ベルギーの有名人15選!歴史的な王や作家から音楽家まで

ベルギーの有名人を紹介していきます。歴史的に有名な君主や作家、そして現代に生きる音楽家までの15名を、簡単な解説付きで一覧にしてあります。

スポンサーリンク

西ヨーロッパの中でも比較的国土が狭いためか、ベルギーは見落とされがちな国です。

しかし、ベルギーは文化的にも社会的にも興味深く、また、歴史の中では様々な分野において活躍した有名人を輩出してきました。

ベルギー史における、有名な君主、優れた知識人、国際舞台で活躍する政治家、そして映画界のスターまで、ベルギーにルーツを持つ有名人15人を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルギーの有名人1:カール5世

当時まだベルギー王国は建国されていませんでしたが、神聖ローマ皇帝カール5世(1500〜1558年)は、1500年にネーデルラントの一部だったフランドルのガン(現在のベルギーのヘント)で生まれたため、ベルギー出身の歴史的な有名人として名前が挙がります。

3つの王家の後継者として、カール5世は16世紀における最も権力のある君主となり、ヨーロッパとその植民地を含む広大な領土を統治。

ハプスブルケ家の絶頂期に君臨し、彼の治世は、

ヨーロッパ統合を果たしたカール大帝以来の歴史的ヨーロッパ概念の体現者

と描写されることがあります。

ベルギーの有名人2:ゲラルドゥス・メルカトル

現在のベルギーとなるフランドルにて、1512年に生まれたゲラルドゥス・メルカトル(1512〜1594年)は、海図に使われるメルカトル図法を発表した人物として有名な人。

16世紀ネーデルラントの地理学者でした。

彼の地図は大きな優位性を示し、その後の世界において、徐々に世界地図の標準モデルになっていったのです。

また、ゲラルドゥス・メルカトルは、自分が製作した地図を集めて世界初の地図帳を作成した人物でもあります。

このような功績もあり、かつてベルギーの1000フラン紙幣には、彼の肖像が描かれていました。

ベルギーの有名人3:ピーテル・パウル・ルーベンス

バロック期を代表する画家の1人であるピーテル・パウル・ルーベンス(1577〜1640年)は、「幼児虐殺」や「パリスの審判」などの名画を描き、その象徴的な作風は長年にわたって注目を集めてきました。

ルーベンスもカール5世やメルカトルと同じ、現在はベルギーとなっているフランドル出身の人物で、様々なジャンルの画家として活躍。

また7ヶ国語が話せたことで外交官としても活動していた実績を持ち、スペイン王とイングランド王からナイトの爵位を受けています。

世界中で愛されているピーテル・パウル・ルーベンスのルーツはアントワープにあり、現在、彼の住居兼アトリエだった場所は公開されています。

ベルギーの有名人4:アドルフ・サックス

アドルフ・サックス(1814〜1894年)は、ベルギー出身の歴史的な楽器製作者。

音楽に革命をもたらしたサクソフォーンを考案したことで有名です。

1814年にベルギーのディナンで生まれたアドルフ・サックスは、サクソフォーンを完成させるまでに多くの試作品を作り、楽器職人としての腕を磨きました。

当初、サクソフォーンはクラシック音楽に使われていましたが、19世紀後半になるとジャズの時代を切り開いた楽器として国際的に認められ、その後、他の音楽ジャンルでも使われるようになり、現在の地位を確立していくこととなったのです。

このような功績から、かつてのベルギーの200フラン紙幣に肖像が使われていました。

ベルギーの有名人5:モーリス・メーテルリンク

劇作家、エッセイスト、小説家として知られるモーリス・メーテルリンク(1862〜1949年)は、文学と演劇の分野で幅広く活躍したベルギー出身の歴史的有名人。

また、1911年にはノーベル文学賞を受賞した初のベルギー人となり、2020年現在、メーテルリンクは、この賞を受賞した唯一のベルギー人となっています。

ベルギーの有名人6:ヴィクトール・オルタ

ヴィクトール・オルタ(1861〜1947年)は、西洋建築のアール・ヌーヴォー運動に大きく貢献した有名なベルギー出身の建築家です。

オルタの建築のヴィジョンは、現存する都市邸宅や有名な建物、そして19世紀にしては素晴らしい技術を取り入れた美しいデザインを通じて表現されています。

またオルタは、アメリカでアール・ヌーヴォーの研究と教育にも力を注ぎました。

現在、ブリュッセルにあるヴィクトール・オルタの作品の一部は「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」としてユネスコ世界遺産に登録されています。

さらに、かつて発行されていたベルギーの2000フラン紙幣には、オルタの肖像が描かれていました。

ベルギーの有名人7:ジョルジュ・ルメートル

ベルギーのシャルルロアで生まれたジョルジュ・ルメートル(1894〜1966年)は、カトリック司祭、そして物理学者であり、アルベルト・アインシュタインの相対性理論に反論し、現在ではビッグバン理論として知られている説の元となるアイデアを発表したことで知られます。

