キジバトの寿命はどれくらい?【野生下と飼育下で大きく違う】

スポンサーリンク

日本でも姿が確認出来るハトの一種で、国内で最も一般的なドバトと比べると若干体長が小さく、その羽の模様がキジの雌に似ているキジバトは、どのくらい生きるのでしょうか?

キジバトの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キジバトの寿命はどれくらい?

野生下での寿命10年未満
飼育下での寿命10〜20年

キジバトの寿命は野生下では10年未満、飼育下では10年以上20年以下というのが目安となります。

ただし、野生に生きる個体の中には2年程度で死んでしまうものも多く、キジバトが長く生きるかどうかはかなりの部分をその環境が左右すると言えるでしょう。

特に、キジバトの巣は糞便を多く蓄積する傾向にあり、それによって害虫や寄生虫などが発生した結果、早くに命を落としてしまうといったことがあります。

合わせて読みたい世界雑学記事

鳩の卵の大きさ(直径・重さ)【うずらの卵より少し大きい】
ハト目・ハト科に含まれる鳥類は、総称して「鳩」と呼ばれ、日本にもいくつかの異なる種が在来してることから、昔から鳩は馴染みのある鳥として親しまれてきました。 その鳩の卵の大きさを解説します。 鳩の卵の大きさ(直径と重さ)はどれ...
error:Content is protected !!