ドイツ人イケメン男性14人のかっこいい画像見たくない!?

ドイツ人イケメン男性を14人ピックアップして画像と一緒に紹介していきます。かっこいい彼らのイケメン度合いを確認してみましょう。

スポンサーリンク

ドイツ人に対するイメージとして挙げられる一つが「金髪碧眼」。

このイメージは現代だけでなく、実は古代からあったようで、古代ローマ人はドイツ系のゲルマン民族に対して「金髪碧眼」の強くて優れた戦士だと、その強さと合わせて外見も讃えていたようなんです。

もちろん、ドイツ人の中には金髪碧眼でない人も多くいますが、髪や目の色に関係なくドイツ人男性は、平均的にかっこいい人が多い!

高い身長とクッキリとした目鼻立ちによって、「これぞイケメン!」と叫びたくなるような男性が結構多いんです。

この記事では、そんなドイツ人イケメン男性の中でも、抑えておきたいイケメンを14人ピックアップして画像と一緒に紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドイツ人イケメン男性1:トーベン・リープレヒト

 

View this post on Instagram

 

#2018. #nomoreplayingsmall. #ican and #iwill #conquer and #create. #period. 📷 by @tim_d_txl

Torben Liebrechtさん(@torbenliebrecht)がシェアした投稿 –

トーベン・リープレヒト(Torben Liebrecht)という名前のこのイケメン男性は、1977年生まれでドイツでは俳優として活躍しているイケメン。

ドイツ国内で長期に渡って放送され続けたテレビドラマ「Doppelter Einsatz」に出演してデビュー後、ドイツ国内を中心に数々のテレビドラマへ出演。

また、最近では2015年から放送されたカナダのテレビドラマ「X Company」に出演したことでも知られ、そこでの高い演技によって、カナダのアカデミー賞と言われる「カナダ・スクリーン・アワード」の「ベストパフォーマンス賞」を受賞するなど、実力も申し分ないイケメンなんです。

ドイツ人イケメン男性2:マヌエル・ペーター・ノイアー

画像からも何となく分かる通り、1986年にドイツで生まれたマヌエル・ペーター・ノイアー(Manuel Peter Neuer)はサッカー選手です。

現在(2019年2月)は、ドイツのサッカーリーグ「ブンデスリーガ」に選手登録されており、名門チームのバイエルン・ミュンヘンに所属。

そこで、イケメンすぎるゴールキーパーとして活躍し、さらに、ドイツ代表のメンバーであると同時に、キャンプテンも務めるチームの精神的な柱。

反射神経の良さ、シュートを止める才能、そしてもちろんかっこいい外見で有名なんです!

ドイツ人イケメン男性3:マッツ・フンメルス

 

View this post on Instagram

 

Mats Hummelsさん(@aussenrist15)がシェアした投稿

1988年生まれたマッツ・フンメルス(Mats Hummels)は、ドイツ出身のサッカー選手で、191cmの高身長を活かして主にディフェンダーとして活躍するイケメン男性。

また、ドイツ代表メンバーでもあり、現在(2019年2月)は、マヌエル・ペーター・ノイアーと同じバイエルン・ミュンヘンに所属しています。

ちなみに、このイケメンは外見だけでなく、そのラブストーリーもイケメンすぎ!

19歳の頃から付き合っていた彼女と2015年、一途な愛を貫き通して7年越しのゴールインを果たしたんです!

ドイツ人イケメン男性4:ビル・カウリッツ

 

View this post on Instagram

 

last week at #markuslanz wearing @dickies and @commedesgarcons and @vetements_official 🕺🏼 Glam by @helenanarra

Bill Kaulitzさん(@billkaulitz)がシェアした投稿 –

1989年生まれのビル・カウリッツ(Bill Kaulitz)は、ドイツの歌手、作曲家、声優、デザイナー、そしてモデル。

2001年から現在も活動しているバンド「トキオ・ホテル」のリードボーカルとして最もよく知られ、インパクトが強いピアスやタトゥーでも記憶に残りやすいドイツ人イケメンです。

また、白人にしては中性的な外見を持ち、若い世代にはカリスマ的な存在で、ドイツではトップスターの一人に数えられる男性なんです!

