マダコの寿命はどれくらい?【生殖活動に大きく左右される】

スポンサーリンク

東アジア沿岸の熱帯・温帯地域に広く分布し、日本では「タコ」と言えばこのタコを指す場合がほとんどであるなど、最も一般的に知られているマダコは、食用としても用いられる馴染み深い種類のタコです。

マダコの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マダコの寿命はどれくらい?

マダコの寿命1〜3年

マダコの寿命は比較的短く、1年から3年の間とされます。

ただし、数字を見て分かる通り、マダコがどれぐらい生きるのかについては二年の幅があります。

これは、マダコの寿命は生殖活動によって左右されるからです。

マダコは生殖活動をした後、オスは間も無く死を迎え、またメスも産卵をすると死を迎えるのです。

ちなみに、この特徴に関しては、ミズダコなど一部のタコを除いた他の多くのタコの仲間にも同じことが言えます。

合わせて読みたい世界雑学記事

タコの寿命は短い。最長でも5年程度でマダコは2~3年程度。
複数の吸盤がついた8本の腕と、どことなく地球外生命体のような外見を持つタコは、日本人にとっては刺身のネタとして親しまれています。 タコの寿命を解説します。 タコの寿命はどれくらい? タコの寿命 6ヶ月〜5...
error:Content is protected !!