ウズベキスタン美人女性が独特な美女過ぎる件。画像と一緒に絶賛紹介してみる!

ウズベキスタン美人女性を画像と一緒に12名紹介していきます。あまり注目されることはないけど、独特な美女が多い国がウズベキスタンです。

スポンサーリンク

旧ソビエトを構成していた共和国の一つで中央アジアに位置するウズベキスタンは、その位置から多くの民族が行き交いした場所。

そのため、西洋と東洋を合わせたような文化が存在すると同時に、そこに住む人々の外見にも特徴が現れています。

またそのことは、多民族の良い所取りをした美人女性もいるということ。

あまりウズベキスタンのことは知られていませんが、西洋と東洋の血が混ざった、独特の美女たちがいる国なんです。

そこで、ウズベキスタン美人女性を12名ピックアップして、画像と一緒に紹介していきたいと思います。

ウズベキスタン人を知るためにも確認してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウズベキスタン美人女性12名を美女画像と一緒に確認!

ウズベキスタン美人女性1:イリーナ・シャリポヴァ

(出典:公式インスタグラム

イリーナ・シャリポヴァは1992生まれのウズベキスタン美人女性。

ウズベク人の父とロシア、ウクライナ、タタール人の血を引く母の間に生まれ、その母は若い頃、美人コンテストでウズベキスタンを代表したことからも分かる通り、イリーナ自身も2010年にミス・タタールスタンに輝き、2010年にはミスワールドへロシア代表として出場しています。

もともとはウズベキスタン生まれだったものの、両親が離婚後、7歳の頃にロシアへ移住。

そのため、現在はロシアの国籍で様々な雑誌や世界的なブランドのモデルとして活躍し、世界を駆け回っている美女です。

ウズベキスタン美人女性2:センク・ロッタ

(出典:公式インスタグラム

長い髪と、中央アジアとヨーロッパの血がいい塩梅に混ざったような外見を持つこの美女は、センク・ロッタというウズベキスタンのトップモデルの一人であり、また女優としても活躍する女性。

若いときにモデルエージェンシーへ所属したのが、モデルキャリアのきっかけ。

その後は、イタリアをベースとするトップモデルエージェンシーに移籍して、ウズベキスタンの多くのファッションショーへ出演したことで有名になりました。

そんなセンク・ロッタはまた、芸能活動が忙しいのにも関わらず、London School of Public Relationsから良い成績で学位を取得して卒業。

そして、インドネシア人の俳優と結婚したことで、ウズベキスタンだけでなくインドネシアでも有名になった美人女性です。

1989年9月22日生まれでまだまだ若いので、これからもどんどん活躍していくこと間違いなしです!

ウズベキスタン美人女性3:レイホン・ゲニイェヴァ

(出典:公式インスタグラム

レイホン・ゲニイェヴァは、ウズベキスタンはタシュケント生まれのシンガソングライター兼女優として有名な美人女性。

2002年に「Baxtli boʻlaman(私は幸せになる)」という歌ををリリースしたことから人気が爆発。

ロシア語とウズベク語の両方でレコードしたことで、ウズベキスタンはもちろん、ロシア語圏の国々で彼女の名前を知っている人が増えました。

もともと、母親ののタマラ・ショキロヴァは有名な女優で、父親のオタベック・ゲニイェフもまた、ウズベキスタンの著名な俳優であったりと、まさにサラブレッドで、ウズベキスタンの芸能界を語る上では忘れちゃいけない存在です!

ウズベキスタン美人女性4:シトラ・ファルモノーバ

(出典:公式インスタグラム

1984年8月20日、ウズベキスタンはブハラ生まれの美女シトラ・ファルモノーバは、ウズベキスタンの映画女優兼歌手、そして芸術家としても知られる女性。

2004年の「Dangerous Turn」、2011年の「My Brother is a Bachelor」、2013年の「Now My Father is a Bachelor」などのウズベキスタン映画に出演したことで有名。

また、ドイツ人監督ファイト・ヘルマーがディレクションした映画「Baikonur」に出演したことで、世界的にも知られているウズベキスタン美女の一人です。

ウズベキスタン美人女性5:シャフゾーダ

(出典:公式インスタグラム

本名「ジローラ・バオディロフナ・ムサエヴァ(Zilola Bahodirovna Musaeva)」で、芸名シャフゾーダで知られるこの美人女性は、1979年生まれのウズベキスタンでは女優や歌手として知られる美女。

ウズベキスタンはもとより周辺国では非常に人気が高く、またロシア語圏の中心地ロシアでも、ウズベキスタン人歌手として比較的良く知られています。

特に、これまでウズベク語、ロシア語、ペルシャ語、カザフ語、タジク語、英語でレコードしてきたことが、彼女の認知に繋がっているみたいです。

また、歌手としてだけでなく映画女優としても人気で、これまでいくつもの映画に出演。中には主役級の役を演じてきたものもあります。

ウズベキスタン美人女性6:ローラ・ヨルドシェバ

(出典:youtube

シンプルに「ローラ」という名で知られるこの美人女性は、1985年生まれのウズベキスタンのシンガーソングライターで映画女優。

ウズベキスタン国内で好評を得たで「Muhabbatim(私の愛)」という曲が2003年にリリースされたことで一気に人気が爆発。

その後数年は、歌に加えていくつもの映画に出演するなど、芸能活動においては絶頂期を迎えます。

一方で、2005年に結婚した結果、2011年まで活動を休止し。

そして芸能活動を開始したものの、2015年の2月のコンサートにおいて背中の大きく開いた赤いドレスを着たことで、ウズベキスタン政府から注意を受け、2015年の7月まで芸能活動を中止させられるなど、近年は少し活動が控え気味になってしまっています。

