マムシの大きさ(体長)はどれくらい?サイズは青大将よりも小さい

スポンサーリンク

マムシ(ニホンマムシ)は、沖縄を除く日本のほぼ全土に生息する毒蛇。

日本人にとっては昔からとても身近な毒蛇として知られており、国内ではマムシを焼酎漬けにした「マムシ酒」などが販売されています。

そのマムシの大きさ(体長)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マムシの大きさはどれくらい?

マムシの全長40〜60cm

マムシの全長は通常、40cmから60cmほどです。

ただし、大型の個体は80cm近くになり、これまで確認された最大のマムシは91cmの全長を誇ったとされます。

特に北海道産のマムシは大型になる傾向があるのが特徴です。

そんなマムシのサイズに関することとしてもう一点、マムシは全長が比較的短いのに対して体幅は太めです。

幼体時に間違われやすいアオダイショウよりはかなり小さい

そんなマムシ(ニホンマムシ)は、幼体時点では日本の本州における最大のヘビ「アオダイショウ」と間違われる傾向があり、マムシは幼体の頃、アオダイショウに擬態していると考えられていますが、成体になると両者は外見だけでなく大きさの点でも大きく異なります。

具体的には、アオダイショウは通常であっても全長100〜200cmにもなり、マムシよりも2〜4倍の長さになるのです。

ただし、アオダイショウは毒を持たないため、圧倒的にアオダイショウの方が危険です。

アオダイショウの大きさ(体長と体重)【平均から最大サイズ】
日本の固有種として知られ、日本本土では最大の大きさを誇るアオダイショウは、昔から人気(ひとけ)の多い場所に暮らしてきましたが、最近ではペットとして飼われることも多くなってきました。 アオダイショウの大きさ(体長&体重)を解説し...

巨大マムシの大きさを理解するために役立つ動画

以下の動画は大型化しやすい傾向にある北海道のマムシが収まった動画です。

大きく太ったマムシのサイズ感を感じられると思います。

北海道には巨大なマムシが生息していた マムシに噛まれた実例

合わせて読みたい世界雑学記事

アオダイショウの大きさ(体長と体重)【平均から最大サイズ】
日本の固有種として知られ、日本本土では最大の大きさを誇るアオダイショウは、昔から人気(ひとけ)の多い場所に暮らしてきましたが、最近ではペットとして飼われることも多くなってきました。 アオダイショウの大きさ(体長&体重)を解説し...
世界の毒蛇一覧|ブームスラング・フィリピンコブラ・ブラックマンバなどの恐ろしさを知っているか?
世界の毒蛇一覧として、特に危険だとされる24種を集めて簡単に紹介していきます。万が一咬まれた場合、直ぐに対処をしなければ命を落とすリスクが高い毒蛇を見ていきましょう。 世界には3500種近い蛇が存在すると言われますが、そのうち...
error:Content is protected !!