イカの寿命【アオリイカやダイオウイカなど種類によって最長は変わる】

スポンサーリンク

海に生きる軟体動物の一種で、日本人にとっては刺身のネタとして馴染み深いイカは、その種類によって寿命の長さは変わるようですが、未だに詳しいことが明らかになっていないものも多く存在します。

イカの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イカの寿命はどれくらい?

イカの寿命1年前後〜

イカの寿命を一言で表すのは非常に難しいと言えるかもしれません。

一般的に食材として知られるホタルイカ、アオリイカ、ヤリイカ、スルメイカ、コウイカ、アカイカ、モンゴウイカ、ソデイカなどの寿命は通常、1年前後だと考えられています。

一方で、これら食材としてメジャーなイカの中にも例外的に2年近く生きる個体がいたり、イカの種類によってはそれよりも圧倒的に長く生きると推測される種類がいるのです。

例えば、「ヴァンパイアのイカ」という意味の学名を持つコウモリイカは、8年近い寿命を持っているという説があり、また、近年新たな発見が多く伝えられているダイオウイカも、食材として知られる多くのイカより長生きすると考えられています。

このように、イカの寿命に関しては種類によってまだまだ不明な点が多く存在します。

合わせて読みたい世界雑学記事

アオリイカの寿命【最大で一年ほどしか生きず興味深い特徴を有す】
アオリイカは日本沿岸に分布する比較的大型のイカとして知られ、日本国内では食用に用いられることでも有名です。 アオリイカの寿命を解説します。 アオリイカの寿命はどれくらい? アオリイカの寿命 1年弱 ...
タコの寿命は短い。最長でも5年程度でマダコは2~3年程度。
複数の吸盤がついた8本の腕と、どことなく地球外生命体のような外見を持つタコは、日本人にとっては刺身のネタとして親しまれています。 タコの寿命を解説します。 タコの寿命はどれくらい? タコの寿命 6ヶ月〜5...
error:Content is protected !!