オオカワウソの大きさ(体長&体重)【2mを超えるものも存在する】

スポンサーリンク

オオカワウソは南米を原産とするカワウソの仲間で、その名前が示す通り非常に大きな体を持つ動物。

カワウソと言うと一見、可愛らしい姿を想像しますが、このオオカワウソはその巨大さと肉食性から、場面によっては恐ろしい姿に映ることもあるほどです。

オオカワウソの大きさを解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オオカワウソの大きさはどれくらい?

オスメス
全長150〜170cm110〜150cm
体長(頭胴長)85〜140cm
尾長33〜100cm
体重26〜33kg22〜26kg

オオカワウソは、オスがメスよりも大きくなる傾向にあります。

それぞれの大きさは、全長でオスは150cmから170cm、メスは110cmから150cm、体重でオスは26kgから33kg、そしてメスは22kgから26kgの範囲に通常は収まります。

また、オオカワウソは個体によって非常に長くて筋肉質な尻尾を持つことで知られ、その尻尾の長さは33cmから長いものでは100cm近くに及びます。

そしてこの結果、尾長を差し引いた体長(尻尾を除いた長さ)では85cmから140cmの間となります。

一方で、オオカワウソの中には非常に巨大な個体も存在し、中には全長が200cmを超えるものもいます。

オオカワウソの大きさを他の犬と比較すると?

大型のオオカワウソは日本人の身長と変わらない

上に数値で挙げた通り、オオカワウソは大型のオスだと170cm近くの全長に達するわけですが、このサイズ感を一言で表すとすれば、日本人の平均男性の身長とほぼ一緒と表現することが出来るでしょう。

というのも、日本人男性の平均身長はおよそ171cmだからです。

オオカワウソの体重は小学生2〜5年生ぐらいと同じ

また、オオカワウソの体重は日本人小学生の2年生から5年生ぐらいと大体同じです。

日本人の小学生2年生の平均的な体重はおよそ24kgで、5年生はおよそ34kgだからです。

オオカワウソの大きさについて参考になる動画

次の動画はオオカワウソの生態に関する動画です。

映像の中では周囲の植物なども写っており、オオカワウソのおおまかな大きさを理解する上で役立つと思います。

The Giant River Otter of South America

合わせて読みたい世界雑学記事

アマゾンの熱帯雨林や川に生息する危険生物・動物14選!
アマゾンの熱帯雨林や川に生息する危険生物を14種類確認していきましょう。どんな動物達が危険なのか?気になったら要チェックです。 南米大陸にあるアマゾン熱帯雨林は、ブラジル、ペルー、コロンビア、ベネズエラ、エクアドル、ボリビア、...
コツメカワウソの寿命はどれくらい?【飼育下ではそれなりに長生き】
コツメカワウソはカワウソの仲間としては最も小型種で、本来はペットに適していないものの、その小型で愛らしい姿から、入手方法が非常に限られているにも関わらず、最近ではペットとしての需要が増えています。 そのコツメカワウソの寿命を解...
error:Content is protected !!