ウズベキスタン美人女性7:ディルノーザ・クバイェバ

(出典:NODIRBEK

ディルノーザ・クバイェバは、1986年タシュケント生まれのウズベキスタン女優で、これまでいくつものウズベク映画に出演してきた美人女性。

中でも2006年公開の「Kelgindi kelin(見知らぬ花嫁)」に出演したことで良く知られるようになり、他にも「Telba(狂乱)」や「Hijron(切望)」などで有名。

夫の死による不幸のため、2008年から2010年の間、ディルノーザ・クバイェバは女優活動を休止していましたが、その後は再開。

映画だけでなくテレビや舞台も合わせると、これまで再開後には30を超える役を演じて活躍しています。

ウズベキスタン美人女性8:ナターシャ・アラム

(出典:公式インスタグラム

ナターシャ・アラムは、ウズベキスタンのタシュケント出身の女優であるモデル。

その外見からも分かるように、国籍はウズベキスタン人だけど、どちらかというとロシア系の血が色濃く出た外見が美しい美人女性。

もともとはなぜか航空技術大学に入学して航空工学を勉強していたけど、学位を取得する前に退学。

これは、それ以前から雑誌の表紙を飾るようになっていたためで、結果的にモスクワへ移住してモデルエージェンシーへ所属し、その後、イタリアのエージェンシーと契約を交わしてイタリアへ移住。

そして、アメリカへ移ったことでキャリアも広がり、「アントラージュ★オレたちのハリウッド」、「THE WOMEN 明日の私に着替えたら」、「トゥルーブラッド」など、アメリカのテレビシリーズでも活躍しています。

ちなみに現在は、イギリスのロンドン在住みたいですよ。

ウズベキスタン美人女性9:オルガ・ヤランスカヤ

(出典:GOSiP Terkini

1991年生まれのオルガ・ヤランスカヤは、ウズベキスタン生まれのモデル兼女優として知られる美女。

彼女が人気の秘密は、その生い立ち。

それは、家族全員で一つ屋根の下で暮らしている状態からモデルとしてのキャリアを始め、その努力の末にウズベキスタンにおいても超有名でゴージャスな女性の一人になったというサクセスストーリー。

その173cmの長身を武器にして活躍しています。

ウズベキスタン美人女性10:アサル・ショディイェバ

(出典:公式インスタグラム

アサル・ショディイェバは、1992年生まれとまだ若いのにも関わらず、これまで多くの映画に出演し、特にコメディー映画で大人気な美人女優。

また、歌もリリースしており、歌手としても活躍中。

2013年にはなぜか女優を辞めると発表したものの、その後も映画に出演していることから、一応メインは歌手と考えているのかも?

いずれにせよまだまだ若くて実力もあるので、これからも大活躍していくこと間違いなしです!

ウズベキスタン美人女性11:ザリナ・ニゾミディノヴァ

(出典:公式インスタグラム

長い黒髪に美しい顔のライン、そして何となく可愛らしい表情を持つこの美女は、ザリナ・ニゾミディノヴァと呼ばれるウズベキスタンの映画女優であり歌手。

なんと4歳の頃にはすでに歌を歌い始め、小学校に上がった頃には演技を学び始め、そして16歳で映画にデビューするなど、根っからの芸能人。

それもそのはずで、彼女の家庭は芸術家家族。なかでも最も若いザリナは、生まれた頃から周りに芸能関係者がいつもいたらしい。

1989年生まれとまだ若いので、今後ますます活躍していくであろう美女です!

ウズベキスタン美人女性12:ラヴシャナ・クルコヴァ

(出典:公式インスタグラム

ラヴシャナ・クルコヴァは、ウズベキスタンセレブとして知られる両親の下に生まれた美人女性。

生まれた時から楽屋に遊びに行ったり撮影場所へ顔を出すなどしていたため、現在の女優としてのキャリアはその頃から決まっていたようなもの。

一方、両親はラヴシャナに芸能界へ入って欲しくはなかったようですが、180cmの長身と美貌を周りはほっとかなかったらしく、結局はウズベキスタン女優としてのキャリアを歩むことになったそう。

合わせて読みたい世界雑学記事

ウズベキスタン美人女性が独特な美女過ぎる件。画像と一緒に絶賛紹介してみる!のまとめ

ウズベキスタンの美人女性達を紹介してきましたが、ウズベキスタンの美人は本当10人十色といった感じで、様々な特徴を持っています。

そんな彼女らを通して、ウズベキスタンやウズベキスタン人に対して興味を持てたら最高です。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント

error:Content is protected !!