カラスの卵の大きさはどのぐらい?【頭がいい誰もが知る鳥】

スポンサーリンク

カラスと言えば誰もが知る鳥で、日本では田舎から都会の至る所でその姿を確認出来ます。

正確にはカラス科に含まれる1グループの鳥類が「カラス」と呼ばれるため、そこには複数の種類が属しており、日本にいるカラスとしてはハシボソガラスとハシブトガラスが代表的です。

カラスの卵の大きさを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カラスの卵の大きさ(直径と重さ)はどれくらい?

縦の長さ4.2cm前後
横の長さ(幅)2.9cm前後
重さ20g前後

カラスと呼ばれる鳥類には複数の種が含まれますが、それら異なるカラスの平均的な卵のサイズは、縦の長さで4.2cm前後、横の長さで2.9cm前後、重さで20g前後となります。

ちなみに、日本で見かけるハシボソガラスとハシブトガラスの卵の大きさは、重さを軸にして見た場合それぞれ平均20gと24gです。

また、日本では渡り鳥として冬に北海道で見られるワタリガラスは、上に示した二種類のカラスよりも大きな体を持つことから卵も大きく、その重さは平均して30gになります。

カラスの卵の大きさ(長さと重さ)をニワトリの卵と比較

カラスの卵の大きさをもっとよく理解するためにも、世間一般に良く知られるニワトリの卵の大きさと比較してみましょう。

縦の長さ横の長さ重さ
ニワトリの卵5.5cm4.3cm58〜64g
カラスの卵4.2cm前後2.9cm前後20g前後

ニワトリの卵には様々なサイズがありますが、ここでは中間サイズとなるMサイズを参考値としてます。

まず、縦の長さについては、

  • 4.2 ÷ 5.5 = 0.763

となり、カラスの卵の縦の長さはニワトリの卵の約3/4で、多少小さいことが分かります。

そして、横の長さを比べると、

  • 2.9 ÷ 4.3 = 0.674

となり、カラスの卵の横の長さはニワトリの卵の横の長さと比べておよそ2/3であることが理解出来ます。

そして重さに関して見ると、

  • 20g ÷ 61g = 0.327

となるため、カラスの卵の重さはニワトリの卵の1/3程度というのが判明します。

合わせて読みたい世界雑学記事

カモメの卵の大きさ【日本を代表するウミネコを基に解説】
チドリ目カモメ科に属する鳥類の中でも、特定の鳥、例えば、ユリカモメ、シロカモメ、ミツユビカモメ、カモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、セグロカモメなどは、「カモメ」と総称されます。 そして、ウミネコは日本に周辺生息して広く分布し...
ガチョウの卵の大きさ【鵞鳥の卵はニワトリの卵2~3個分】
どことなくアヒルに姿が似ているガチョウは同じカモ科に含まれますが、アヒルとは異なる種類の鳥で、野生の雁を家禽化したものです。 家禽化された鳥としては比較的大きなサイズを誇るガチョウの卵の大きさを解説します。 ガチョウの卵の大...
鴨の卵の大きさ(直径・重さ)【ニワトリの卵に近い】
鴨(カモ)とは、「カモ目カモ科の鳥類のうち、雁(カリ)に比べて体が小さく、首があまり長くなく、冬羽(繁殖羽)では雄と雌で色彩が異なるもの」に当てはまる鳥の総称です。 この鴨に当たる代表的な鳥類としては日本でも確認出来る「マガモ...
error:Content is protected !!