アメリカのユダヤ人で有名人で富豪な人物をピックアップ!

世界の人々
スポンサーリンク

アメリカには世界的な有名人や富豪がたくさんいますが、なかでも特に目を引くのがユダヤ人の存在。

世界的に見て超有名だったり、富豪として知られるアメリカ出身の人達には、なぜかユダヤ人が比較的多く含まれます。

さらに、この有名で富豪なアメリカ系ユダヤ人達は、世界的にも大きな影響力を持っていたりします。

そこで、アメリカ系ユダヤ人の中でも世界の雑学知識として知っておきたい13人をピックアップしてみたので、気になったら確認してみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカのユダヤ人1:アラン・グリーンスパン

世界最大の経済規模を誇り、基軸通貨としてのドルを抱えるアメリカ経済の監視役として、最も重要な組織の一つとも言える連邦準備制度理事会(FRB)議長を、1987年から2006年までの長期間勤めたアラン・グリーンスパンは、アメリカ国籍のユダヤ人の一人。

当時のアメリカでは最も有名なユダヤ人の一人であり、国内ならびに国際経済に与える影響力は並々ならぬものを持っていました。

ちなみに、世界的に有名な音楽大学のジュリアード音楽院で1年間ほど勉強していた経歴も持ち、サクソフォーン奏者としては優れた才能を示していたそうです。

アメリカのユダヤ人2:ルース・ベーダー・ギンズバーグ

ルース・ギンズバーグは、最高裁判事として国の最終判断をする責任ある立場にいる女性。

ブッシュ氏とゴア氏による大統領選挙では、次の選挙までの4年間の国の課題を形作る大きな役割を果たし、また、ドラルド・トランプが共和党推定候補者になった時も批判をして有名になっています。

日々、重要な判決を下す最高裁判所において、アメリカトップの意思決定者からなるエリートグループに属する立場にあるため、アメリカ系ユダヤの有名人としてだけでなく、大きな影響力も持つ人物であるといってよいでしょう。

また、ルース・ギンズバーグが有名人である一つの理由が、オコナー判事についで二人目の女性判事として選ばれたという点であり、女性の社会的進出の面でも良きモデルになっています。

アメリカのユダヤ人3:レス・ウェックスナー

(出典:youtube

レス・ウェックスナーは、アメリカ生まれのユダヤ人で、エル・ブランズ(L Brands)の創業者として有名。

エル・ブランズの社名は知らない人が多いかもしれませんが、同社が抱えるブランドの一つ「ビクトリアズ・シークレット(米国発のファッションブランドで、世界のトップモデルを起用することで有名)」は耳にしたことがあるかもしれません。

その創業者でオーナーであるレス・ウェックスナーは、およそ55億ドルの資産を抱える富豪の一人です。

アメリカのユダヤ人4:スティーブン・スピルバーグ

世界的に最も有名なユダヤ人の一人と言え、有名人としてだけでなく富豪としても知られるのが映画監督のスティーブン・スピルバーグ。

インディジョーンズ、ジュラシックパーク、キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンなど、誰もが知る作品を多く世の中に生み出し、また、アカデミー賞を何度も受賞したりと、映画界における巨匠的存在です。

また、1993年の大作映画「シンドラーリスト」の興行収入によって設立されたRighteous Persons財団を通して、ユダヤ人の教育や人種間の理解を高めるための活動も積極的に取り組むなど、ユダヤ人はもちろん、世界中の人たちへ良い意味で大きな影響を与え続けています。

アメリカのユダヤ人5:スティーブ・バルマー

(出典:youtube

スティーブ・バルマーは、ドイツ系ユダヤ人の血を引く人物でマイクロソフトの元最高責任者を勤めたこともある有名人。

技術には抜群のセンスを持つ一方、事業や経営に関しては少し疎かったビルゲイツに対して、様々なアドバイスを与えてマイクロソフトを大企業までに導いた立役者です。

現在ではマイクロソフトから離れているものの、同社の株を多く保有していたり、またTwitterの株を4%保有しているなど、富豪としても知られ、その資産額はおよそ400億ドルとも言われています。

アメリカのユダヤ人6:マイケル・ブルームバーグ

経済と金融情報を主に発信する「ブルームバーグ(Bloomberg)」というメディアを耳にしたことがあるかもしれませんが、その創業者であるマイケル・ブルームバーグの両親はポーランドからアメリカへ移住してきたユダヤ人。

