自由の女神の高さ・重さ・大きさはどれくらい?【比較付き】

スポンサーリンク

アメリカ合衆国を象徴する像であり、ニューヨークにおける観光名所の1つとして知られている建造物と言えば自由の女神です。

この自由の女神の高さや重さ、各パーツの大きさを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自由の女神の高さはどのぐらい?

全体(地上からトーチ)93m(92.99m)
台座47m(46.94m)
台座からトーチ46m(46.05)
台座から像の頭部分33.86m

自由の女神の高さは上の表にあるように、地上から右手に持つトーチの先部分までの全体の高さとしては93m、より詳細には92.99mになります。

一方で、自由の女神が載っているその台座部分の高さは47m(46.94m)で、台座を除いた自由の女神本体だけの高さは46m(46.05)です。

また、台座から自由の女神像の頭部分までの高さは33.86mです。

自由の女神の重さはどのぐらい?

自由の女神の重さは以下の通りです。

総重量225トン

自由の女神の各パーツの大きさ(サイズ)は?

そして、自由の女神の各パーツの大きさを一覧にすると次のようになります。

頭の高さ5.26m
頭の幅3.05m
目の幅0.65m
鼻の長さ1.37m
冠の大きい方の半径3.50m
口の幅0.91m
0.33m x 0.65m
手の長さ5m
左手に持つ石版の長さ7.19m
左手に持つ石版の幅4.14m
左手に持つ石版の幅0.61m
足の長さ7.65m
自由の女神像自体の幅10.70m

自由の女神の高さを他のものと比較すると?

中野サンプラザとほとんど一緒

(出典:wikipedia

自由の女神の全体の高さである93mは、有名な建物に例えた場合、東京の中野駅すぐ側にある複合施設「中野サンプラザ」と同じぐらいの高さであると言えば、中野を訪れたことがある人ならイメージしやすいかと思います。

中野サンプラザの高さは92mであるため、1mほど低いものの、その高さは自由の女神とほとんど変わりません。

自由の女神像自体は10〜11階建てのビルと同じぐらいの高さ

さらに、自由の女神像自体の高さを考える場合は、日本にある10階または11階建てのビルの高さを思い浮かべると良いかと思います。

日本にある一般的なビルは、一階分の高さがおよそ3mであるため、33.86mの高さとなる自由の女神像それ自体は、10〜11階相当のビルと同じぐらいの高さになるのです。

合わせて読みたい世界雑学記事

ダビデ像の大きさと身長【実物大よりかなり大きいサイズ】
ルネサンス時代の有名が彫刻家であり画家、そして天才として知られたミケランジェロの有名な作品の一つと言えばダビデ像。 現在はイタリアのフィレンツェにあるアカデミア美術館に収蔵され、多くの観光客を呼び込んでいます。 そして、...
ピサの斜塔の高さと重さ【傾きによって高さが2つ存在する】
イタリアのピサ市にあるピサの斜塔は、ピサ大聖堂にある鐘を設置するために設けられた「鐘楼(しょうろう)」で、3.99度ほど南側へ傾いていることで知られる歴史的建造物です。 ピサの斜塔の高さと重さについて解説します。 ピサの斜塔...
エッフェル塔の高さは300m?324m?重量も合わせて解説
フランスの首都パリに立つ巨大なタワー(塔)で、パリを象徴する観光名所としても有名なエッフェル塔の高さを解説します。 合わせて重量についても見ていきます。 エッフェルタワーの高さはどのぐらい? 構造(塔自体の...
error:Content is protected !!