アメリカのギャング15選!長い歴史を持ったり現在勢力を伸ばす犯罪組織達

アメリカのギャングを15組織ピックアップしてそれぞれ簡単に紹介していきます。長い歴史を持つものから、最近勢力を拡大している比較的新しい犯罪組織までを見ていきましょう。

スポンサーリンク

アメリカは世界一の経済力と軍事力を誇る超大国として知られますが、この国は別なことでも世界最大規模だったりします。

その別なこととは「ギャング集団」。

アメリカには150万人前後と想定されるギャングメンバーがおり、アメリカで起こる凶悪犯罪のおよそ半分を担っているとされるのです。

さらに、中にはアメリカだけに留まらず、海外にも自らの触手を伸ばして国際レベルの犯罪組織になっているものも存在します。

この記事では、そんなアメリカンギャングの中から15の組織をピックアップし、一覧として紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アメリカのギャング1:フロレンシア13

florencia 13

アメリカのカリフォルニア州には、メキシコ系アメリカ人によるストリートギャングの連合体「スレーニョス」が存在しますが、このスレーニョスの中で急拡大していると言われるのがフロレンシア13。

同じカリフォルニア州にある最大規模のギャング集団「エイティーンス・ストリートギャング」のライバルで、南ロサンゼルス郊外に拠点を持ち、両者の抗争は時に、ロサンゼルスを危険地帯してしまうほどです。

また、バージニアやアイオワといった州にもメンバーがいて、その影響力は他州にもまたがります。

ちなみに、強盗から薬物の販売、殺人にいたるまで、様々な違法行為に関わってきましたが、過去には、アメリカの軍人から武器を購入していたメンバーが捕まったなど、その影響の範囲は計り知れません。

アメリカのギャング2:エイティーンス・ストリート・ギャング

(出典:wikipedia

南カリフォルニアで最もよく知られているスレーニョス・ギャングの1つであるエイティーンス・ストリート・ギャングは、ロサンゼルスで少なくとも1日に1件の強盗もしくは暴行事件を起こしていると言われる犯罪組織。

アメリカ国内で最も急速に拡大している犯罪組織の1つであり、その範囲はメリーランドからハワイまで32州にわたり、一説には全米最大とも言われます。

ゆるい繋がりではあるものの、そのメンバー数はロサンゼルスだけで2万人以上とも言われ、地元カリフォル二アでは誰もが恐るギャング集団となり、殺人、強奪、外国人の密入国、薬物の密輸、自動車の窃盗といった犯罪活動を行っています。

アメリカのギャング3:メキシカンマフィア

Gangs Who Defied The Mexican Mafia

メキシカンマフィアは、1957年にヒスパニック系のストリートギャング達によって結成されたメキシコ系アメリカ人を中心としたギャング集団で、元々はカリフォルニア州の刑務所内組織に起源を持ちます。

結成されてから着実に規模が成長し、アリゾナ、ニューメキシコ、そしてテキサスにまで手を広げてきました。

その活動は何百人もの現役の刑務所内の囚人達に共有されており、命令が下れば刑務所の看守や敵対するギャング達を殺すことも出来るとさえ言われます。

また、施設内では麻薬取引をしたり、様々な不正な金儲けを行っていることでも知られます。

さらに、その影響力は施設の外部にまで及び、過去には刑務所の中から発せられた命令によって、麻薬密売や殺人事件が起こり、構成員達が逮捕されたこともありました。

アメリカのギャング4:ロス・アステカ

The Barrio Azteca

元々はテキサスのエルパソ郊外を拠点としていたロス・アステカまたはバリオ・アステカは、メキシコ国境の両側で強力な準軍事部隊となっているギャング集団。

今ではギャングのメンバーの多くがテキサスの刑務所にいますが、刑務所の中でさえヘロインの製造を行っていると言われます。

また、メキシコの主要な複数の麻薬密輸組織と結びつき、薬物の密輸入の運営を柱に、他の犯罪行為にも手を染めています。

その特徴は、組織として軍隊に似た体系を取っていることで、これによって統制が保たれているようです。

アメリカのギャング5:ブラック・P・ストーンズ

Black P Stone Documentary [Stone to the Bone]

