トノサマガエルの大きさ(体長と体重)【ウシガエルとの比較も】

スポンサーリンク

トノサマガエルは日本国内に広く分布する比較的大きなカエル。

時期によっては池や田んぼでその姿が確認出来、俊敏な動作でも知られます。

トノサマガエルの大きさ(体長と体重)を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トノサマガエルの大きさはどれくらい?

体長3.8〜9.4cm
体重15〜40g

トノサマガエルの大きさは、体長(鼻の先から肛門部分まで)で3.8〜9.4cm、体重で15〜40gの範囲に収まります。

ただし、オスとメスを比べるとメスの方が大きくなる傾向にあり、トノサマガエルのオスの体長は3.8〜8.1cm、メスの体長は6.3〜9.4cmとなります。

また、オスとメスの体長の平均値はそれぞれ6.2cmと7.4cmです。

トノサマガエルの大きさを他と比較すると?

アマガエルと比べると圧倒的に大きい

日本では全国的に広く分布し、おそらく最も一般的に確認されるアマガエルと比べると、トノサマガエルは圧倒的に大きいことが分かります。

というのも、アマガエルの体長は2〜4.5cm程度で、体重は2.5〜8g程度に収まるからです。

ニホンアマガエルの大きさ(体重と体長)【かわいい小型ガエル】
アマガエルとはアマガエル科アマガエル属に分類されるカエルで、そこには全世界に広がる650種類ものカエルが含まれますが、日本でアマガエルと言った場合、そのほとんどは「ニホンアマガエル」を指すでしょう。 ニホンアマガエルは日本全国...

ウシガエルと比べると体長は2倍程度だが体重は10倍以上の差になる

国内に生息する最大級のカエルとして外来種のウシガエルは有名ですが、比較的大型のトノサマガエルでも、このウシガエルには大きさの面で圧倒的な差を付けられています。

まず、ウシガエルの体長は9〜18cm近くに及び、これはトノサマガエルの倍程度です。

一方で、ウシガエルの体重は500〜600g、巨大な個体であれば800gにも及び、なんとトノサマガエルとは10倍以上の差となっているのです。

トノサマガエルの大きさについて参考になる動画

以下の動画ではトノサマガエルを捕獲する様子が映されています。

複数のトノサマガエルを比較出来るので、その大きさを知る上でも役立ちます。

日本のカエルを捕獲。色や模様が綺麗なトノサマガエル。

合わせて読みたい世界雑学記事

ウシガエルの大きさ【最大で20cmにもなる国内最大級の蛙】
ウシガエルは、「ブオー」という鳴き声が牛に似ていることからその名前が付けられた、外来種のカエル。 20世紀初頭に食用にアメリカから国内へ導入された結果、日本の様々な地域でその姿が確認されるに至りました。 国内の自然環境で...
error:Content is protected !!