マフィア・ギャングの有名集団一覧|世界に名前を轟かすグループ24選

マフィアまたはギャング集団として有名な24のグループを、一覧にして紹介してきます。世界的に有名な犯罪集団の名前を確認してみましょう。

スポンサーリンク

ギャングまたはマフィアと呼ばれる集団は、暴力や不正なビジネスに手を染めるなど、犯罪集団として知られるグループであり、世界中に存在します。

では、そのようなギャングまたはマフィアの中でも、名前が知られる有名な集団にはどのようなグループが含まれるのでしょうか?

この記事では、世界的にも名前が知られるグループを24集団ピックアップして、それぞれ簡単に紹介していきたいと思います。

ちなみに、正確にはマフィア」はイタリアのシチリア島を起源とする暴力的な犯罪組織集団であるのに対して、ギャング」とはそれ以外の地域で発生した暴力的な犯罪組織集団を指しますが、この記事内では特に厳密な区別はせずに使っていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. 世界のマフィア・ギャング集団1:ロス・セタス
  2. 世界のマフィア・ギャング集団2:サイモン・シティ・ロイヤルズ
  3. 世界のマフィア・ギャング集団3:クリップス
  4. 世界のマフィア・ギャング集団4:ブラッズ
  5. 世界のマフィア・ギャング集団5:マラ・サルバトルチャ
  6. 世界のマフィア・ギャング集団6:エイティーンス・ストリート・ギャング
  7. 世界のマフィア・ギャング集団7:バドゥー・ギャング
  8. 世界のマフィア・ギャング集団8:エリア・ボーイズ(アグベロス)
  9. 世界のマフィア・ギャング集団9:ジャマイカン・ポッセ
  10. 世界のマフィア・ギャング集団10:プリメイロ・コマンド・ダ・カピタル
  11. 世界のマフィア・ギャング集団11:アーリアン・ブラザーフッド
  12. 世界のマフィア・ギャング集団12:ブラック・ゲリラ・ファミリー
  13. 世界のマフィア・ギャング集団13:ラテンキングス
  14. 世界のマフィア・ギャング集団14:コーサ・ノストラ
  15. 世界のマフィア・ギャング集団15:華青
  16. 世界のマフィア・ギャング集団16:ブラック・P・ストーンズ
  17. 世界のマフィア・ギャング集団17:ヘルズ・エンジェルス
  18. 世界のマフィア・ギャング集団18:モンゴルズ・モーターサイクル・クラブ
  19. 世界のマフィア・ギャング集団19:メキシカン・マフィア(ラ・エメ)
  20. 世界のマフィア・ギャング集団20:ラ・ヌエストラ・ファミリア
  21. 世界のマフィア・ギャング集団21:テキサス・シンジケート
  22. 世界のマフィア・ギャング集団22:ヤクザ
  23. 世界のマフィア・ギャング集団23:三合会
  24. 世界のマフィア・ギャング集団24:ソルンツェフスカヤ・ブラトワ
  25. 合わせて読みたい世界雑学記事
  26. マフィア・ギャングの有名集団一覧|世界に名前を轟かすグループ24選のまとめ

世界のマフィア・ギャング集団1:ロス・セタス

(出典:wikipedia

世界で最も力があるドラッグ・カルテルとさえ言われるロス・セタス(Los Zetas)は、アメリカ政府によって「メキシコで最も危険な麻薬カルテル」に指定されている、メキシコに拠点を置く犯罪組織。

1999年に設立されて以来、麻薬の取引だけでなく、非常に多くの殺人や破壊を行ってきたことで知られています。

特に、対空ミサイルや攻撃ヘリコプターなど、ただの犯罪組織とは思えないほどの戦闘能力を持つのが大きな特徴で、その影響力はメキシコ外にも及んでおり、近隣諸国の政府を悩ませています。

