世界一大きいバナナ・世界最大のバナナ【ジャイアントハイランドバナナ】

スポンサーリンク

一般的にも非常に馴染み深いフルーツの一つバナナと言えば、日頃からスーパーの果物売り場でその姿を良く見かけます。

通常バナナの大きさは15~17cmが多く、皮が付いた状態での重さは約170g程度となりますが、世界にはこの一般的に良く知られるバナナの大きさを圧倒的に凌駕する、世界一大きいバナナも存在するのです。

その名はムサ・インゲンス。

このムサ・インゲンスとはどういったバナナなのでしょうか?

世界一大きいバナナ(世界最大のバナナ)について解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界一大きいバナナ「ムサ・インゲンス」とは?

世界一大きいバナナまたは世界最大のバナナとされる「ムサ・インゲンス(Musa Ingens)」または「ジャイアントハイランドバナナ(Giant Highland Banana)」とは、インドネシアとパプアニューギニアの両国が領有するニューギニア島に自生する、名実共に世界最大のバナナ。

1,300~2,000mの比較的高地で確認されており、通常は急な峡谷や高地の沼の縁など、湿った場所に生息することが多いです。

また、食べることも出来る食用バナナでもあります。

世界一でかいバナナの大きさとは?

では、その世界一大きいバナナの大きさとはどれほどなのでしょうか?

以下にムサ・インゲンスのサイズを簡単にまとめてみましょう。

全体の高さ20m
偽茎の高さ15m
葉の長さ5m
偽茎の直径〜94cm
バナナの房の重さ最大60kg
バナナの果実一個の長さ20~30cm 又はそれ以上
バナナの果実一個の重さ500g〜1.5kg

まず、「バナナの木」は実際には木ではなく「草」に分類されることから、木の幹に見える部分は「偽茎」と呼ばれ、その先にいわゆる葉っぱが伸びており、この偽茎(15m)と葉(5m)を合わせた全体の高さは通常で20m、最大で31m(真偽は定かでない)にもなります。

また偽茎の直径は、最も太い部分でおよそ94cmにまで達します。

一方で、バナナの果実(一般的にバナナとして知られる部分)に関して言えば、ムサ・インゲンスは60kgにも達する房をたくわえることが可能で、バナナの果実一個の長さは20cmから大きいもので30cmまたはそれ以上に達し、「成人の前腕の長さ」と例えられることがあります。

また、重さが500gから1.5kg近くなる果実は比較的よく確認され、通常のバナナの果実の5~6倍の大きさと表現されることが多いです。

さらに「世界最大のバナナ」と言われるだけあり、INEWSの記事によるとムサ・インゲンスの果実は、最大個体で6kgの重さに達することもあるようです。

世界最大のバナナは現地の人にとってとても便利な果物

そんな世界一でかいバナナのムサ・インゲンスですが、現地の人にとってはただのフルーツとして食べられるだけでなく、他にも異なった目的で利用されるようです。

例えば、果実の中身を食べた後に残った皮はスパイスを作るための材料として用いられたり、ムサ・インゲンスの葉は現地の家を建てるための資材として重宝されたり、他にも偽茎はワイン作りや服の原材料として利用されたりと言った具合です。

つまりムサ・インゲンスは現地の人たちにとって、余すところなく利用出来る貴重な食材であり天然資源なのです。

世界一でかいバナナを動画で確認!

以下の動画では、世界一でかいバナナ「ムサ・インゲンス」の大きさが非常に分かりやすく短くまとめられています。

世界一大きいバナナの大きさをより具体的にイメージするために役立ててください。

Biggest Banana in the World…! Giant Highland Banana (Musa ingens Banana)

合わせて読みたい世界雑学記事

世界最大の花・世界一大きな花|ラフレシアかショクダイオオコンニャクか?
世界最大の花・世界一大きな花を紹介していきます。有名なラフレシアに始まり、ショクダイオオコンニャクやコウリバヤシなど、世界最大級の花に関する知識を増やしましょう。 世界には想像を絶する大きさを誇る生き物たちが存在します。 ...
error:Content is protected !!