シカゴのストリートギャング集団の連合で、シカゴのサウスショア地区にいたギャング達をまとめるために1958年に結成されたのが、ブラック・P・ストーンズ(Black P. Stones)あるいはオールマイティー・ブラック・P・ストーン・ネーション(Almighty Black P. Stone Nation)と呼ばれるギャング集団。

時とともに、集団の中でアブドラ・マリク(改宗前の名前はジェフ・フォート)に率いられた急進的なイスラム派が生まれ、宗教的要素を多く含んでいるのが特徴。

構成員はおよそ8000人と見られ、殺人や麻薬取引を展開し、過去にはリビア政府のために米国内でテロ攻撃を行なった罪で起訴されたこともあります。

アメリカのギャング6:ジャガロ

(出典:wikipedia

過激な音楽活動を行い、ジャンル的にはホラーコアやラップに分類される楽曲を提供し続けるグループ「インセイン・クラウン・ポッシー(ICP)」には熱烈なファンが存在します。

ICPのファン達は「ジャガロ」と呼ばれ、最初はただ気が狂って顔にペイントをしていただけであったものの、時間が経つのに合わせて、緩い組織構造と不明確な動機を持つ非伝統的なギャングのような存在になり、ついには2011年、FBIによってギャングと認定されてしまいました。

FBIによると、ジャガロメンバーの多くは薬物の所持や窃盗といった軽犯罪にしか手を染めていないものの、中には組織的な暴行事件や窃盗、強盗、薬物販売という、より深刻な犯罪活動を引き起こすこともあるとされ、今後の拡大が懸念されるに至ったのです。

アメリカのギャング7:オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション

(出典:wikipedia

1940年代後半から1950年代前半にシカゴで結成された「オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション」は、徹底的に洗練された組織構造によって、アメリカ最大のヒスパニック系ギャングと呼ばれるまでになった集団。

アメリカにある34州に影響力を持ち、国内の構成員は5万人近くいるとされます。

また、その活動はアメリカを飛び越えて海外にまで波及し、世界全体で見ても最大規模のラテン系ギャング集団に成長しました。

アメリカ国内では主に、本家シカゴの派閥と東海岸の派閥に分かれていますが、構成員全員が「オールマイティ・ラテン・キングス・アンド・クイーンズ・ネーション」のメンバーになる上で求められる宗教的美学に従っており、これを軸として場合によっては派閥を超えて協力し合いながら大規模な犯罪を行います。

アメリカのギャング8:マラ・サルバトルチャ

マラ・サルバトルチャまたはMS-13と呼ばれるアメリカのギャング集団は、現在のアメリカ国内で最も危険なギャングの一つと言えるでしょう。

エルサルバドルを中心に、グアテマラやホンジュラスで生まれた人間で構成されたMS-13は、元々は中米で活動していましたが、今や国境を越えてアメリカの42州をまたぎ、アメリカ国内で非常に大きなギャング勢力となっています。

公式なリーダーがいない組織にも関わらず、メキシコの麻薬カルテルと仕事をしたり、刑務所に入っているメンバーと頻繁に連絡を取りあうなど、網の目を潜りながら活動を続けるのが得意で、FBIを最も悩ませるギャングとさえ言われます。

また、このギャングは暴力的なことで知られていて、あるギャングメンバーが車を少しブロックされただけで、相手の一家を殺害した事件も過去にありました。

情け容赦なく残忍で冷酷なのです。

ちなみに、組織の性格を現すこととして、加入を志願する人間は「13秒間メンバーから袋叩きにされる」という儀式か課されます。

アメリカのギャング9:クリップス

(出典:wikipedia

1969に黒人系アメリカ人を中心に地元のギャング集団として生まれ、今では世界最大の犯罪集団の一つにまで成長しているのがクリップス(Crips)。

コカインやマリファナの取引を行い、他にも殺人や強盗などの凶悪犯罪を行うことで恐れられています。

ちなみに、ブラッズなどの数多くのヒスパニック系のストリートギャングとライバル関係にあるクリップスは、帽子やバンダナ、その他の服装に青色を用いることで差別化を図っていましたが、最近は取り締まりの強化によって目立ちにくい紺色の服装が主流になっています。

アメリカのギャング10:ブラッズ

(出典:wikipedia

赤い服装とクリップスとのライバル関係で知られるブラッズ(Bloods)は、元々クリップスの一派でした。

1972年にブラッズを立ち上げてクリップスから分離して以降、クリップスの勢力3〜4万人に対して自らの勢力は9000前後と、数の上ではライバルに敵わないため、極端な暴力行為に出ることがしばしばあります。