世界のマフィア・ギャング集団2:サイモン・シティ・ロイヤルズ

Almighty Simon City Royals

1952年にシカゴで労働者階級の白人ギャング集団として結成され、次第に同地域で最も暴力的なストリートギャングに変わっていったのが、サイモン・シティ・ロイヤルズ(Simon City Royals)。

1970年代からは、ヒスパニック、黒人、女性のメンバーを受け入れ、ギャングやマフィア集団としての存在感をさらに増しました。

その長い歴史の中で良く組織化され、麻薬の密売など不正なビジネスを積極的に展開。

現在では、ミシシッピ州最大のストリートギャングかつ犯罪集団とされ、全米で活動しています。

世界のマフィア・ギャング集団3:クリップス

(出典:wikipedia

1969に黒人系アメリカ人を中心に地元のギャング集団として生まれ、今では世界最大の犯罪集団の一つにまで成長しているのがクリップス(Crips)。

コカインやマリファナの取引を行い、他にも殺人や強盗などの凶悪犯罪を行うことで恐れられています。

ちなみに、ブラッズなどの数多くのヒスパニック系のストリートギャングとライバル関係にあるクリップスは、帽子やバンダナ、その他の服装に青色を用いることで差別化を図っていましたが、最近は取り締まりの強化によって目立ちにくい紺色の服装が主流になっています。

世界のマフィア・ギャング集団4:ブラッズ

(出典:wikipedia

赤い服装とクリップスとのライバル関係で知られるブラッズ(Bloods)は、元々クリップスの一派でした。

1972年にブラッズを立ち上げてクリップスから分離して以降、クリップスの勢力3~4万に対して、ブラッズは9000前後と、数の上ではライバルに敵わないため、極端な暴力行為に出ることがしばしばあります。

世界のマフィア・ギャング集団5:マラ・サルバトルチャ

中央アメリカからアメリカ合衆国までに存在する大規模ギャングであるマラ・サルバトルチャ(Mara Salvatrucha)は、MS-13などとも呼ばれる集団。

世界で最も暴力的なギャングと言われることさえあり、MS-13に比べると他のギャング集団のほとんどが、マリファナを売りさばく高校生に見えてしまうほどです。

1980年代にエルサルバドルの内戦から逃れてきた人々が、カリフォルニア州でゆるやかな組織を結成。

それ以来、集団は拡大し続け、北アメリカと中央アメリカでの活動を通じて構成員を増やしています。

また南アメリカにもその勢力が広がっており、現地でこの集団は、女性や子供にまで残虐な行為を行う危険なギャングとして知られています。

世界のマフィア・ギャング集団6:エイティーンス・ストリート・ギャング

(出典:wikipedia

ロサンゼルスでは、平均して毎日誰かがエイティーンス・ストリート・ギャング(18th Street Gang)のメンバーに襲われていると言われるほど、このギャング集団の勢力は無視できません。

近年はブラッズやクリップス、そしてマラ・サルバトルチャとライバル関係にありますが、3万〜5万人もの構成員を抱えるこの集団による殺人の数は、ライバル集団の三倍にも上ると言われます。

世界のマフィア・ギャング集団7:バドゥー・ギャング

Inside Nigeria's Deadly Badoo Cult!

アフリカ最大の人口を誇る国ナイジェリアの首都ラゴスは、テロ組織「ボコ・ハラム」や他の反政府組織によって治安の悪化が問題視されています。

そんなラゴスで比較的新しく組織され、急速に勢力を伸ばしているのがバドゥー・ギャング(Badoo Gang)やバドゥー・カルト(Badoo Cult)などと呼ばれるギャング集団。

暴力と儀式を中心にしたギャングで、極めて暴力的な行動に出ることで恐れられ、銃や刃物を使う代わりに、レンガやモルタルの塊で相手の頭蓋骨を叩き割ることもあるんだとか。

世界のマフィア・ギャング集団8:エリア・ボーイズ(アグベロス)

How to be an AREA BOY in Nigeria

エリア・ボーイズ(Area Boys)はアグベロス(Agberos)とも呼ばれるギャング集団で、ナイジェリアのラゴスの若者たちのゆるやかな組織。

その起源は1920年代にまで遡って確認することが出来ると言われ、恐喝や麻薬がらみの暴力で知られてきました。

このリストに載っている他のギャング集団ほど残酷なことをしたり組織化されているわけではありませんが、たまたま居合わせた人を理由もなく襲うことで恐れられています。

メンバーは年齢を重ねると、この集団から離れてより組織立った犯罪集団に加わることでも有名です。

世界のマフィア・ギャング集団9:ジャマイカン・ポッセ

Jamaican Posse Official Trailer

その非人道的かつ残忍な行動で知られるジャマイカン・ポッセ(Jamaican Posse)は、ジャマイカ人達によって構成されているものの、現在はロンドンやニューヨーク、そしてトロントなどを主な拠点として活動するギャング集団。

高性能の自動小銃を使うことで知られ、政府との独自の結びつきを持ち、アイロン、包丁、さらには掃除機を使った儀式的な殺人を犯すことで恐れられています。

世界のマフィア・ギャング集団10:プリメイロ・コマンド・ダ・カピタル

ブラジルのサンパウロ刑務所と無数のフェベーラ(スラム街)で展開し、誘拐や恐喝などを通して相手に恐怖心を抱かせることで知られているプリメイロ・コマンド・ダ・カピタル(Primeiro Comando da Capital:PCC)は、ブラジルのサンパウロにて1993年に発足したギャング集団。

2006年5月に、サンパウロ市全域を一週間近くにわたって機能停止させ、警官を殺したり政府の建物に放火したりなど、その過激な行動はブラジル中で恐れられています。

また、現在ではその影響力がリオデジャネイロにまで及ぶようになり、同地域において麻薬の密売を展開するなど、勢力が衰える気配は今のところありません。

世界のマフィア・ギャング集団11:アーリアン・ブラザーフッド

(出典:wikipedia

1964年から活動を始め、アメリカの刑務所内を拠点とするギャング集団「アーリアン・ブラザーフッド(The Aryan Brotherhood)」は、全米の刑務所内殺人事件のおよそ1/4を起こしていると言われるギャング集団。

ほぼ白人男性によって構成され、刑務所内のギャンブルや恐喝を仕切り、刑務所の外でも犯罪行為に及んでいます。

「血を流して入り、血を流して出る」という掟があり、この手段に加わるには、囚人仲間を殺すか襲うかしなければならないと言われます。

そして、この集団から抜けようとした場合、大抵は病院送りになるか、最悪の場合、殺されるかを覚悟しなくてはいけません。

世界のマフィア・ギャング集団12:ブラック・ゲリラ・ファミリー

(出典:wikipedia

強い政治的な目的を持つ刑務所内ギャング集団であるブラック・ゲリラ・ファミリー(Black Guerilla Family:BGF)が1966年の結成時に掲げた目標の一つが、アメリカ合衆国政府の転覆。

ジョージ・ジャクソンという黒人系アメリカ人が、カリフォルニアの刑務所に収監されていた際に読んだ共産主義思想に影響され、その思想を基にして人種差別の撤廃や共産主義思想の拡大などを目指して立ち上げられました。

数多くのギャング集団、特にラ・ヌエストラ・ファミリアと密に連携して活動することで知られ、また、組織は厳しく統率され、生涯にわたって忠誠を誓うことが求められます。

世界のマフィア・ギャング集団13:ラテンキングス

(出典:wikipedia

世界で最もよく組織されたラテン系犯罪集団とされるラテンキングス(Latin Kings)は、全米に2万人もの構成員を抱え、多大な影響力を持っているギャング集団。

男性とラテン・クイーンズと呼ばれる女性のメンバーを有するこの集団は、シカゴに拠点を置きながらも、ジャマイカを始めとした中南米や南米から武器や麻薬の密輸入・密売を行っているとされます。

元々は1940年にヒスパニック系コミュニティを支援するために結成され、その後メジャーな犯罪集団組織に成長していきました。

世界のマフィア・ギャング集団14:コーサ・ノストラ

現在でこそアメリカのマフィアとして有名ですが、元々はイタリアのシチリアに誕生した犯罪集団から派生したコーサ・ノストラ(La Cosa Nostra)は、秘密結社的な国際犯罪組織。

アメリカの勢力とシチリアの勢力を区別するために、アメリカ・コーサ・ノストラシチリア・コーサ・ノストラと言うこともあります。

アメリカでこの組織が勢力を伸ばしたのは、19世紀末にイタリアからアメリカへの移民が急増したのに伴って、ニューヨーク市のロウアー・イースト・サイドにイタリア移民が住みついたことが理由。

厳しい掟で知られ、メンバーが規則を破るとほぼ常に死をもって罰せられ、大抵はその人物に最も近い仲間によって行われると言われます。

世界のマフィア・ギャング集団15:華青

Wah Ching Gang 華青

「華青」は中国系アメリカ人達によって1960年代に組織され、現在はアメリカ西海岸のアジア人コミュニティを中心としながらも、オーストラリアのアジア人コミュニティにまでその触手を伸ばしている国際ギャング集団。

金儲けが上手である一方、必要とあれば極めて暴力的な手段を使うことで知られています。

1977年に縄張り争いで起こした「ゴールデンドラゴン大虐殺(Golden Dragon Massacre)」があまりにも凄惨だったため、サンフランシスコ警察内には当時、「アジアンギャング・タスクフォース」が作られたほどです。

世界のマフィア・ギャング集団16:ブラック・P・ストーンズ

Black P Stone Documentary [Stone to the Bone]

シカゴのストリートギャング集団の連合で、シカゴのサウスショア地区にいたギャング達をまとめるために1958年に結成されたのが、ブラック・P・ストーンズ(Black P. Stones)あるいはオールマイティー・ブラック・P・ストーン・ネーション(Almighty Black P. Stone Nation)と呼ばれるギャング集団。

時とともに、集団の中でアブドラ・マリク(改宗前の名前はジェフ・フォート)に率いられた急進的なイスラム派が生まれ、宗教的要素を多く含んでいるのが特徴。

構成員はおよそ8000人と見られ、殺人や麻薬取引を展開し、過去にはリビア政府のために米国内でテロ攻撃を行なった罪で起訴されたこともあります。

世界のマフィア・ギャング集団17:ヘルズ・エンジェルス

(出典:wikipedia

国外にも広がっているバイカーギャング(オートバイに乗ったギャング)であるヘルズ・エンジェルス(Hells Angels)は、1948年にカリフォルニア州のフォンタナで結成されたのが始まりで、現在は世界22ヵ国に活動範囲を広げています。

殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売によって収入を得ているとされ、一見すると他のギャング集団と同じようにも見えますが、実態はより複雑だと言われます。

というのも、ヘルズ・エンジェルスはただのオートバイ・クラブを公言していて、犯罪活動は各自が個人的に関わっているとしているからです。

世界のマフィア・ギャング集団18:モンゴルズ・モーターサイクル・クラブ

(出典:wikipedia

バイカーギャングとして知られるモンゴルズ・モーターサイクル・クラブ(Mongols Motorcycle Club)は、帰還兵を中心に1969年にカリフォルニア州で結成されたギャング集団。

今では世界中に活動範囲を広げ、ヘルズ・エンジェルスとの間で頻繁に起こる紛争のため、暴力集団としての悪名を轟かせています。

麻薬の密売や資金洗浄、強盗や殺人など、あらゆる犯罪行動に関与していると言われます。

世界のマフィア・ギャング集団19:メキシカン・マフィア(ラ・エメ)

Gangs Who Defied The Mexican Mafia

メキシカン・マフィア(Mexican Mafia)またはラ・エメ(La eMe)と呼ばれるこのギャング集団は、米国西海岸の刑務所内を起源に持つギャング集団で、メキシコ系アメリカ人達によって1957年に設立されました。

元々は、ヒスパニック系の囚人を守るために結成されたものの、現在は、カリフォルニア州の「ギャングの中のギャング」として知られ、麻薬取引に密接な関わりがあるだけでなく殺人、恐喝、誘拐も行います。

ちなみに、メンバーは胸に黒い手のひらの刺青、またはそれに準ずる刺青をしていることが多いので、簡単に見分けられるのが特徴です。

世界のマフィア・ギャング集団20:ラ・ヌエストラ・ファミリア

(出典:wikipedia

1960年代中期に、カルフォルニア州ソレダードの刑務所において設立されたと言われる「ラ・ヌエストラ・ファミリア(La Nuestra Familia)」は、メキシカン・マフィアの完全な支配の追求に対抗する形で生まれたギャング集団。

元々は、田舎から出てきた若いメキシコ系アメリカ人の囚人達が、自らの身を守るために結成されたと言われます。

また、この集団は極めて厳しい忠誠を求めることで知られ、主に刑務所内外で麻薬取引を行なっています。

世界のマフィア・ギャング集団21:テキサス・シンジケート

Texas Syndicate #6 Section

構成員の数は4000人弱と比較的小さな集団であるものの、テキサス・シンジケート(Texas Syndicate)を過小評価してはいけません。

テキサスの刑務所内を拠点とし、主に白人系アメリカ人によって構成されています。

厳しい行動規範があり、それを守らせるために暴力が使われ、また躊躇なく殺人を犯すことでも知られます。

世界のマフィア・ギャング集団22:ヤクザ

日本のマフィア集団ヤクザは、擬似的な家族や兄弟繋がりを基にした組織を形成し、暴力や不正とされる活動に従事している集団。

親分への忠誠は絶対で、また、兄弟の盃を交わした兄弟分とは固い絆で結ばれることで知られています。

その独特な組織文化によってこれまで多くの作品の題材ともなるなど、世界的にも有名なマフィアまたはギャング集団です。

一方で、ここ最近は警察の取り締まり強化によって、以前のようなシノギ(収入を得るための手段)が難しくなってきているなど、その様態が変わってきていると言われます。

世界のマフィア・ギャング集団23:三合会

三合会は巨大な中国系犯罪集団で、一つのギャング集団というよりは無数のギャングの連合体。

世界中に数十万から数百万人の構成員と準構成員が存在し、アジアだけでなく、ヨーロッパや北アメリカ、アフリカやオセアニア地域にまで進出する、超巨大国際犯罪ネットワークです。

密輸や殺人といった犯罪集団にとっては共通する行為以外にも、その巨大なネットワークを使って、政治的な圧力を行使出来る強みを持ちます。

下部組織にはそれぞれの習慣や掟があり、全体として明確な組織系統と厳しい暴力的な儀式が存在。

その構成員の多さ、組織化されたネットワーク、そして影響力の強さから、世界で最も恐れられている犯罪組織の一つです。

世界のマフィア・ギャング集団24:ソルンツェフスカヤ・ブラトワ

ロシアのマフィアであるソルンツェフスカヤ・ブラトワ(Solntsevskaya Bratva)は、現在存在するギャング集団の中では最高の収益を誇ると言われ、ただのギャング集団と言うよりは非常に良く組織された国際犯罪組織。

その活動範囲はロシアだけに留まらず、ヨーロッパからアメリカ、そしてアフリカからオセアニアや中東まで非常に広いのが特徴です。

組織された評議会の下に10の集団があるとされ、麻薬取引と資金洗浄に深く関わっています。

合わせて読みたい世界雑学記事

マフィア・ギャングの有名集団一覧|世界に名前を轟かすグループ24選のまとめ

世界中に存在するマフィアまたはギャンググループの中でも、比較的名前が知られている24の集団をピックアップして紹介してきました。

ちょっとした知識として頭に入れておくと良いかもしれません。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!