ドイツ人イケメン男性5:マーロン・キッテル

ブロンドの髪の毛とブルーの瞳が素敵すぎるこの若い男性は、1988年生まれのマーロン・キッテル(Marlon Kittel)。

モデル顔負けの188cmの高身長とかっこいい顔を持っているにも関わらず、ドイツ出身のサイクリストとして活躍しています。

サイクリストとしての実力もさることながら、その外見によってさらに注目を集め、自転車競技界を世界中にPRし続けている、かっこよすぎるイケメン若手サイクリストなんです!

ドイツ人イケメン男性6:マーロン・キッテル

(出典:Alchetron

上で紹介したイケメンサイクリストと同じ名前を持つこのドイツ人イケメン男性は、1983年生まれのマーロン・キッテル(Marlon Kittel)という俳優。

元々はスタントマンとして働いていましたが、ある日、そのかっこいい魅力的な容姿と演技力が監督の目にとまり、1999年に放送されたテレビドラマ「Der Sommer mit Boiler」に役者として出演。

これ以降、テレビや映画など、全ての作品を数えるとおそらく50本以上で役を演じてきたベテランで、過去には何度か賞にもノミネートされています。

ちなみに、演技以外にも、ピアノやサックス、ドラムなどを演奏するのが上手らしく、それがまた、このイケメンを一際輝かせているんです!

ドイツ人イケメン男性7:ティル・シュヴァイガー

 

View this post on Instagram

 

Til Schweigerさん(@tilschweiger)がシェアした投稿

まさに「しぶいドイツ人イケメン男性といったらこの人だろ!」として紹介したいのが、1963年生まれのティル・シュヴァイガー(Til Schweiger)。

ドイツでは俳優、映画監督、映画プロデューサー、そして脚本家として活躍し、ドイツで最も成功している映画関係者の1人。

演劇学校で学び、優秀な成績で卒業するなど、演技の基盤が非常にしっかりとしており、実際に「ティル・シュヴァイガーよりも人々を映画館に引き寄せた俳優は存在しない」と言われるほど。

とにかく、高い演技力と渋いイケメンっぷりが最高すぎるドイツ人男性なんです!

ドイツ人イケメン男性8:マックス・リーメルト

 

View this post on Instagram

 

Max Riemeltさん(@maxriemelt)がシェアした投稿

丸い可愛らしい目が特徴的なマックス・リーメルト(Max Riemelt)は、1984年、当時は社会主義の東ドイツに属していた東ベルリンで生まれたドイツ人イケメン男性。

幼少期からエンタメ業界に関わっており、13歳の頃には本格的に役者としての道を始めるなど、年齢に対して役者としてのキャリアは相当に長い人物です。

これまで50本を超える作品に出演し、過去には賞を受賞しているなど、そのキャリアの長さに見合った実績と実力を要するイケメンなんです!

ドイツ人イケメン男性9:マイケル・ファスベンダー

1977年に生まれたマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)は、ドイツ人の父と北アイルランド人の母の下に生まれたイケメンドイツ人で、国際的な俳優として知られる男性。

国籍的にはドイツ、アイルランド、イギリスの3つを持ち、現在はロンドンを中心に、ドイツやアイルランド、イギリスやアメリカで活躍中。これまで高い評価を受けたいくつもの作品に出演してきました。

例えば、2011に公開された「SHAME – シェイム -」で演じた役によって、ヴェネチア国際映画祭の男優賞を受賞し、2013年に公開された「スティーブ・ジョブズ」では、アカデミー主演男優賞にノミネートされています。

かっこいい外見に世界レベルの実力が加わった、世界中のドイツ系俳優を代表するイケメンなんです!

