アルメニアの文化や宗教の特徴10選!アルメニア人を理解するために紹介してみる

コーカサスの小国アルメニアについて知っていますか?日本ではまだまだ有名でないアルメニアに関して、文化や宗教などの特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

アルメニアの文化や宗教の特徴として10のことを紹介していこうと思います。独特の文化を有するアルメニア人に興味を持ったらチェックしてみましょう。

アルメニアの文化や宗教は、他の国や人々のものと比べても独特です。

現在アルメニアに住んでおり、妻がアルメニア人である経験から、アルメニアの文化や宗教のユニークな点をまとめてみました。

アルメニアやアルメニア人に興味がある人は確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルメニアの文化① 世界最古のキリスト教国である

アルメニアはキリスト教を国教として認めた世界最古の国として有名。そのキリスト教を国教にした年とは紀元前301年(301AD)。

そのため、アルメニアに来ると古代から残っている修道院や祠の数に圧倒されることになります。

宗教をキリスト教(アルメニア正教)としてから最初に建てられた教会が、エチミアジン(Echimiatsin)にあるエチミアジン大聖堂で、啓蒙者グレゴリオスのビジョンによって建てられました。

そのような歴史から、アルメニアが持つ宗教的な側面や文化を理解するには、エチミアジン大聖堂を始めて様々な修道院を訪問し、その歴史を感じるのがおすすめです。

アルメニアの文化② Khachkar(十字架の石)が表現する宗教色

アルメニアはヨーロッパとアジアのちょうど中間あたりに位置しており、その影響もあって様々な国や人種、文化の影響を受けている国。

そのため、何がアルメニアの文化を表現しているのが分からなくなってしまうこともありますが、「アルメニア産」の文化的代表物とも言えるのがKhachkar(ハチカール)。

Khachkarは英語で「Cross Stone」の意味で、つまり十字架の石ってこと。

アルメニアの宗教である「アルメニア正教」を代表するものであり、Khachkarは9世紀頃に作られ始めた、一つとして同じものがないというユニークな石碑です。

さらに、2010年からはユネスコによって文化遺産としても登録されているので、アルメニアの文化に触れたければ絶対に見ておくべきです。

アルメニアの文化③ ワインを初めて作った国(らしい)

アルメニアの文化をアルメニア人に語らせたら、絶対に触れられるであろうコトの一つが、アルメニアは世界でもっとも最初にワインを作った国である(らしい)ということ(※ただし、隣のグルジアも自分たちが最古だと言っているので真偽は不明)

アルメニアで見つかっている最古のワイナリーは紀元前4100年まで遡り、研究者たちによると、実際の起源はもっと前だったのではないかと推測されています。

そのため、あまり知られてはいませんが、アルメニアはワインの生産国としてもちょっと有名。

隣のグルジアもワインを生産していて比較的有名ですが、その違いを飲み比べてみるのも良いかもです。

アルメニアの文化④ 家父長が尊重されてる

アルメニアでは家族というのが日本以上に大切で、親と兄弟だけでなく、日本で言う遠戚まで含めて頻繁に行き来したりコミュニケーションを図ったりしています。

そして、アルメニアの家族では伝統的に家父長制が尊重されており、アルメニアの文化に与える一つの要素となっていると言えるかもしれません。

しかし、最近はグローバル化や女性の社会進出などにより、徐々にその価値観も変わりつつあります。

アルメニアの文化⑤ 結婚式はとにかく盛り上がる!

アルメニアの文化や伝統を感じたいなら、「結婚式へ出席しろ!」と言いたくなるほど結婚式が盛り上がるのがアルメニアの文化。

Armenian Kochari Multicultural Epic Wedding Dance Entrance – Talin & Mesrop

伝統的に、又は未だに田舎で執り行われる結婚式では、7日と7夜を費やすとされており、とにかく時間をかけて盛大にお祝いするのがアルメニア人らしさと文化の象徴とも言えそう。

現在でこそ都心部で行う結婚式は簡素になりましたが、それでも1日や2日を費やし、町中で走らせる車はクラクションを鳴らしまくりで、とにかくエネルギーを注ぎ込みます。

日本の淡白で画一的な結婚式とは全くことなるので、アルメニアの文化に触れたければ結婚式への出席はマストです!

