スッポンの大きさ(甲羅の長さや体重)【最大サイズは40cm弱】

スポンサーリンク

日本ではスッポン鍋でも知られるスッポンは、正確にはスッポン科に属する「ニホンスッポン」または「チュウゴクスッポン」と呼ばれるスッポンの仲間で、昔から食されていました。

そんなスッポンの大きさを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スッポンの大きさはどれくらい?

スッポンの甲長15〜25cm(最大40cm弱)
スッポンの体重最大7kg前後

甲羅の縦の長さ(甲長)で通常は15cmから最大で40cm弱、体重で最大7kg前後というのがスッポンの大きさの指標になります。

ただし、多くの個体の甲長は20cm前後です。

一方で、稀に60cm近くになるという話もありますが、日本国内で確認された最大級の個体は神戸の水族館が過去に展示した甲長39.6cm、体重7.1kg近い個体でした。

ちなみに、スッポンのサイズにまつわる興味深い特徴として、甲長に関してはメスの方がオスよりも長くなる傾向を持つのに対して、尻尾はオスの方がメスよりも長い傾向にあります。

また、スッポンが成熟に達する時期は甲長が18cm近くなる頃だとされ、その大きさが一つの目安となっています。

スッポンの仲間としては最大級の一種「マルスッポン」

ちょっとした豆知識として、日本における「スッポン」、つまりニホンスッポンと同じスッポン科に含まれるマルスッポンは、スッポンの仲間としては世界最大級の甲長を持つ一種と考えられています。

中国南部から東南アジア、そして南アジアと広い地域に分布するこのマルスッポンの最大甲長は、なんと129cmだと言うのです。

ニホンスッポンの最大級の個体と比べても、その甲長は3倍以上となり、体重はさらに大きな差を付けて重いことが推測出来ます。

スッポンの大きさを理解するために役立つ動画

以下の動画では、川で捕獲されたスッポンが映っています。

人の手やクーラーボックスと比較することで、おおよそのスッポンの大きさがイメージしやすくなるかと思います。

【川で金儲け!?】捕獲したスッポンはいくらで売れるの??

合わせて読みたい世界雑学記事

世界最大の蛇・世界一大きい蛇TOP8|世界一長い蛇も合わせて紹介
世界最大の蛇・世界一大きい蛇トップ8を紹介していきます。世界一長い蛇と世界最大の毒蛇にもついて触れているので確認してみましょう。 およそ3500種近い蛇の中には稀に、人間の想像を遥かに超える巨大な体を持つ種類のヘビがいます。 ...
error:Content is protected !!