なぜウクライナには美人女性が多いのか?その理由から5人の美女の画像付ピックアップまで!

ウクライナに美人女性が多い理由として考えられる仮説を3つ紹介していきます。また、5人の代表的な美女も画像と一緒に紹介します。

スポンサーリンク

ウクライナには美人女性が多いのはよく知られています。

例えば、世界で最も美しい美女達が住む10都市のリストにおいて、ウクライナのキエフはトップの常連です。

このようなことから現在の世界において、ウクライナ女性の美しさを聞いたことがないという人はあまりいないのではないでしょうか。

それほど、ウクライナは多くの美人を生み出す国であり、外国人がウクライナを訪れると、女性の美しさに度肝を抜かれることになるのです。

では、なぜ、ウクライナにはこれほど多くの美女がいるのでしょうか?その起源はいったいなんなのでしょうか?

ウクライナに美人女性が多い理由を仮説ベースで考えていき、同時にウクライナを代表する5人の美女を画像付きで紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウクライナに美人女性が多いと考えられる3つの仮説

ウクライナ女性が美人な理由① 中世における魔女狩りの影響がほぼないからか?

中世、16世紀から200年もの間、西ヨーロッパでは、魔女狩りが盛んに行われていたことが知られていますが、実はこの魔女狩りでターゲットにされるのは美人が多かったと言われています。

美女達は魔女の疑いをかけられて死罪を言い渡されると、火刑に処されたのです。大人の女性だけでなく、新生児の女の子が美しかった場合も同様に殺されました。

一方、東ヨーロッパのスラブ系住民の領土においては、この一連の恐ろしい魔女狩りは流行らず、それほど影響を受けることがなかったのです。

つまり、ウクライナ女性に美人が多い理由として考えられる一つの仮説が、特に西ヨーロッパと比べて、中世に美女が殺されることが少なかったため、美女が生まれる確率が高いのではないかというもの。

とはいえ、この魔女狩りによって犠牲となった女性の数は4万から6万人であり、当時の全ヨーロッパの人口比で見てもそこまで大きな割合ではない上、男性の中にも美人になる遺伝子を持っていた人達が多くいたはずなので、そこまでの影響はなさそうではあります。

とにかく、ウクライナ人女性が美人である一つの理由、または一つの原因として考えられるのが、魔女狩りの影響をほとんど受けなかったのではないかというものです。

ウクライナ女性が美人な理由② 元々美しいスラブ人と多民族との交わり

ウクライナ女性が美人である理由の一つとして挙げられる仮説が、元々美しい民族であったスラブ系の人々が、度重なる侵略と混血によって遺伝子が混ざり合った結果、驚くほど美しいウクライナ人が生まれたのではないかというもの。

ウクライナ民族の土地は、モンゴル人やキプチャク人(トルコ系)といったアジア系民族以外に、他のスラブ系であるポーランド人や、その他のヨーロッパ民族であるリトアニア人によって何度も入植され、ウクライナ民族は彼らと混血したであろうことは歴史が物語っています。

歴史的にどのようなことが起こり、他の民族やその他のスラブ人と混血を繰り返して現在の美しいウクライナ人が誕生したのか、いくつか大きな歴史的な出来事を見ていきましょう。

ハザール王国

ハザールは7~10世紀にかけて大きく栄え、その支配は北コーカサス地域から東ヨーロッパ、さらにその先まで及んでいた国家。

その支配地域から分かる通り、ウクライナ民族にも大きな影響を与えました。

10世紀にキエフ大公国スヴァトスラフ1世による遠征の結果、ハザールは事実上崩壊してしまいます。

(出典:MEDIEVALISTS.NET

当初ハザールは、支配階層と思われる「白きハザール(白い肌、青い瞳、そして赤毛の人々として描かれる)と共に、対照的な「黒きハザール」と呼ばれる肌の黒い人達(黒いと言ってもアフリカ系民族ではなく、アジアを源とする民族であったよう)が平和に暮らす強大な国でした。

実際、その後、ハザールの都市であったサルケルの地で発見されたハザール人の体の一部(頭蓋骨など)を研究した結果、当時のハザール人はスラブ人、その他のヨーロッパ人、そしてモンゴル系民族が混ざり合ったタイプであったことが判明しています。

このように、支配地域から考えてウクライナ民族にも多大な影響を与えたであろうハザールに暮らすハザール人は、混血であったのです。

ちなみに、白きハザールと黒きハザールが平和に共存する状態は、その後ペルシャやビザンチン方面からユダヤ人がやってくるまで続いていったと言われます。

金帳汗国(ジョチ・ウルス)

金帳汗国(きんちょうかんこく)またはジョチ・ウルスは、黒海北岸のドナウ川、クリミア半島方面から、中央アジアに至るまで広大な地域を支配したモンゴル系民族の遊牧政権。

13世紀から18世紀まで存在していたとされます。

そしてもちろん、キエフ大公国領土にも侵攻した結果、モンゴル人達は同地域へ甚大な影響を与えました。

破壊し、焼き尽くし、強奪するなど、まるで復讐そのもので、キエフの一部は灰と化して略奪が行なわれ、市民は虐殺されて奴隷として捕らえられたのです。

しかしながら、モンゴル人達はキエフの土地に定着せず、襲撃後の1240年には町から去ってステップ草原に戻りました。

このモンゴル民族の帝国がキエフに与えた長期的な影響に関しては議論の別れるところではありますが、15年程度の影響だったのではないかと言われています。

そのため、モンゴル人による侵略後に混血が一部では進んだものの、スラブ人の特徴を完全に無くすような影響はなく、適度に血が混ざった結果、より美しい現在のウクライナ人に近づいたのかもしれません。

正教徒として一つの枠組みにされた結果

キリスト教にはカトリックと正教会があるのはご存知の通り(他にもありますが)。

そして、この宗派の違いはスラブ民族の中でも生まれます。

例えば、ポーランド人、ハンガリー人、クロアチア人、スロバキア人などの多くはカトリックを信じるようになった一方、ブルガリア人、マケドニア人、セルビア人などの多くは正教会を受け入れることになります(これらの人々は皆スラブ系に含まれる)

そして、スラブ系の正教徒達は、キエフ大公国の下にまとめられることになります。

その結果、ウクライナ人達は他のスラブ系の人々と交流する機会が増え、同時に混血も進んでいくことになったと考えられるのです。

ウクライナ女性が美人な理由③ フェミニストではない女性らしさ

フェミニズムという概念は今日まで、ウクライナではそれほど一般的に広まらなかったこともあり、多くの女性は強い女性と言うよりは、日本的に言うと「穏やかでおしとやか」な女性を目指しているような気がします。

つまり、「良き妻となる女性」という表現が当てはまるでしょうか。

もちろんこれは、歴史的、政治的、社会的な要因で作られてきた女性のイメージではありますが、多くの男性がそのような女性を望んでいる現実を考えると、「女性らしさ」を思わせるウクライナ女性の仕草は、彼女らの外見をさらに引き立てて美しいと感じさせているのかもしれません。

また、ウクライナ女性の多くは、そのような男性の期待に答えようと、いわゆる女らしさを磨く努力を惜しまないのかもしれません。

いずれにせよ、ウクライナ社会に根付いている「女性らしさ」の概念が、ウクライナ女性をさらに美女にしている可能性はあるかと思います。

ウクライナ美人女性を画像と一緒に紹介!

ウクライナにはなぜ美人が多いのかの理由として考えられる仮説を見てきましたが、最後にウクライナ美女を画像と一緒に5人ピックアップして紹介しておきます。

ウクライナ美人① ナタリア・ポクロンスカヤ

現在はロシア連邦の国家院議員であるもの、元々はウクライナのルハーンシク州生まれの美女。

ロシアによってクリミアが無理やり編入されてしまった際、クリミア共和国にて最高検察庁検事総長として任命され、その美貌も相まって一躍時の人として有名になります。

日本でもナタリア・ポクロンスカヤはちょっとしたブームになり、ネット上ではファンが急増。

また、ファンによってイラストが多く描かれるなど、美人すぎる検事総長として人気になりました。

ウクライナ美人② アンナ・ベッソノバ

アンナ・ベッソノバはウクライナのキエフ出身の元新体操選手。

2004年のアテネオリンピックと2008年の北京オリンピックの個人総合で銅メダルを獲得。また、世界選手権では団体総合も合わせて5回も金メダルに輝いている新体操の才女。

しかし、彼女が有名になったのはその抜群の成績だけでなく、その美貌も大きな理由。

身長173cmで手足が長く、モデル級の体を持ちながら、顔も美しく、ウクライナが誇るスポーツ美女の一人です。

ウクライナ美人③ ユリヤ・ティモシェンコ

ウクライナにおいて女性初の首相になったユリヤ・ティモシェンコは、美人すぎる首相として一時期世界の注目を浴びました。

特に第10代首相として就任した2005年当時は、すでに40代半ばであったにも関わらず、若い女性にも劣らない美貌で世間を驚かせます。

ちなみに、民族的にはラトビア系ロシア人とされますが、父方の祖父はウクライナ人であるため、ウクライナ人の血も引いています(ラトビアでもロシアでもウクライナ人と多くの共通した血を持っているとは思いますが)。

ウクライナ美人④ ビクトリア・サソンキナ

(出典:公式インスタグラム

ビクトリア・ソソンキナは世界的にも知られている、ウクライナ出身のトップモデルの一人で、世界のファッションモデルトップ20に入るほどの美女。

2006年にパリで開かれたイッセイミヤケのファッションショーでデビューするやいなや人気になり、その後はVogueなど様々なファッション雑誌のカバーを飾ったり、カルバンクライン、プラダ、ディオールなど、世界的な超一流ブランドのモデルとして活躍しています。

ちなみに現在はニューヨーク在住らしいです。

ウクライナ美人⑤ スネジャナ・オノプカ

(出典:公式インスタグラム

ウクライナ出身の最も成功したモデルトップ10に名前が乗るスネジャナ・オノプカは、身長175cmにも関わらず体重が45kgと、モデル業界の中で最も細いモデルの一人として有名。

しかし、彼女の凄いところは細すぎるぐらい細くても美しく見えるほどの美女である点。

これまでドルチェ&ガッバーナ、プラダ、ルイ・ヴィトンなど、世界的な高級ブランドのモデルとして活躍しています。

合わせて読みたい世界雑学記事

なぜウクライナには美人女性が多いのか?その理由から5人の美女の画像付ピックアップまで!のまとめ

ウクライナ人の美しさの真実は未だ解明していません。

しかし、世界にはこのことに関して研究している人もいるようなので、その答えを待つことにしましょう。

ちなみに、ウクライナに行けば分かりますが、本当に街に美女達が多く歩いています。

もしも気になるなら、ウクライナへ行って自分の目で確かめてみましょう!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント

error:Content is protected !!