司祭として宗教的な生活を送ることと、学者として物理学を追求していくことは、矛盾しているように思えるかもしれません。

しかし、ジョルジュ・ルメートルは2つの分野に自然なつながりを見つけ、20世紀初頭の現代宇宙論に革命を起こした一流の科学者となったのです。

ベルギーの有名人8:ジャンゴ・ラインハルト

ジャズにおける先駆者的な人物であるジャンゴ・ラインハルト(愛称:ジャンゴ, 1910〜1953年)は、ギターの名手として有名。

ヨーロッパで歴史上最も重要なジャズミュージシャンの1人であったラインハルトは、2本の指でギターを弾き、ロマ人の文化を彷彿とさせる演奏で称賛を得ました。

実際、ロマ音楽とスウィングジャズを融合させたジプシー・スウィングの創始者とされています。

ジャンゴ・ラインハルトの新しいギターの演奏技術は、ジャズ音楽の作曲に重大な影響を与えました。

ベルギーの有名人9:ルネ・マグリット

おそらく歴史上で最も有名なベルギー出身の画家の1人である、シュルレアリスト(戦間期にフランスで起こった作家アンドレ・ブルトンを中心とする文学・芸術運動)のルネ・マグリット(1898〜1967年)は、その幻想的な作品で世界を席巻しました。

「人の子」や「イメージの裏切り」といった作品は、有名で象徴的ですが、ルネ・マグリットの優れた点はそれだけではありあません。

ルネ・マグリットのすべての作品には絵の題材や細部はもちろん、そのタイトルにさえも目的が込められているのです。

現在、ブリュッセルのマグリット美術館には彼の膨大なコレクションが展示されており、ベルギーのジェッテでは、マグリットが暮らしていた家が公開されています。

ベルギーの有名人10:エルジェ

影響力の強い漫画界の巨匠であるエルジェ(本名:ジョルジュ・プロスペル・レミ, 1907〜1983年)は、漫画「タンタンの冒険」の作者。

「タンタンの冒険」は称賛され、エルジェは世界的に有名な漫画家になりました。

他にも「クックとプッケ」などの有名作品を残しています。

現在、ベルギーのエテルベーク出身のエルジェの作品は、ブリュッセルのベルギー漫画センターやベルギーのルーヴァン=ラ=ヌーヴのエルジェ美術館、他にも壁画、銅像、漫画の名作集などで見ることができます。

ベルギーの有名人11:オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーンは、「ティファニーで朝食を」や「マイ・フェア・レディ」などの作品に出演した有名な女優であり、歴史的なハリウッド女優として現在でも多くの人が記憶しています。

そんな彼女はアメリカで活躍したものの、実は生まれはベルギーのイクセルです。

オードリー・ヘプバーンは生涯において、エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞のすべてを受賞する「EGOT」を達成した数少ない人物の1人であり、また、晩年にはユニセフの親善大使として慈善事業にも力を注ぎました。

ベルギーの有名人12:ダイアン・フォン・ファステンバーグ

ダイアン・フォン・ファステンバーグ(1946年〜)は、ベルギー出身の有名なファッションデザイナーであり、自身の名前を冠したブランド「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」で有名。

ブリュッセルにルーツを持ち、サンプルデザインの制作からキャリアをスタートさせ、1970年代にはニューヨークに移住し、ニューヨークでダイアン・フォン・ファステンバーグの代名詞とも言えるラップドレスを生み出しました。

そして、ラップドレスはアメリカ人女性の装いを現代的に変化させ、ダイアン・フォン・ファステンバーグをスターの座へと押し上げていったのです。

ベルギーの有名人13:シャルル・ミシェル

現代の国際政治の舞台で有名なベルギー人として、真っ先にシャルル・ミシェル(1975年〜)の名前を挙げることが出来ます。

2014年から2019年まではベルギーの首相を務め、そして2019年からは欧州理事会議長(EU大統領)として、欧州連合(EU)の政治的指針を示しながら様々な国際的な場でリーダーシップを発揮してきました。

過去、ベルギーの首相を務めていた際には日本へ訪問し、天皇皇后陛下や安倍晋三首相とも懇談や会談を行っています。

ベルギーの有名人14:マティウス・スーナールツ

ベルギー最大の都市とされるアントウェルペン出身のマティウス・スーナールツ(1977年〜)は、俳優として活躍する有名なベルギー人。

1992年に公開され、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされた「神父ダーンス」というベルギー映画でデビューし、一躍有名になりました。

その後も数々の映画に出演し、映画賞も受賞するなど、実力派俳優として国際的に認められています。

ベルギーの有名人15:ストロマエ

ブリュッセル生まれのストロマエ(1985年〜)は、ベルギーのブリュッセル出身のヒップホップ・電子音楽のミュージシャンであり、シンガーソングライター。

キャッチーなビートと深く叙情的な散文で、ベルギーを一躍有名にした人物です。

フランスの音楽業界でも成功を収めており、海外公演ではチケットが完売するなど、その人気は高く、また、「ベルジテュード(ベルギーらしさ)」を世界に向けて発信しているミュージシャンの代表格としても知られます。

ちなみに、ストロマエという芸名はマエストロの文字の順序を並べ替えて考案されたそうです。

合わせて読みたい世界雑学記事

ベルギーの有名人15選!歴史的な王や作家から音楽家までのまとめ

ベルギー出身の有名人を、歴史的な人物から現代に生きる人物まで合わせて15名紹介してきました。

ベルギーは他の西ヨーロッパ諸国に比べて見落とされがちですが、実はとても影響力のある人々を歴史の中で輩出してきた国です。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!