そのため、ブルームバーグ本人もユダヤ人として知られています。

自らの名前を冠したメディアでメディア王の地位を築いたブルームバーグは、純資産が中央アメリカの小さな国の国民総生産(GNP)と並ぶほどだと言われる富豪です。

また、2002年にはニューヨーク市長に就任した実績などもあり、誰もが知るアメリカ系ユダヤ人の有名人です。

アメリカのユダヤ人7:メル・ブルックス

メル・ブルックスは、ポーランド系とウクライナ系ユダヤ人の両親の間に生まれた人物で、映画監督、俳優、プロデューサーとして知られ、特にアメリカにおけるコメディ映画の巨匠として有名人です。

また、映画監督デュー作として作った「プロデューサーズ」をミュージカル用に仕立てた作品は、記録的な12部門でのトニー賞受賞を果たし、当時はチケットもキャンセル待ちで、いつ入手できるか予測ができない状況となるほどでした。

ユダヤ人として過去の歴史を忘れないためにも、ナチスやヒトラーを取り上げた作品を作ることが多いのが特徴です。

アメリカのユダヤ人8:ジョン・スチュワート

アメリカで有名なコメディアンであるジョン・スチュワートもユダヤ人。

ユーモアに加えて政治に対する高い意識や博学によって、アメリカにおいては広い層から人気があり、第78回と80回のアカデミー賞においては司会をつとめたこともあります。

キリスト教の人々に「君たち」と語りかけ、ユダヤ人の視点から社会風刺の立場をとるなど、彼なりのユニークな方法で、社会の波に負けずユダヤ人のプライドを示しています。

アメリカのユダヤ人9:アーロン・ソーキン

エミー賞を受賞したテレビ番組、「ウェストウィング」の脚本家であり、アメリカ国民の精神に新たな理想を生み出したのが、劇作家や脚本家、他にもテレビプロデューサーや映画監督として活躍するアーロン・ソーキン。

彼もまたアメリカで有名なユダヤ人の一人です。

近年はその活躍が一層目立ってきており、2011年の第83回アカデミー賞では脚本賞を受賞し、2015年の第73回ゴールデングローブ賞での脚本賞、さらに、2017年には「モリーズ・ゲーム」を映画監督として製作、第90回のアカデミー賞にノミネートされたりしています。

アメリカのユダヤ人10:カルバン・クライン

カルバン・クライン(Calvin Klein)と言えば、多くのファンを抱えるファッションブランドとして有名ですが、その名前は、創業者でありデザイナーのカルバン・クラインから来ています。

このカルバン・クラインも、アメリカ育ちのユダヤ人。

世界的な有名人であり富豪で、その資産は7億ドルに達すると言われています。

また、ビジネス界のみならず、ファッション業界に多大な影響を与えるユダヤ人としては比較的珍しい人物だと思います。

アメリカのユダヤ人11:マイケル・オーヴィッツ

(出典:TheRichest

マイケル・オーヴィッツは、ハリウッドに多くの人材を送り込むタレントエージェンシー「クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー」の創業者で、一時は世界で最も有力なタレントエージェントといわれていた人物。

東欧系ユダヤ人家庭に生まれたユダヤ人です。

その資産はおよそ4億ドルに上り、富豪としても有名です。

アメリカのユダヤ人12:マイケル・ソール・デル

(出典:wikipedia:マイケル・デル

マイケル・デルは、PCの有名ブランドであるDellの創業者であり、現在も会長兼最高経営責任者として活躍する人物。

父は歯科矯正医で母は株式仲買人であったため、裕福な家庭で育ったアメリカ育ちのユダヤ人です。

12歳の頃にはすでに商売を始めて2000ドルを稼いだり、16歳のころには18000ドルを稼いだりと、若くして商才を発揮、大学時代には今のDellの前進となる会社を起業して中退し、現在までの地位に上り詰めています。

Dellのブランドによって、広く世界に知れ渡るユダヤ系有名人であり富豪の一人です。

アメリカのユダヤ人13:ラリー・ペイジ

ラリー・ペイジは、インターネットを席巻するGoogleの創業者の一人で、現在はGoogleの持ち株会社であるアルファベット社のCEOを務める人物。ユダヤ人の母を持ちます。

その資産はおよそ500億ドルにも上り、Googleによって世界中にその名前が知れ渡っているため、世界的な有名人であり富豪です。

アメリカのユダヤ人で有名人で富豪な人物をピックアップ!のまとめ

有名人であり富豪でもあるアメリカのユダヤ人たちを紹介してきました。

探せばまだまだたくさんいますよ!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント