ラトビア美人女性の美女度って世界一な気が・・・画像と一緒に紹介しとく。

(更新:2018.11.15)ラトビア美人女性を12名ピックアップして画像と一緒に紹介していきます。また、ラトビア女性にまつわる信じられない話にも触れていきます。

スポンサーリンク

バルト三国の一つラトビアは、旧ソ連を形成していた国の一つ。

東はロシア、南東はベラルーシ、北はエストニア、そして南はリトアニアなど、美しい人々が多くて有名な国々に囲まれています。

そのため、ラトビアも美人が非常に多い国で、世界レベルで活躍するトップモデル達を多く輩出してきました。

そして、周りの美人大国の女性と比較してもラトビア女性の美女レベルは負けず劣らず高く、もしかしたら世界一美女レベル高い国かもしれないんです。

そこで、そんなラトビア美人女性の中でも特に美女だと言われる12名を画像と一緒に紹介し、また、最後の方ではラトビア女性について、驚くべきちょっとした話にも触れておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画像と一緒にラトビア美女を12名紹介していく!

ラトビア美人女性1: イエヴァ・ラグナ

イエヴァ・ラグナは1990年生まれのラトビア美人で、同国出身のスーパーモデルの一人。

2007年にモデルのキャリアを開始。2011年には世界の女性モデル達が憧れる、ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルになったこともある女性。

また、Vogueの表紙をこれまで何度も飾り、他にもヴェルサーチやドルチェ&ガッバーナなど、世界的なトップブランドと一緒に仕事をしています。

177cmの身長に、ダークブロンドの髪の毛とグリーンの瞳が素敵すぎる美女なんです!

ラトビア美人女性2:カルリーナ・カーン

(出典:公式インスタグラム

カルリーナ・カーンは1993年生まれのラトビア美人女性。

2010年にブラジルのサンパウロで開催された、「フォード・スーパーモデル・オブ・ザ・ワールド」の優勝者で、スーパーモデルとしては比較的まだ若手の部類に入る美女。

自然なブラウンの髪に、青い瞳、そして177cmの身長を武器に、現在はニューヨークを中心にして活躍中です。

ラトビア美人女性3: クセーニャ・ソロ

クセーニャ・ソロはラトビア生まれだけど、アメリカのテレビドラマや映画で活躍している美人女性。

5際の時に家族でカナダのトロントに移住し、そこで成長したため、現在はカナダ人でもあります。

ちなみに、14歳までバレーを習っていたらしく、そのバレーを基にしたキレキレな動きが彼女の武器。

また、黒髪と透き通るようなブルーな瞳が、どことなくミステリアス感を醸し出し、彼女の魅力をさらに高めているんです!

ラトビア美人女性4:ギンタ・ラピーナ

(出典:公式インスタグラム

ギンタ・ラピーナは1989年にラトビアで生まれた美人で、現在はニューヨークをベースにしながら、世界的に有名な数々のブランドのモデルとして活躍している女性。

2005年、当時まだ16歳だった時にモデルとしてのキャリアを開始。

これまでドルチェ&ガッバーナ、ルイヴィトン、ヴァレンチーノなど、数々のショーでランウェイを歩いてきており、他にもVogueを始めとした世界的な雑誌に何度も掲載されています。

ちなみにその美しさを武器に、過去には世界のトップモデル27位に輝いたこともある美女なんです!

ラトビア美人女性5:マダラ・マルマネ

(出典:インスタグラム

1989年生まれのマダラ・マルマネは、モデルとして知られるラトビア美人女性。

2003年から2005年にかけて、イタリアの女性向けフェッション雑誌「Grazia」のカバーガールとして活躍。

また他にも、これまでVogueやMarie Claireなど、主に雑誌を中心にキャリアを積んできました。

その天然のブロンドヘアとブルーの瞳が素敵過ぎるラトビア美女なんです!

ラトビア美人女性6:イングナ・ブターネ

(出典:pinterest

透き通るように見えながら深い色合いのブルーの瞳が素敵なこの美人女性は、1986年ラトビア生まれのイングナ・ブターネ。

ラトビアで開催されたモデルコンテストでスカウトされた後、2005年には本格的にモデルデビュー。

2005年、2007年、2008年はビクトリアズシークレットのファションショーで歩き、他にもこれまで、アルマーニ・ジーンズ、ドルチェ&ガッバーナ、ロレアルなど、多くのブランドの「顔」となってきた美女。

そんなイングナ・ブターネはまた、インテリアデザイナーとしての顔も持つんです!

ラトビア美人女性7: スヴィエタ・ネムコバ

(出典:公式インスタグラム

ブロンドヘアとグリーンの瞳が美しすぎるこの女性は、1985年生まれのラトビア美女、スヴィエタ・ネムコバというモデル。

世界レベルで活躍するトップモデルの一人で、プラダやクリツィアなど、有名なブランドのモデルとしてランウェイを歩いてきた美人です。

また、過去には日本のVogueの表紙を飾ったこともあります!