アメリカのギャング11:トリニタリオス

過度に暴力的なことで知られるトリニタオスは、1980年代にニューヨークの刑務所内で結成された後、囚人たちが解放されるとすぐに街中に広まりました。

今ではニューヨークの5つの行政区と最低でも10の州に広まり、アメリカの隅から隅までこのギャングの影響が感じられます。

主にドミニカ系アメリカ人達によって構成され、ブラッズやクリップスと言った有名なアメリカンギャング達と敵対しています。

また、地元の若者達を積極的に勧誘していることでも知られます。

特徴としては、武器として銃だけでなく、中南米の人たちが農作業で使う大きな刃物「マチェテ」を使う点で、過去にはトリニタリオスに影響を受けたと思われる10代の若者によるマチェテ殺人事件も起こっています。

アメリカのギャング12:エルマーノス・デ・ピストレロス・ラティーノ

[Wikipedia] Hermanos de Pistoleros Latinos

エルマーノス・デ・ピストレロス・ラティーノは1980年代前半、テキサス州の更生施設で生まれ、今ではテキサスにある全ての刑務所を始め、多くのストリートで活動を続けている一大勢力のギャング集団。

また、メキシコの麻薬密輸業者と国境を越えて強い結束を固めている点でも知られます。

独自の規則や伝統を持ち、現役メンバーのズボンのライン上にしばしば見られる「等身大のピストルのタトゥー」は、生涯続くギャングメンバーの印を意味し、その忠誠心を高めています。

さらに、コカインとマリファナの巨大密輸販売組織としても知られていて、そこに武装強奪、カージャック、刑務所内ギャンブル、保証金取り立て、囚人の暴行、殺人などの犯罪行為が加わります。

アメリカのギャング13:ウィールズ・オブ・ソウル

Wheels Of Soul

ウィールズ・オブ・ソウルは黒人系アメリカ人が主なメンバーとなって、フィラデルフィアに本部を持つ全国的なバイカーギャング(オートバイに乗ったギャング集団)

フィラデルフィアを含めた複数の州で犯罪活動を行い、また、残酷な暴力活動をすることでも知られています。

特に、組織内では「ダイヤモンド」と呼ばれる上位1%のステータスを目指すことが推奨され、そのために残忍さが判断基準となっていることが、この組織による暴力活動を助長していると言えるでしょう。

さらに、ウィールズ・オブ・ソウルは強盗や誘拐も行い、麻薬の製造、売買にも関わっているという話もあります。

アメリカのギャング14:ヘルズ・エンジェルス

(出典:wikipedia

国外にも広がっているバイカーギャングであるヘルズ・エンジェルス(Hells Angels)は、1948年にカリフォルニア州のフォンタナで結成されたのが始まりで、現在は世界22ヵ国に活動範囲を広げています。

殺人、強盗、恐喝、売春、重火器及び違法薬物の密売によって収入を得ているとされ、一見すると他のギャング集団と同じようにも見えますが、実態はより複雑だと言われます。

というのも、ヘルズ・エンジェルスはただのオートバイ・クラブを公言していて、犯罪活動は各自が個人的に関わっているとしているからです。

アメリカのギャング15:モンゴルズ・モーターサイクル・クラブ

(出典:wikipedia

バイカーギャングとして知られるモンゴルズ・モーターサイクル・クラブ(Mongols Motorcycle Club)は、帰還兵を中心に1969年にカリフォルニア州で結成されたギャング集団。

今では世界中に活動範囲を広げ、ヘルズ・エンジェルスとの間で頻繁に起こる紛争のため、暴力集団としての悪名を轟かせています。

麻薬の密売や資金洗浄、強盗や殺人など、あらゆる犯罪行動に関与していると言われます。

合わせて読みたい世界雑学記事

アメリカのギャング15選!長い歴史を持ったり現在勢力を伸ばす犯罪組織達のまとめ

アメリカで確認出来るギャング集団の中から、15の組織をピックアップして紹介してきました。

アメリカにはこれ以外にも、様々な犯罪行為を行うギャング集団が数多く存在しており、多くのギャングが活動する国家の一つとなっていたりするのです。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!