クマネズミの大きさ(体重や体長)はどれほど?【大型ネズミ】

スポンサーリンク

ネズミの中でも大型のネズミの一種とされるクマネズミは、世界各地に生息しながら日本でも広く確認されているネズミ。

都市化が進んだ結果、都会のビル街でも目撃されています。

クマネズミの大きさ(体重や体長)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クマネズミの大きさ(体長や体重)はどれくらい?

体長(頭胴長)14〜20cm
尾長15〜26cm
体重150〜200g

クマネズミの大きさは、頭から胴体の長さ(体長)で14〜20cm、尻尾の長さで15〜26cm、そして体重は150〜200gという範囲に基本的には収まります。

また、体長と尻尾の長さまでを含めた全長は29〜46cmで、後ろ足の長さは2.2〜4.0cmです。

ちなみに、このクマネズミの大きさの表を見ても分かる通り、クマネズミの特徴の1つに、多くの個体では尻尾の長さが体長よりも長くなるという点が挙げられます。

クマネズミの大きさを他と比較すると?

ドブネズミよりは若干小さい

人家やその周辺に生息するネズミとして日本で知られるドブネズミとクマネズミは、どちらとも大型のネズミに分類されるため、その大きさがよく比較されます。

そして実際に比較してみると、ドブネズミの方が若干、クマネズミより大きいことが分かります。

ドブネズミの大きさは、

体長(頭胴長)18.6〜28cm
尾長14.9〜22cm
体重150〜500g

となり、大きな個体では体重比でクマネズミの2倍以上になることがあるからです。

ただし、尾長に関してはクマネズミの方が勝ります。

ハツカネズミよりは大きい

一方で、人家の周辺で確認されるネズミとしてはドブネズミ以上に一般的なハツカネズミと比べると、クマネズミの方が大きくなります。

ハツカネズミの大きさは、

体長(頭胴長)5〜9.1cm
尾長4.2〜8.0cm
体重10〜25g

となり、個体によってはクマネズミの方がハツカネズミよりも体長で4倍近く大きく、また体重で10倍近く重くなることが分かります。

クマネズミの大きさについて参考になる動画

以下の動画は複数のクマネズミを手に乗せた映像です。

個体の中には大きめなものから小さめなものまで確認出来、また、手や腕の大きさとも比較出来るので、クマネズミの大きさを理解する上で参考になります。

クマネズミの紹介 その3 ※ネズミ嫌いの方はご注意ください

合わせて読みたい世界雑学記事

夜行性の動物(夜行性の生き物)一覧|19種類を紹介!
夜行性の動物・夜行性の生き物を紹介していきます。アイアイという名前の動物から、パナマヨザルまでの19種類を見ていきましょう。 自然は場所によって様々な表情を見せ、そして生き物はその自然環境に適応するように進化してきました。 ...
error:Content is protected !!