ミャンマー美人女性の美女レベルの高さを画像で確認した結果。

ミャンマー美人女性の中でも有名な13名を画像と一緒に紹介していきます。ミャンマー美女が持つ美しさの特徴などを探っていきましょう。

東南アジアに位置するミャンマーは、長く軍事政権下にあったものの、2015年にようやく民生復帰後の選挙が行われました。

また、同時に市場が解放され始めたことから、アジアにおける最後の秘境としても注目を集めています。

そんなミャンマーはまた、非常に多くの少数民族が暮らす多民族国家としても知られますが、この多民族という環境のせいなのか、美人な女性が多いことでも一部では有名です。

この記事では、ミャンマー美人女性の中でも有名な美女たちを13人ピックアップして、画像と一緒に紹介していきます。

ミャンマー美女の魅力を知るためにも確認してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミャンマー美人女性1:フウェイ・フウェイ

 

View this post on Instagram

 

Shwe Yee ko Ooさん(@phwayoopsie)がシェアした投稿

スポンサーリンク

ミャンマーの芸能界またはエンタメ業界において、まだまだ若手の部類に含まれるのにも関わらず、非常に有名な美女が、1988年生まれのフウェイ・フウェイ(Phway Phway)。

子供の頃から歌手へ憧れていたこともあり、2007年にはモデルのキャリアを開始し、そして2009年には女優デビュー。

すると、それからわずか3年しか経っていない2012年には、ミャンマーアカデミー賞で最優秀女優賞を獲得し、2015年にも再び同じ賞を獲得してしまうなど、圧倒的な実績でミャンマーのエンタメ業界を圧巻しています。

過去10年の間に映画だけで20本以上の作品に出演するなど、今後もさらに飛躍してミャンマーを代表する大女優になること間違いなしな美女なんです!

ミャンマー美人女性2:シンザー・ウィント・キャウ

 

View this post on Instagram

 

Thin Zar Wint Kyawさん(@thinzarwintkyaw)がシェアした投稿

ミャンマー美人女性の中でも、そのセクシー過ぎる美しさで有名なのが、1995年生まれのシンザー・ウィント・キャウ(Thinzar Wint Kyaw)という美女。

他のミャンマー美女はどちらかと言うと「美しさと可愛さ」が特徴的なのに対して、この美女はとにかくセクシーな外見とそれを強調した服装を好むことでミャンマーのエンタメ業界にとってはなくてはならない存在となっています。

ここ最近は女優業にも力を入れ始めたこともあり、今後、どのように化けていくか楽しみな美女なんです!

ミャンマー美人女性3:キン・ユパ

 

View this post on Instagram

 

Khin Yupaさん(@khin_yupa_)がシェアした投稿

1991年生まれのキン・ユパ(Khin Yupa)という名前のこのミャンマー美人女性は、同国においてモデルとして活動する美女。

2008年にはミス・プパ、2010年にはミス・ピープルチョイス、そして2011年にはミス・ミャンマー・ツーリズムに輝くなど、同国を代表する美人として活躍してきました。

また他にも、ミャンマー国内では様々な企業の広告塔となるなど、ミャンマーでは良く知られた存在なんです!

ミャンマー美人女性4:ユー・サンダー・ティン

 

View this post on Instagram

 

Yu Thandar Tinさん(@yuthandartin)がシェアした投稿

その美貌と映画女優としてのキャリアで注目されるこのミャンマー美女は、1991年生まれのユー・サンダー・ティン(Yu Thandar Tin)。

エンタメ業界にデビューした2009年当初はモデルとして活動していたものの、2011年には映画女優としてデビュー。

それ以降は破竹の勢いで映画出演をしていき、劇場公開をしないビデオ専用の映画も含めれば、これまでなんと150以上の作品に出演してきた超人!

ミャンマーのエンタメ作品を観る際には、恐らく必ずと言っていいほど遭遇することになる美人女性なんです!

ミャンマー美人女性5:モー・セット・ワイン

 

View this post on Instagram

 

We Love Moe Set Wine💖さん(@lovemoesetwine)がシェアした投稿

モー・セット・ワイン(Moe Set Wine)という名前のこの女性は、ミャンマーのヤンゴンで1988年に生まれた美女。

現在はモデルや女優として活躍していますが、彼女の名前が世間に知られるようになったのは、2013年に開催されたミス・ユニバース・ミャンマーで優勝したのがきっかけ。

また、現在はエンタメ業界で活動する傍ら、地域に根ざした「Myanmar’s Heart」というチャリティー団体を自ら運営することでも知られています。

ミャンマー美人女性6:アイ・ウティ・タウン

(出典:pinterest

アイ・ウティ・タウン(Aye Wutyi Thaung)は、1984年生まれのミャンマー美人。

1997年、彼女がまだ13歳だった頃にモデルとしてデビューし、そして15歳の頃にはスクリーンへ登場。

以降、2000年代にはその人気を土台にして数多くの番組や映画に出演し続け、当時のミャンマーでは最も人気な女性の一人となりました。

2011年から数年間は、自らビジネスを立ち上げるために芸能界から遠ざかってしまいましたが、2017年に芸能界へ復帰すると再び注目を浴び、現在もバリバリ活躍中。

実業家としても女優としても成功し、絶対的指示を得ているミャンマー美人女性なんです!

ミャンマー美人女性7:エインドラ・キャウ・ジン

 

View this post on Instagram

 

eaindrakyawzinさん(@eaindrakyawzin)がシェアした投稿

ミャンマーを代表する女優の一人として知られるこの美人女性は、1977年生まれのエインドラ・キャウ・ジン(Eaindra Kyaw Zin)。

「Firtatious Sky」という映画での演技が評価されて、2004年にはミャンマーアカデミー賞の最優秀女優賞をか獲得。

さらに2017年には「Knife in the Heart」という映画における演技で再び同じ賞を受賞しました。

まさに、ミャンマーのエンタメ業界におけるスター的存在で、すでに40代に突入しているにも関わらず、その美しさが輝く、ミャンマー美魔女の代表格的存在なんです!

ミャンマー美人女性8:Sharr Htut Eaindra

(出典:pinterest

このシャー・ハトット・エインドラ(Sharr Htut Eaindra)という女性は、1994年にミャンマーのヤンゴンに生まれた美女。

現在は同国のモデルとして活躍しており、なかでも2014年に出場したミス・ミャンマーで優勝し、ミス・ユニバースの本戦にミャンマー代表として出場したことで有名になりました。

そんな美人シャー・ハトットは、将来自らのブランドを立ち上げたいらしく、その目標に向かってマーケティングマネジメントの勉強もしている夢を追う美女なんです!

ちなみに、シャー・ハトットという名前は「シャートット」と言った方が現地の発音に近いかもしれません。

ミャンマー美人女性9:ウット・モンネ・シュウェ・イ

 

View this post on Instagram

 

⭐️Wutt Hmone Shwe Yi ⭐️さん(@wutthmoneshweyii)がシェアした投稿

1988年生まれのウット・モンネ・シュウェ・イ(Wutt Hmone Shwe Yi)と呼ばれるこのミャンマー美女は、ミャンマーにおいて女優やモデルとして活躍している女性。

女優としては2005年から活動を始め、2008年には映画で主演を務め、そして2013年にはミャンマーアカデミー賞で最優秀女優賞を獲得。

さらに同年、ミャンマータイムズ誌は、際立って活躍したミャンマー女性トップ50に選出。2013年を境にしてウット・モンネは一躍有名になりました。

そして、2014年に再びミャンマーアカデミー賞で最優秀女優賞を獲得するなど、外見と共に実力もトップレベルの美人ミャンマー女優なんです!

ミャンマー美人女性10:ナン・スー・ヤティ・ソー

(出典:wikipedia

ミャンマーの女優、モデル、歌手、そしてテレビ司会者として知られるこの美人女性は、1987年生まれのナン・スー・ヤティ・ソー(Nan Su Yati Soe)。

10代の頃から芸能界で活動を始め、これまで200本以上の映画に出演しているなど、その女優としての経験値は抜群。

さらに、歌手としての人気も高く、2016年、2017年、2018年と立て続けに新曲をリリースしています。

そんな彼女は、ミャンマーにおいてトップレベルに美しいだけでなく、商業的に最も成功している女性の一人でもあるんです!

ミャンマー美人女性11:ア・ムーン

 

View this post on Instagram

 

Ah Moonさん(@ahmoon_official)がシェアした投稿

ミャンマーを代表する歌手の一人「ア・ムーン(Ah Moon)」は、1991年生まれのミャンマー美人女性。

他にも作曲家や女優として知られます。

歌手としてはソロとして活動しながら、ポップガールズグループの「Me N Ma Girls」の一人としても活動するなど、二足のわらじを履いているにも関わらず、どちらでも成功しているところがエクセレント!

また、5ヶ国後を話せる才女であったりもするんです!

ミャンマー美人女性12:メイ・ミャット・ノー

 

View this post on Instagram

 

May Myat Noeさん(@maymyatnoe_may)がシェアした投稿

ミャンマーのモデルや女優として活躍している1998年生まれのメイ・ミャット・ノー(May Myat Noe)は、ミャンマーを代表する美しくもあるけど強い女性の象徴的存在

2014年に韓国で開催された「ミス・アジア・パシフィックワールド」に出場して優勝したものの、その三ヶ月後にはタイトルが剥奪されてしまったことで一躍世界中の注目を集めました。

その理由は、主催者側によると「彼女の行動が不適切であったから」としてされています。

しかし、メイ・ミャットによると「主催者側から広範囲に渡る整形手術を要求された」、そして、「韓国の大物達のプライベートへ付き添うように求められた」ことが理由で、正式な謝罪が主催者側からない限り、1千万ドルの価値を持つ冠を返さないと主張したのです。

このように、とても若いにも関わらず、女性の人権を体を張って主張してきたミャンマーを代表する美しき戦士なんです!

ミャンマー美人女性13:キン・ウィント・ワー

 

View this post on Instagram

 

❤️K❤️さん(@khinwintwah)がシェアした投稿

ミャンマーが誇る絶世の美女と言われることもあるキン・ウィント・ワー(Khin Wint Wah)は、アジア人特有の可愛さがさらに強調された超絶萌え系美人女性

1994年にヤンゴンで生まれ、2013年に開催された「ミス・スプラナショナル・ミャンマー」で優勝し、同年にベラルーシで開催された「ミス・スプラナショナル」の本戦へ参加したことで知られるようになりました。

現在は、その可愛すぎる外見を武器に、モデルや女優として活躍中です!

合わせて読みたい世界雑学記事

ミャンマー美人女性の美女レベルの高さを画像で確認した結果。のまとめ

ミャンマー美人女性たちを画像と一緒に13人ピックアップして紹介してきました。

ミャンマーは経済的な理由で注目されることが多いですが、実は女性の美しさも注目に値する国なんです!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!