フラミンゴの寿命はどれくらい?【各種類の平均寿命一覧】

スポンサーリンク

長い脚と長い首、個体によっては美しい赤色またはピンク色の体色を持つフラミンゴは、大型の水鳥で、その美しさからよく知られた鳥です。

そして、実は地球上に現存する動物の中でも比較的長く生きる動物であり、3属6種類のフラミンゴが存在します。

フラミンゴの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フラミンゴの寿命はどれくらい?

野生下の寿命20〜40年
飼育下の寿命40〜60年以上

6種類のフラミンゴ全てを一緒くたにして記載する場合、フラミンゴの寿命は野生下で20年から40年、飼育下で40年から60年以上と記すことが出来ます。

しかし、種類によってその寿命は微妙に異なってくるため、以下には各種類ごとの寿命を、野生下と飼育下でまとめて一覧にし、掲載しておきます。

フラミンゴ各種類の寿命一覧

種類名野生下での寿命飼育下での寿命
オオフラミンゴ30〜40年60年以上
ベニイロフラミンゴ30〜40年60年以上
チリーフラミンゴ30年前後55年前後
コフラミンゴ32年前後44年前後
アンデスフラミンゴ20〜30年40〜60年
コバシフラミンゴ20〜30年不明

ちなみに、2014年にオーストラリアはアデレードのアデレード動物園で亡くなったオオフラミンゴの「グレーター」という個体は83歳まで生きました。

そして、当時は世界最高齢のフラミンゴとして知られていました。

合わせて読みたい世界雑学記事

コウテイペンギンの寿命はどれくらい?【エンペラーペンギン】
現存するペンギンの中では最大の大きさを誇るコウテイペンギンまたはエンペラーペンギンは、南極圏に生息しており、日本国内では一部の動物園で飼育されています。 コウテイペンギンの寿命を解説します。 コウテイペンギンの寿命はどれくら...
error:Content is protected !!