セントバーナードの大きさ(体重&体長)【性格が優しい人気者】

スポンサーリンク

大型犬であるものの気性が穏やかで優しく、人間に忠実だということで多くの人に愛されているセントバーナードはスイス原産の犬種。

その性格から小さな子供と一緒に過ごしても安全で、ペットとしても人気です。

セントバーナードの大きさ(体重&体長)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セントバーナードの大きさはどれくらい?

体重50〜91kg
体高65〜90cm
体長80〜105cm

セントバーナードの大きさは、通常の個体で体重は50kgから91kg、体高は65cmから90cm、体長は75cm〜100cmの間に収まります。

そして、オスの方がメスよりも大きい傾向にあり、比較すると以下の通り、平均的な個体サイズの違いが分かります。

オスメス
体重64〜82kg54〜64kg
体高70〜90cm65〜80cm

また、セントバーナードの中には通常サイズを遥かに上回る巨大な個体も時々誕生し、これまで最も大きなものとして記録されているのは「ベネディクティン」という名前の個体で、最大時には160kgをゆうに上回る体重を誇りました。

セントバーナードの大きさを他の犬と比較すると?

セントバーナードの大きさを、他の有名な大型犬と比較してみましょう。

日本にルーツを持つ土佐犬と同じぐらいの大きさ

日本の四国犬にルーツを持つ大型の犬として土佐犬は国内のみならず世界的にも有名ですが、セントバーナードの大きさは土佐犬と同等レベルだと言えるでしょう。

土佐犬は通常、体重で60kgから90kg、体高で62cmから82cm、体長で90cmから105cm程度に収まるからです。

どちらの犬種も、世界で最も大きな犬トップ5の中によく名前が挙がります。

土佐犬の大きさ(体重&体長)【世界最大級の大きさを誇る】
土佐犬は日本の四国犬にルーツを持つ犬。 闘犬を作る目的で海外から持ち込まれた大型のマスティフ犬種が、四国犬と掛け合わされたことで誕生しました。 そのため、非常に大型でとても筋肉質で強い闘争本能を持つ犬として日本だけでなく...

セントバーナードの大きさについて参考になる動画

次の動画にはセンドバーナードが様々な人と並んでいる場面が収まっているので、セントバーナードの大きさを理解する上で役立ちます。

THE SAINT BERNARD DOG – GIANT ALPINE RESCUER

合わせて読みたい世界雑学記事

世界一大きい犬・世界一でかい犬|世界最大級の犬15選!
世界一大きい犬・世界一でかい犬は一体なんという品種の犬なのでしょうか?世界最大級の犬15品種を一覧にして紹介していきます。 犬は何千年もの間、ある時は番犬として、ある時は狩猟犬として、またある時はペットとして飼われてきました。...
error:Content is protected !!