アオリイカの寿命【最大で一年ほどしか生きず興味深い特徴を有す】

スポンサーリンク

アオリイカは日本沿岸に分布する比較的大型のイカとして知られ、日本国内では食用に用いられることでも有名です。

アオリイカの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アオリイカの寿命はどれくらい?

アオリイカの寿命1年弱

アオリイカの寿命は通常、一年弱と考えられており、飼育下では161日から315日間ほど生きるとされます。

また、アオリイカの寿命に関する興味深いこととして、周囲の温度が高いほど寿命が短く、また体も小ぶりになる傾向にあるのに対して、周囲の温度が低いと逆に寿命が長く、体は大きくなる傾向にある点を挙げられます。

そして、アオリイカは飼育下の方が野生下よりも性的な成熟を早く迎え、オスはメスよりも早く性的に成熟する特徴を有します。

ちなみに、アオリイカは日本で食用とされるイカの一種ですが、多くの食用に用いられるイカの寿命はどれも一年ほどである共通項を見つけられます。

合わせて読みたい世界雑学記事

イカの寿命【アオリイカやダイオウイカなど種類によって最長は変わる】
海に生きる軟体動物の一種で、日本人にとっては刺身のネタとして馴染み深いイカは、その種類によって寿命の長さは変わるようですが、未だに詳しいことが明らかになっていないものも多く存在します。 イカの寿命を解説します。 イカの寿命は...
タコの寿命は短い。最長でも5年程度でマダコは2~3年程度。
複数の吸盤がついた8本の腕と、どことなく地球外生命体のような外見を持つタコは、日本人にとっては刺身のネタとして親しまれています。 タコの寿命を解説します。 タコの寿命はどれくらい? タコの寿命 6ヶ月〜5...
error:Content is protected !!