エリザベス女王の身長【現在は縮んだが元々は高身長】

スポンサーリンク

エリザベス女王(エリザベス2世, 1926年〜)は、イギリスとイギリス連邦王国(イギリスの君主に在位する者を自国の君主(国王)・元首として戴く、個々の独立した主権国家)を含む16ヶ国の君主であり、イギリス史上最長の在位を誇る君主です。

エリザベス2世の身長を解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エリアベス女王の身長はどれぐらい?

若い頃の身長162.56cm(5フィート4インチ)
現在の身長155cm(5フィート1インチ)

エリザベス女王(エリザベス二世)の身長は、若い頃には5フィート4インチ(162.56cm)であったものの、年を重ねて高齢になった現在は、背中も少し丸まってしまったりしているため、5フィート1インチ(155cm)にまで低くなったと言われます。

現代におけるイギリス人女性の平均身長は女性で163.5cm、仮に現代のアメリカ人女性の平均身長を示すと162.2cmと、若い頃のエリザベス女王は、現代のイギリスやアメリカ女性の平均身長ともほとんど変わらない身長を持っていました。

今からおよそ100年前のイギリス人の平均身長は、現代の数値より10cm程度低かったと言われることを考えると、1926年生まれの女性としてエリザベス女王は、かなり高身長の持ち主であったことが分かります。

ちなみに、エリザベス女王には妹のマーガレット王女(1930〜2002)がいましたが、マーガレット王女の身長は現在のエリザベス女王の身長とされる5フィート1インチ(155cm)であったとされ、二人の姉妹間でかなりの身長差があったことは度々話題に挙がります。

エリザベス女王の身長の高さを理解する上で役立つかもしれない動画

現代のイギリスのロイヤルファミリーのメンバーは、みなそれぞれ身長が高いことで知られますが、以下はイギリス女王も含めた主要メンバーの身長比較動画です。

英語ですが、エリザベス女王の身長に関する知識として参考になるかもしれません。

How tall are the members of the Royal family?

合わせて読みたい世界雑学記事

イングリッド・バーグマンの身長【超高身長な歴史的名女優】
イングリッド・バーグマン(1915〜1982年)は、アメリカ映画協会が選定した「映画スターベスト100」において、女優部門で4位に選ばれたこともある、スウェーデン出身の歴史的な名女優。 アカデミー賞を3回、エミー賞を2回も受賞...
メーガン妃の身長と体重【旧名はメーガン・マークル】
メーガン妃(旧名:レイチェル・メーガン・マークル)は、イギリス王室のヘンリー王子と結婚したことで有名な、アメリカ出身で元々は女優として活動していた女性。 アメリカ人としてイギリス王室に嫁いだことに加え、母親がアフリカ系アメリカ...
error:Content is protected !!