ドイツ人イケメン男性10:マクシミリアン・ベフォート

(出典:pinterest

マクシミリアン・ベフォート(Maximilian Befort)と呼ばれるこのイケメンは、1989年生まれで俳優として活躍しているドイツ人男性。

2001年に出演した「Emil and the detectives」という映画で名前が知られるようになり、それ以降はほぼ毎年のように映画に出演してきました。

ちなみに、1996年生まれの妹「ルイーゼ・ベフォート」も美人女優として知られているんです!

ドイツ人イケメン男性11:コスティア・ウルマン

 

View this post on Instagram

 

Kostja Ullmannさん(@kostjaullmann_official)がシェアした投稿

1984年生まれのコスティア・ウルマン(Kostja Ullmann)は、ドイツで俳優として知られるイケメン男性。

ヨーロッパ中で称賛された青春映画「サマー・ストーム」で、主役を務めたことで知られています。

そんなコスティア・ウルマンは、11歳の時に演劇業界に入り、それ以降は主に舞台を中心に活動していましたが、1998年には犯罪ドラマ「Alphateam」の脇役でテレビデビューを果たします。

それ以降、徐々に主演を演じるようになっていき、現在ではヨーロッパを中心に他の国にも多くのファンを抱えています。

ドイツ人イケメン男性12:アレクサンダー・フェーリング

 

View this post on Instagram

 

Alexander Fehlingさん(@alexanderfehling)がシェアした投稿

ドイツ出身の映画そして舞台俳優といて知られるこのイケメンは、1981年生まれのアレクサンダー・フェーリング(Alexander Fehling)。

2003年から2007年まで演劇学校で演技の基礎をみっちりと学び、そこで培った技術と経験を下に、現在まで数々の作品へ出演してきました。

なかでも、フェーリングが出演したアメリカの戦争映画「イングロリス・バスターズ(2009年公開)」は、数多くの映画賞を獲得して世界的なヒットになったことで知られています!

ドイツ人イケメン男性13:ダニエル・ブリュール

1978年生まれのダニエル・ブリュール(Daniel Bruhl)は、ドイツ人の父とスペインのカタルーニャ出身の母の下で、スペインのバルセロナに生まれたイケメン男性。

しかし、生まれて間もなくドイツへ移住し、父が舞台演出家だった影響もあり、若い頃からドイツのテレビ番組に出演するようになりました。

キャリアとしては、2003年に公開されて自身がヨーロッパ映画賞男優賞を受賞した「グッバイ、レーニン!」を始め、他にもアメリカやイギリスの映画に出演するなど、ドイツだけでなく世界中で活躍中。

しかも、自ら映画会社を立ち上げるなど、演じるだけでなく製作側からも映画業界に携わっている精力的なイケメンなんです!

ドイツ人イケメン男性14:マルコ・ロイス

 

View this post on Instagram

 

Marco Reusさん(@marcinho11)がシェアした投稿

サッカー王国ドイツには、数々のイケメン選手がいますが、そのうちの一人として挙げておきたいのが、1989年生まれのドイツ人サッカー選手「マルコ・ロイス」。

フォワードやミッドフィルダーとして活躍し、ドイツ代表にもなり、さらにドイツ年間最優秀選手に選ばれるなど、その実力は折紙付き。

現在(2019年2月)は、ドイツのブンデスリーガの名門クラブ「ボルシア・ドルトムント」に所属して、世界レベルの外見とボール捌きでファンを魅了しているんです!

合わせて読みたい世界雑学記事

ドイツ人イケメン男性14人のかっこいい画像見たくない!?のまとめ

ドイツ人イケメン男性を画像と一緒に紹介してきました。

ドイツはイケメンが多くいる国。ドイツに行くなら、観光地を訪れるだけでなく、イケメン観察に勤しむのもありかもしれませんよ!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!