アルメニアの文化⑥ 子供は超大切にされる

伝統的にアルメニアの家族は、アルメニア人にとって大切な子供を多く作ることが尊重されていましたが、都心部ではその伝統も失われつつあります。

しかし一方で、アルメニアでは子供を大切にする文化が色濃く残っており、例えば公共の場で子供が泣こうがわめこうが、日本のように嫌な顔をされることはありません。

子供を大切にする文化という点では、見習うべきところがたくさんあるのがアルメニアです。

アルメニアの文化⑦ ダンス超好き!

Armenian Men Surprise Dance At Wedding

アルメニア人は軍隊にいても結婚式であっても、とにかく踊るのが大好き。

これこそ、「ザ・アルメニアンダンス!」というのをまざまざと見せつけてくれます。

ちなみに、アルメニアのダンスの特徴としては、基本的にグループ単位で踊るってことと、そのグループでの踊りが円陣を組んでいるということ(その場合が多い)。

何かお祝い事があったり、お祝い事がなくても街で伝統的な音楽が流れていれば、いきなり通行人が踊り始めます。

アルメニアの文化や伝統において、ダンスは切っても切り離せないものだと思います。

アルメニアの文化⑧ ホスピタリティーに溢れている

アルメニア人の特徴であり、ある意味アルメニアの文化と言っても良さそうなのが、そのホスピタリティー。

アルメニアに少しでも興味を持ち、観光情報なんかを探していれば、アルメニア人のホスピタリティーの高さに関する情報を目にしたり耳にしたことがあるかもしれません。

これは、アルメニア人が伝統的に受け継いでいる「客は最大限に持てなす」マインドによるもの。

ただし、もともとそこまで経済的に豊かでない家庭などにお邪魔すると、無理をしてまで豪華なご馳走を用意したりするので、その点は遠慮するなど注意が必要なこともあります。

アルメニアの文化⑨ アルメニアの伝統的な服

アルメニアの文化や伝統を理解する上で忘れてはならないのが、アルメニアの伝統的な服装である「taraz(タラズ)」。

非常にカラフルな装飾がほどこされ、女性の頭には薄いベールが繋がる帽子を、男性の頭にはターバンに似た帽子を被ります。

アルメニアの文化⑩ 独特の休日がある

アルメニアはその立地、そしてキリスト教を国教とした点から、少し変わった休日をもっているのも文化的な特徴。

まず、Trndezという休日は、新しく結婚したばかりのカップルが、炎の上を一緒にジャンプするもので、この日にジャンプしている男女はまだ新しいカップルであるのが分かります。

また、アルメニアでは男女の愛を確かめ合うために、バレンタインの代わりといった感じで「Surb Sarkis」という日があり、この日には女性がしょっぱいクッキーを焼きます。

そして、その夜に寝る前、女性はクッキーを食べ、もしも夢の中で男性が現れれば、その男性が将来の夫のなると言われているのです。

ちなみに、アルメニアでは7月あたり(毎年微妙に日付が変わる)にヴァルタバルというお祭りがあり、この日は誰それ構わず水を掛け合うというお祭り。

もしも、偶然にもこのヴァルタバルの日にアルメニアに居合わせたら、恐怖が待ち受けていること必至です!

次のアルメニア記事も一緒にどうぞ!

アルメニアの文化や宗教の特徴10選!アルメニア人を理解するために紹介してみるのまとめ

アルメニアの文化や宗教に関する特徴を10個紹介してきました。

アルメニアに興味を持った人は参考にしてください!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント

error:Content is protected !!