イギリス料理がまずい理由は過去のもの!有名なおいしい料理も紹介するよ!

イギリス料理がまずいと言うのは大げさかもしれません。まずいとして挙げられる理由への反論から、実際に食べてみたらおいしい料理までを確認してみましょう。

スポンサーリンク

イギリスの料理と聞いて思い浮かべることと言えばなんですか?

おそらく多くの人は「まずい」とイメージするかと思います。

確かにイギリスの料理はかつて、物笑いの種にされていたかもしれませんが今は違います。

今日イギリスに行けば、至る所でおいしい料理を目にすることが出来、イギリス料理がまずいというのは「過去のもの」であり、また、まずいと思っていた多くの料理が「思い込み」であったことに気づかされるはずです。

そこで、不名誉なレッテルを貼られてしまったイギリス料理の名誉を回復すべく、イギリス料理がまずいとされる主な理由に対しての反論を述べ、その後に、まずいと噂されることもあるけど、実はおいしいイギリス料理の例をいくつか紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イギリス料理がまずいとされてきた2つの主な理由

理由1:料理の選択肢が少ない?

イギリスの料理がまずと言われる理由の一つで、イギリス人が食べるものは選択肢が少ないという指摘があります。

例えばイギリス人は、「フィッシュ・アンド・チップス、ローストビーフ、ポリッジ(おかゆ)、ジャガイモ、ミートパイぐらいしか食べないでしょ?」というもの。

たしかにイギリスの人々はこれらを食べますが、決してそれらしか食べないわけではなく、他にも多くの物を料理して食べているんです。

肉、チーズ、果物、野菜、乳製品、パン、新鮮な魚介類などはもちろん、他にも食べ物のレパートリーには、プディング、スープ、シチューなどが含まれ、世界中で食べられているサンドイッチやアフタヌーン・ティーを生み出したのは、イギリス人であるという点も忘れずに。

これらの食べ物の全てが、長い食の伝統とともに歴史に深く根ざしたイギリス料理を形作っています。

さらにイギリスの料理は近年どんどん多様化しています。

他の文化から取り入れた料理、例えばインド料理のカレーは代表的ですが、加えて他の多くの国の料理を取り入れ、自分たちなりにアレンジた創作料理が増えてきています。

また、テレビの料理番組、料理本、料理サイト、料理アプリの増加によって、一般人でも美味しい料理を作る人が増えています。

ただ煮込んで終わりの時代は過去のもの

以前イギリスに訪問した人がイギリスの家庭で料理をご馳走になった場合、もしかしたら、人参、豆、芽キャベツ、ジャガイモなんかをただ茹でただけで出された経験があるかもしれません。

確かに以前であれば、塩味が足りなくて味付けもちゃんとしてないミートパイに、お湯に入れてそのまま煮ただけの野菜が添えてあるなんてことがあったでしょう。

しかし、ありがたいことに、こうした調理方法は基本的には過去のもの!

最近では、野菜の自然な美味しさをしっかりと残すために茹でる代わりに蒸したり、調理するにしても新鮮味と栄養価が失われないように短時間でサッと終わらせる、また、もっと手の込んだ味付けをすることがほとんど。

イギリス人も料理に関して学んでいるんです。

理由2:外食する場所が限られてない?

過去にイギリスへ旅行した人の中には、「イギリスではまともなレストランが見つからない」と、イギルスの料理に対して悪いイメージを持った人も少なくないのでは?

今から20〜30年前は確かにそうだったかもしれません。

イギリスのレストランはほとんどがステーキハウスで、どこのメニューにも同じようなステーキ、フライドポテト、オニオンリングしかありませんでした。

しかし、イギリス人が料理の知識を増やしていった結果、そのような決まりきったレストランの数は少なくなり、異なった料理を出すレストランが過去20年ぐらいで一気に増え、非常に美味しくて人気のレストランもたくさん出来ています。

さらに、以前はイギリスにあるパブと言えば、ただビールやお酒を飲むだけの場所だったと記憶している人もいるでしょう。

しかし最近、多くのパブは飲み物だけではなく料理も提供する「ガストロ・パブ」に変貌を遂げ、今ではテーブルが並んでいます。

中にはレストラン以上に美味しい料理を提供する場所さえ出てきているんです。

このように、現在のイギリスでは、簡単に良さげなレストランを見つけることが出来る上、そこで提供される料理に対して「まずい」という印象を持つことはほとんどないはずです。

噂ではまずいと有名だけど実際には美味しいイギリス料理

さて、イギリス料理がまずいとされる理由(過去の物)を挙げて見ると分かる通り、イギリス料理がまずいというのは過去のことで、基本的に現在のイギリス料理は言うほどまずくなさそうだと分かるかと思います。

しかし同時に、イギリス料理の名誉の為に言っておきたいのが、噂ではまずいと有名だけど、実はかなり美味しいイギリス料理が多くあるってこと。

そんな料理の中でも、実際に食べてみたい美味しいイギリス料理を、4つ紹介していこうと思います。

実は美味しいイギリス料理① ステーキ&エールパイ

ミートパイには色々な種類がありますが、ステーキ&エールパイは「牛肉好きの夢」が詰まった、とにかく肉好きにはたまらないパイ料理。

バターが効いたパイ生地に包まれた柔らかいお肉と野菜、その上に広がるシチューの良い香り

どうですか?聞いただけでも美味しそうに思えてきませんか?

玉ねぎ、牛肉、人参、マッシュルームを煮込んで、そこにエールビールを注いで、さらにじっくりと時間をかけて煮込み続けていき、口の中でトロける絶妙な柔らかさのミートパイが完成です。

「イギリスのミートパイはまずい!」と言ったのは誰ですか!?

中には世界に自慢できるほど美味しいミートパイも昔から存在していたんです。

ちなみに、このステーキ&エールパイを食べる時は、エールビールを合わせれば完璧!

世界で最も古い種類のビールと言われるエールビールを片手に、ジューシーで柔らかい牛肉を一緒に頂きましょう。

実は美味しいイギリス料理② ヨークシャープディング

プディングはプディングでも、日本人が一般的にイメージするプリンなどのスイーツではなく、昔からイギリスに存在する家庭料理として有名なのがヨークシャープディング。

ヨークシャープディングは、パイやタルトの要領で作られた、シュークリームの皮のようなもののこと。

しかし、イギリス人がヨークシャープディングを食べる時は、その生地の上に、様々な美味しい具を加えることがほとんど。

例えば、凹型になった生地の上に、マッシュポテトとソーセージが乗っかり、上にたっぷりとかかったグレービーソースがかかったヨークシャープディングを食べれば、「めちゃ旨!」と驚くこと間違いなしです。

他に、牛肉の煮込みなんかをてんこ盛りにして食べる方法なんかも最高です。

実は美味しいイギリス料理③ フィッシュ&チップス

気取らずシンプルなフィッシュアンドチップスは、一見するとあまりにも単純すぎるファストフード料理なので、食べたことがない人に見下されることがあるかもしれません。

しかし!

フィッシュアンドチップスほど、見た目と美味しさのギャップがあるファストフードはなかなかないかも。

実際、フィッスアンドチップスを食べてみたら、その美味しさにビックリすること間違いなし。

人によって食べ方は様々で、単純に塩を振りかけて食べてもいいし、グリービーソースをかけて食べるのもOK。

さらに、おすすめな食べ方は、揚げた魚に塩かグリービーソースをかけたら、チップス(フライドポテト)には東南アジア原産のスイートチリソースをかけて食べる方法。

この食べ方は感動するぐらい美味しくてはまるので、フィッシュアンドチップスを試す際には是非!

とにかく、イギリスを代表するフィッシュアンドチップスは、肉厚の魚が完璧な揚げ方をされていて、イギリスを代表する手軽に食べられる美味しい料理ですよ。

実は美味しいイギリス料理④ イングリッシュブレークファスト

イングリッシュブレークファストは、「究極の朝食」と言ってもいいかもしれないぐらい、美味しい朝食向けの料理。

半熟の目玉焼きにベイクドビーンズ、ソーセージにベーコン(というより揚げたハムのようですが)、焼きトマトに焼きキノコが揃うと、この美味しいイギリス料理の大部分が出来上がり。

そこへ、フライパンで表面を焼いたパンを何枚かと、ハッシュポテトにブラッドソーセージ(※血液を材料として加えたソーセージ。加えたければどうぞ!)を添えると、食いしん坊でも満足できちゃう美味しいイギリスの朝食が完成します。

ちなみに、イングリッシュブレークファストは、ただ美味しいだけでなく非常に栄養価も高いので、ブランチ(朝食と昼食を兼ね備えた食事)として食べたり、朝食後に動き回る予定があって、エネルギーを蓄える必要がある日なんかに特におすすめです。

イングリッシュブレークファストを試してみれば、その味が忘れられなくなって、一月に一回か二回は食べたいと思うようになるかもしれませんよ。

合わせて読みたい世界雑学記事

イギリス料理がまずい理由は過去のもの!有名なおいしい料理も紹介するよ!のまとめ

料理がまずいというのは、現在のイギリスには当てはまりません。

むしろ、たくさんの美味しい料理を楽しむことができるので、イギリスを訪問した際には色々と試してみるのがおすすめです!

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント

error:Content is protected !!