サイの寿命はどれくらい?【種類別の一覧表】

スポンサーリンク

日本国内でも動物園によってはその姿を確認出来るサイと言えば、アフリカに生息するシロサイやクロサイを思い浮かべることが多いと思いますが、実はアジアにもサイは生息しており、世界には現在、5種類のサイが存在します。

サイの寿命を種類別に一覧にして解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サイの寿命はどれくらい?

サイの寿命は種類によって微妙に異なります。

具体的には次の表の通りです。

シロサイの寿命40〜50年
クロサイの寿命35〜50年
インドサイの寿命35〜45年
スマトラサイの寿命35〜40年
ジャワサイの寿命30〜40年

見てわかる通り、シロサイの40年から50年という寿命が最も長く、次にクロサイの35年から50年、インドサイの35年から45年、そして最後にスマトラサイの35年から40年とジャワサイの30年から40年という寿命が続きます。

ちなみに、2011年に「世界最高齢のシロサイが死亡した」として世界中のニュースを駆け巡った個体は、亡くなった当時53歳でした。

また、サイの仲間で寿命が二番目に短いスマトラサイは、現生のサイとしては最も原始的な種として知られます。

合わせて読みたい世界雑学記事

象の寿命【アフリカゾウ・アジアゾウ・マルミミゾウの寿命】
長い鼻が印象的で人気な象は、とても長寿な動物として知られます。 象と呼ばれる動物には、アフリカゾウ、アジアゾウ、マルミミゾウ の三種がいますが、どれもそれぞれ長寿です。 象の寿命を解説します。 象の寿命はどれくらい? ...
error:Content is protected !!