ロベルトカルロスの身長と体重【フリーキックは強烈すぎ!】

スポンサーリンク

ロベルト・カルロス(1973年〜)は、ブラジル出身の元サッカー選手で、現役時代は世界最高峰の左サイドバックとして知られていました。

特に、ディフェンダーでありながら積極的に攻撃へ参加し、また、左足から繰り出されるキック力はフォワードの選手をも凌駕するほどで、ロベルト・カルロスが放つシュートやフリーキックは多くのファンを魅了しました。

ロベルト・カルロスの身長と体重を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロベルト・カルロスの身長はどれぐらい?

ロベルト・カルロスの身長168cm(5フィート6インチ)

ロベルト・カルロスの身長は168cm(5フィート6インチ)です。

出身国ブラジルの男性平均身長は173.1cmということを考えても、ロベルト・カルロスの身長は低いことが分かります。

結果として、ヘディングでの競り合いには不向きである一方、圧倒的なキック力を誇り高い攻撃力を有したロベルト・カルロスにとって、ディフェンダーの中でも、左のタッチライン沿いのエリアを主戦場とするレフトサイドバック(LSB)、まさに最適なポジションだったと言えるでしょう。

このことに関しては、ロベルト・カルロス自身も皮肉を交えて以下のように語ったことがありました。

“[Roy Hodgson] played me as a centre-forward for Inter. It was impossible. I could understand if he played me as a winger because I was a very attacking full-back, but as one of two strikers? Come on, I’m 5ft 6in! The balls were flying well over my head.

ロイ・ホジソン(インテルミラノの元監督)は、僕をインテルのセンターフォワードとして試したことがあるんだよ。でもそれは不可能だったんだ。僕はとても攻撃的なフルバックだったから、もしもウイングとして試したならまだ理解出来たんだけど、二人のストライカーのうちの一人としてだよ?ちょっと、僕は5フィート6インチ(168cm)だって!ボールは頭上を超えて飛んでいってしまうんだよ!

ロベルト・カルロスの体重はどれぐらい?

ロベルト・カルロスの体重69〜73kg(152〜161ポンド)前後

ロベルト・カルロスは非常にガッチリとした体でフィジカル面が強いことで知られていました。

そのため、身長は168cmしかないにも関わらず、体重は69kg(152ポンド)から73kg(161ポンド)ありました。

合わせて読みたい世界雑学記事

ロナウジーニョの身長と体重【ファンタジスタと呼ばれた男】
ロナウジーニョ(1980年〜)は、ブラジル出身の元サッカー選手で、現役時代はミッドフィルダーとしてブラジル代表で活躍しました。 また、FIFA最優秀選手賞やバロンドールなど、サッカー選手としては世界最高の名誉となる賞をいくつも...
error:Content is protected !!