タコの寿命は短い。最長でも5年程度でマダコは2~3年程度。

スポンサーリンク

複数の吸盤がついた8本の腕と、どことなく地球外生命体のような外見を持つタコは、日本人にとっては刺身のネタとして親しまれています。

タコの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タコの寿命はどれくらい?

タコの寿命6ヶ月〜5年

タコの寿命は比較的短く、種類によってその長さは変わるものの、短いものであれば6ヶ月、長いものでも最大5年程度しか生きません。

例えば、日本で「タコ」と言った場合に最も一般的な「マダコ」の寿命は2〜3年程度なのに対して、ヒョウモンダコと呼ばれるタコの仲間は半年から1年程度しか生きません。

また、世界最大のタコであり、タコの仲間としては最も長寿と言われるミズダコであっても、その寿命は通常2〜3年程度であり、長く生きる個体でも最大で5年しか生きないのです。

ちなみに、このタコの寿命の短さは、生殖によって制限されていると言えるでしょう。

なぜならば、タコはオスであれば交尾をしてから数ヶ月後、そしてメスであれば卵を産んでから間も無く寿命を迎えるからです。

ただし、ミズダコは例外として生殖活動で死を迎えるわけではなく、中には複数回の生殖活動を行う個体もおり、これが、タコの中でもミズダコが比較的長生き出来る理由の一つです。

合わせて読みたい世界雑学記事

マダコの寿命はどれくらい?【生殖活動に大きく左右される】
東アジア沿岸の熱帯・温帯地域に広く分布し、日本では「タコ」と言えばこのタコを指す場合がほとんどであるなど、最も一般的に知られているマダコは、食用としても用いられる馴染み深い種類のタコです。 マダコの寿命を解説します。 マダコ...
イカの寿命【アオリイカやダイオウイカなど種類によって最長は変わる】
海に生きる軟体動物の一種で、日本人にとっては刺身のネタとして馴染み深いイカは、その種類によって寿命の長さは変わるようですが、未だに詳しいことが明らかになっていないものも多く存在します。 イカの寿命を解説します。 イカの寿命は...
世界一大きい魚・世界一でかい魚|世界最大級10種の魚たち
世界一大きい魚・世界一でかい魚を見ていきましょう。体重を基準にした場合に世界トップ10にランクインする魚たちとは、どういった種類の魚なのでしょうか。 世界に無数に存在する魚の中には小さいものから大きなものまでいます。 そ...
error:Content is protected !!