トノサマガエルの寿命はどれくらい【野生と飼育下ではかなり違う】

スポンサーリンク

日本全国に広く分布することもあり、国内でトノサマガエルはとてもよく知られたカエルの一種です。

トノサマガエルの寿命を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トノサマガエルの寿命はどれくらい?

野生下での寿命3〜5年
飼育下での寿命5〜10年

トノサマガエルの寿命は野生下で3年から5年、飼育下では4年から長ければ10年近くまで生きるとされます。

この二つの環境下での寿命の違いは、トノサマガエルが野生下では「被食者」であるという点が大きく影響しています。

つまり、自然の中で生きるトノサマガエルはヘビや鳥などの外敵によって食べられてしまうことが多く、これが、野生下におけるトノサマガエルの寿命を短くしている大きな要因なのです。

合わせて読みたい世界雑学記事

トノサマガエルの大きさ(体長と体重)【ウシガエルとの比較も】
トノサマガエルは日本国内に広く分布する比較的大きなカエル。 時期によっては池や田んぼでその姿が確認出来、俊敏な動作でも知られます。 トノサマガエルの大きさ(体長と体重)を解説します。 トノサマガエルの大きさはどれくらい...
ウシガエルの寿命【野生下では10年、飼育下では16年生きたことも】
元々は食用にアメリカから持ち込まれた外来種であるものの、その後、日本の自然環境にも適応したウシガエルは、日本の自然界で確認出来るカエルとしては最大級のカエルです。 このウシガエルの寿命を解説します。 ウシガエルの寿命はどれく...
error:Content is protected !!