

種類によるミジンコの大きさの違いを比較

以下では簡単に、異なる種類のミジンコの大きさを比較していきます。

オオミジンコ

日本では琵琶湖などで確認されるオオミジンコは、ミジンコと言った場合に最もイメージされやすい体型を持ったミジンコの仲間です。

その体長は1~5mmとなるため、大型種に含まれます。

また、メスの方がオスよりも大きくなる傾向にあります。

ノロ(ミジンコ)

長い腹部によって、細長い体型を持つのがノロと呼ばれるミジンコの仲間で、日本でも大きめな淡水湖で確認されます。

その体長は1cmを超え、中には18mmと2cm近くに達する個体も現れます。

ミジンコの仲間では最大種です。

マギレミジンコ

日本では本州の北部以北に分布しているマギレミジンコは、体長がメスでも1mm前後、オスでは0.6mmほどの小型のミジンコです。

ホロミジンコ

北アメリカからユーラシア大陸まで含めて分布し、日本でも確認されているホロミジンコは小型種です。

体長はメスで1〜1.5mm、オスで0.5mm程度です。

オオミジンコについて参考になる動画

以下はオオミジンコを拡大して撮影した動画です。

オオミジンコの大きさというよりは、オオミジンコの体に関して色々と発見があると思います。

Daphnia magna under the Microscope

合わせて読みたい世界雑学記事

不思議な生き物・動物20選!かわいい又は不気味な姿や特徴を持った動物達
不思議な生き物・動物を20種紹介していきます。かわいい外見を持っていたり、不気味な姿を持っていたりと、どれも興味深い特徴を持ったものばかりです。 地球上には文字通り数え切れないほどの生き物が存在します。 その数は発達した...
error:Content is protected !!