クリオネの大きさ(サイズ)はどれくらい?種類毎の体長一覧

スポンサーリンク

クリオネはハダカカメガイ属に属する貝の総称で、貝の仲間であるものの貝殻は身にまとっておらず、その見た目は「流氷の天使」と言われるなど、まるで天使のような姿をしているのが特徴。

寒流域に分布している生き物で、そのサイズも非常に小さいことで知られます。

クリオネの大きさ(サイズ)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリオネの大きさはどれくらい?

日本で知られるクリオネには主にハダカカメガイとダルマハダカカメガイの二種類がいるため、まずはこの日本で有名な二種類の大きさを見ていきましょう。

ハダカカメガイ1〜3cm
ダルマハダカカメガイ0.8cm

クリオネと呼ばれる代表的な種であるハダカカメガイの大きさは1cmから3cmの間、ダルマハダカカメガイの大きさはおよそ0.8cmとなります。

クリオネ各種類の大きさ一覧

また、世界5種類のクリオネの大きさは、次のようになります。

種類名体長
ハダカカメガイ1〜3cm
ダルマハダカカメガイ0.8cm
ダイオウハダカカメガイ3〜8.5cm
ナンキョクハダカカメガイ1〜3cm
富山湾で発見された新種0.5cm

クリオネの中でも最大種となるダイオウハダカカメガイの中には、8.5cm近くまで大きくなる個体が現れます。

また、2017年に富山湾の水深700m域で発見されたクリオネは、日本固有の新種と考えられており、その体長は0.5cmと、現在確認されているクリオネの中では世界最小です。

クリオネの大きさを理解するために役立つ動画

次の動画では漂流するクリオネがダイバーによって撮影されている光景が映されています。

ダイバーと並ぶことでクリオネのサイズが非常に分かりやすくなっているので、その大きさを理解する上で役立ちます。

流氷ダイビングで出会ったクリオネ,大きさがわかるかな?小田原

合わせて読みたい世界雑学記事

クリオネの寿命はどれくらい?
「氷の妖精」や「流氷の天使」と呼ばれるクリオネは、ハダカカメガイという貝の仲間ですが、成長すると完全に貝殻を失うように進化してきました。 このクリオネの寿命を解説します。 クリオネの寿命はどれくらい? クリ...
不思議な生き物・動物20選!かわいい又は不気味な姿や特徴を持った動物達
不思議な生き物・動物を20種紹介していきます。かわいい外見を持っていたり、不気味な姿を持っていたりと、どれも興味深い特徴を持ったものばかりです。 地球上には文字通り数え切れないほどの生き物が存在します。 その数は発達した...
error:Content is protected !!