エジプトピラミッドの謎と歴史|なぜ建てられたのか?どのように誰が建てたのか?

エジプトのピラミッドの謎を探っていきます。歴史的に様々なアプローチがされてきたにも関わらず、未だに解明されていない謎を見ていきましょう。

スポンサーリンク

エジプトのピラミッドと言えば、世界で最も有名な現存する古代建造物の一つで、観光地としてもとても人気です。

また、エジプトのピラミッドに関しては、多くの謎や歴史的に興味深い事実が存在しており、歴史学者だけでなく、一般的にも興味を抱く人が多いはずです。

なぜピラミッドは建てられたのか?

どのようにしてピラミッドは建設されたのか?

歴史的に多くの学者が挑んできたけど未だに解明されていない、7つの謎について詳しく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エジプトピラミッドの謎と歴史① なぜ特定の期間に多く作られたのか?

古代エジプト王たちのシンボルとして広く認知されているピラミッド。

この巨大で複雑な構造を持ち、歴代のエジプト王の墓と言われてきた(※実はそうではないらしいが)ピラミッドは、古代エジプトの歴史のなかでごく限られた時代にのみ建造されました。

ピラミッドの始まりとされているジュセル王の階段ピラミッドは、紀元前2630年頃の古代エジプト第3王朝時代に建造されており、その後、ギザのピラミッドなどに代表される巨大なピラミッドは、紀元前2530頃に建造されたと言われています。

複数のピラミッドが建造された後、紀元前2200年頃の古代エジプト第6王朝期にピラミッド建造は衰退し、再び紀元前2000年~1700年頃のエジプト第12王朝期~第14王朝期にかけて、いくつかのピラミッドが建設されるものの、以前のような堂々たるピラミッドが建設されることはありませんでした。

このように、エジプトのピラミッドの建設は、一部の時期に集中しており、その理由は未だ良く分かっていません。

エジプトピラミッドの謎と歴史② どうやって作られたのか?

ピラミッドが一体どうやって建造されたかは長年の謎。

しかし、ピラミッドが4000年以上もの間壊れずに現状を保っていることからも、ピラミッドがしっかりとした構造を持っているということは分かります。

では一体、その構造を古代エジプト人はどのようにして作りあげたのでしょうか?

ピラミッドを構成する一つ一つの石材が正確に切り取られているというのは驚愕の事実であり、その硬い岩をどのようにして切り取ったのかに関しても、確実なことが分かっていません。

また、古代エジプトに関する映画の中では、労働者が巨石を引っ張っている様子がよく描写されていますが、実際は、ナイル川の水路を使って平均およそ2.5トンもあるこの巨石を、石切場からピラミッド建造場まで運んでいたと言われます。

この主張も確かなのでしょうか?

エジプトピラミッドの建設方法に関しては、未だに謎が絶えず議論が続いています。

エジプトピラミッドの謎と歴史③ 何で作られているのか?

何百年も研究されているエジプトのピラミッドですが、物理的な視点からその構造を解き明かそうとする研究はありませんでした。

ピラミッド建造には石灰岩が使われたとされていますが、本来石灰岩には存在しない物質や、自然に発生するはずのない物質が、ピラミッド周辺で発見され、当初はピラミッド修復の際に使われた物質の残りであると考えられていました。

しかし、この自然には発生しないはずの物質は、その後に高度な研究技術や構造解析が可能になるにつれて、考古学者たちの注目を集めるようになりました。

2006年にはアメリカのドレクセル大学の材料工学研究者ミケル・バーサム教授によって、様々な物質や、X線を用いたピラミッド内部・外部の石材の解析が進められ、コンクリートからできた石材がピラミッド建造に使用されていることが判明したのです。

これにより、一般的にピラミッド建造に関して抱きがちな「奴隷達がピラミッドの頂上まで巨石を這わせて運んでいた」というイメージが、徐々に覆されようとしています。

未だに、ピラミッドが何から作られているのかに関しては謎の部分もありますが、大きな一歩となったことは間違いないでしょう。

エジプトピラミッドの謎と歴史④ ホットスポットの謎

エジプトのギザ台地にある3つのピラミッドは、「三大ピラミッド」や「ギザのピラミッド群」などと呼ばれてとても有名ですが、この3つのピラミッドには「ホットスポット」が存在していることが判明し、謎を呼んでいます。

2015年10月に、カイロ大学工学部協力の下、ピラミッドの謎の解明に繋がるかもしれないとして、「スキャン・ピラミッド計画(Operation Scan the Pyramids)と呼ばれるプロジェクトが行われました。

