メーガン妃の身長と体重【旧名はメーガン・マークル】

スポンサーリンク

メーガン妃(旧名:レイチェル・メーガン・マークル)は、イギリス王室のヘンリー王子と結婚したことで有名な、アメリカ出身で元々は女優として活動していた女性。

アメリカ人としてイギリス王室に嫁いだことに加え、母親がアフリカ系アメリカ人であること、さらにはヘンリー王子との結婚以前に離婚歴があることなども、大きな注目を集めました。

メーガン妃の身長と体重を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メーガン妃(メーガン・マークル)の身長はどれぐらい?

メーガン妃の身長167.64cm(6フィート6インチ)

メーガン妃の身長については、165.1cm(5フィート5インチ)から5フィート7インチ(170cm)まで、異なる数値が憶測とあげられています。

しかし、彼女が女優としてキャリアを積んでいた頃の履歴書には5フィート6インチ(167.64cm)と記載されていたことが判明し、現在は167.64cm(5フィート6インチ)が彼女の身長であることが分かっています。

ただし、四捨五入して168cmと表記されることもあります。

ちなみに、メーガン妃が生まれたアメリカにおける現代女性の平均身長は162.2cmであるため、メーガン妃は約6cmの差をつけて高くなっています。

また、イギリス王室に嫁いだことで一時期暮らしたイギリスの女性平均身長は163.5cmであるため、メーガン妃はこの数値に対しても約4cmの差をつけて高くなっているのが分かります。

メーガン妃の体重

メーガン妃の体重51〜56kg(113〜123.5ポンド)前後

上でも触れた過去の履歴書によると、女優として活動していた頃のメーガン妃の体重は51kg(113ポンド)でした。

しかし、その後は体重が少し増え、おおよそ56kg(123.5ポンド)前後だとされます。

合わせて読みたい世界雑学記事

エリザベス女王の身長【現在は縮んだが元々は高身長】
エリザベス女王(エリザベス2世, 1926年〜)は、イギリスとイギリス連邦王国(イギリスの君主に在位する者を自国の君主(国王)・元首として戴く、個々の独立した主権国家)を含む16ヶ国の君主であり、イギリス史上最長の在位を誇る君主です...
error:Content is protected !!