ラトビア美人女性8:ユリア・レスコヴァ

2011にアメリカのファッションブランド「Guess」の顔にもなったことがあるこの美女は、1988年ラトビアに生まれた美人女性。

ティーンネイジャーの時にモデルエージェントにスカウトされた結果、16歳になるとラトビアの国民的な雑誌のカバーを飾り、2006年、彼女が18歳の時には「世界最高のモデル」という称号を勝ち取ります。

そして、20011年以降はモデルとしてのキャリアが一気に花開き、世界的に有名な様々な雑誌でモデルを務めるようになりました。

ちなみに、現在はアメリカのロサンゼルスに住みながらグローバルに活躍しているみたいです。

ラトビア美人女性9:アガタ・ミューツェニエツェ

(出典:wikipedia

このラトビア美女は、1989年にラトビアの首都リガに生まれたアガタ・ミューツェニエツェと呼ばれる女性。

ラトビアとロシアの国籍を持っており、現在、両国で女優やモデル、そしてテレビの司会者として活躍中。

特に、2011年に公開されたテレビドラマ「「Zakrytaya shkola(Закрытая школа)以降に人気が高まり、多くのドラマや映画に出演中です!

ラトビア美人女性10:イルゼ・バジャレ

(出典:pinterest

イルゼ・バジャレというこの女性は、1988年にラトビアのリガに生まれた美女。

178cmの高身長とパーフェクトに整ったルックスを武器にモデルとして活躍しており、ブルガリのキャンペーンに出演したり、ユナイテッドバンブーのショーに出演したりしています。

また、女優としても仕事をしており、過去にはフランス映画「潜水服は蝶の夢を見る」に出演したこともあったりするんです。

ラトビア美人女性11:ラスマ・ゼメネ

LATVIA, Lasma ZEMENE – Contestant Introduction : Miss World 2015

「美人すぎる◯◯」のフレーズを、警察に当てはめた場合にドンピシャなのが、このラスマ・ゼメネという1990生まれの「美人すぎる警察官」。

警察として活躍するも、実は2015にミス・ワールド・ラトビアに優勝した美女で、同年にはミス・ワールドの本戦へラトビア代表として出場。

現在は、その美貌と名声を生かして、警察のPR活動に邁進中のラトビア美人なんです!

ラトビア美人女性12:マイヤ・ティルマ

(出典:youtube

ラトビアの美しすぎる女性アスリート代表格と言えば、1983生まれのマイヤ・ティルマ。

2000年から2013年まで、リュージュ(そりに先に足を乗せる状態で仰向けに乗って氷上を滑る速さを競うウィンタースポーツ)のラトビア代表として活躍していた美人女性で、過去には世界選手権で三位に輝いたことも。

そして2013年に第一線を退いてからは、スポーツに関してのディプロマを取得したり、フランスのリュージュチームのコーチとして活躍するなど、現在もスポーツ業界でバリバリ働いている美女です。

ちなみに、妹や姉もアスリートとして活躍しているアスリート姉妹出身です!

ラトビア女性に関する小話:結婚できないラトビア美女がいる!?

バルト三国のラトビアを代表する美人女性達を画像を一緒に紹介してきましたが、最後にラトビア女性に関してのちょっとした話を紹介しておきます。

実はラトビア、2010年にBBCによって投稿された記事によると、男性と女性の人口比が著しくバランスを欠いているらしく、圧倒的に「男性が不足しているらしいんです。

これは、ソ連崩壊からの転換期において、多くの男性は教育をなおざりにした(女性はしっかりと教育を受けてきた)結果、男性は若いうちに亡くなってしまう傾向にある(お酒やドラッグ、喧嘩などが原因?)というのがその理由。

実際、2010年当時、大学へ入学してくる女性は男性に比べて50%ほど多かったと言います。

また、それによって男女間で教育の差が出来、さらに十分な教育を受けていない男性は良い職につくのは難しいため、多くの女性はなかなか最適なパートナーを見つけられない状況が続いていたそう。

特に頭も良い女性は、仮に美人であっても彼氏を見つけられず独身のまま過ごしてしまう状況が続いていたようです。

つまり、この状況を鑑みると、しっかりと教養があってちゃんとした仕事を持っている男性は、ラトビア美人女性から良いイメージを持たれるかもしれないってこと!

ちなみに、ラトビア人女性の一般的なイメージとしては、

  • 教養がある
  • 知的な会話を好む
  • 見た目を磨いて着飾るのが好き
  • 人とは違う個性を磨くのが好き
  • 運動をして健康な体を維持しようとする(肥満が少ない)
  • 高い身長、絹のような細い髪の毛、美しい肌を持っている

といった感じ。

もちろん、BBCの記事が公開されてからすでに8年経っているため、ラトビアの状況も変わってきているとは思いますが、ちょっとした豆知識として知っておくと良いかもです。

合わせて読みたい世界雑学記事

ラトビア美人女性の美女度って世界一な気が・・・画像と一緒に紹介しとく。のまとめ

画像と一緒にラトビア美人女性達を12名紹介してきました。

見てきたようにラトビアの女性の美女レベルは非常に高い!もしかしたら世界一美女が多い国と言われるのも納得です。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!