これは、日本で活火山を発見するのに使われている赤外線画像とネオン・ラジオグラフィーを使った、いわゆるサーモグラフィースキャンのようなもので、ピラミッドの温度分布を解明しようという試みです。

このプロジェクトの結果、ギザの三大ピラミッドには、何かしらの理由で他よりも暑くなっているブロックがいくつか存在することが判明。

アフリカが暑い地であるというのは間違いないのですが、通常の天候条件では、この現象の謎を説明することが出来ず、謎を呼んでいます。

(豆知識)ツタンカーメンの墓も温度分布解析を行った結果

ちなみに同グループは、ギザの三大ピラミッドだけでなく、王の谷にある有名なツタンカーメンの墓に関しても温度分布の解析を行いました。

その結果、壁の内部に隠れた空洞があることが明らかになりました。

これは、未だ発見されていない部屋への謎の入り口と、ツタンカーメン王の父の妻であった、ネフェルティティ王妃の墓につながる鍵かもしれないといしています。

エジプトピラミッドの謎と歴史⑤ ピラミッドを建設したのは誰?

古代エジプトについて描かれた映画や本、歴史にまつわるフィクション作品では、ピラミッドは奴隷によって建造されたと描写されていることが多いかと思います。

しかし、この「ピラミッドは奴隷により建設された」との話は、古代ギリシャ人によるでっち上げだということが近年では有力な説になっています。

さらにハリウッド映画によってこの通説が一般的となり、世界中で多くの人が、この歴史の「誇大広告」を信じてしまったのです。

一方で現在は、対価をもらう代わりに労働力を提供するいわゆる労働者が雇われ、彼らが主体となってピラミッドを建てたと考えられています。

さらに、単純労働者だけでなく、当時のエジプト中から集まってきた熟練の専門家や技術者たちも多く含まれていたようなのです。

加えて、ピラミッド建設に関わる労働者に対しては、快適な居住環境が提供されていたり、万が一にも建設中に亡くなった労働者は、「王の近くの墓」に埋葬される機会を得たと言います。

建設者が単なる奴隷だったとしたら、古代エジプトのエリート集団の近くに埋葬されることは考えられません。

そして、同じ場所には、ピラミッド建築に関する労働者だけではなく、料理人やパン職人、司祭や医者なども住んでいたのです。

エジプトピラミッドの謎と歴史⑥ ギザの大ピラミッドの失われた頂上の謎

ギザの大ピラミッドの頂上にはかつて、四角錐の形をした頂上が存在したとされていますが、未だにその真偽は謎のままだったりします。

というのも、その頂上は金でできていたと言う人もいれば、想像上の作り話だと言う人もいたりと、様々な憶測が飛び交っている状況だからです。

仮に、エジプトのピラミッドの上に何かしらの頂上が別に存在したならば、何の目的があってそこに置かれていたのでしょうか?

そして、その頂上は一体どのようにして、誰が取り外したのでしょうか?

当初エジプト政府は、大ピラミッドの頂上は盗難に遭い、ギザの大ピラミッド千年祭で返還される予定であったと主張しましたが、驚くべきことに当局はこの主張を取り消したのです。

なぜそんなことが起きたのでしょう?

一部の研究者は、ギザの大ピラミッドの最頂部には、ホルスの目と関連する謎の球体が乗っていたと言います。

その主張によると、球体は直径およそ2.7m。

太陽とイシスの女神(エジプト神話の女神で豊穣の神)と関連があり、人間の肉眼で確認できる最も明るい星シリウス崇拝のシンボルだったそう。

しかし、この主張も証拠があるわけではなくあくまでも仮説なために真偽は不明で、ギザの大ピラミッドの頂上に何があったのかについては、未だに多くの謎を呼んでいます。

エジプトピラミッドの謎と歴史⑦ ピラミッドは何に使われたの?

以前まで、エジプトのピラミッドは「王の墓」として建設されたという説が有力で、一般的に受け入れられてきましたが、王家の墓が別に発見されてきたことから、このピラミッド王墓説は否定される傾向にあります。

そのため、未だにピラミッドが何の目的で建てられ、何に使われたのかに関しては謎のままであり、様々な仮説が生まれています。

以下に、エジプトピラミッドが建てられた謎に関するいくつかの仮説をまとめておきましょう。

  • 富裕層が金、宝石、穀物や貴重品を保管する巨大倉庫
  • 古代エジプト人が神々と繋がるためのエネルギー源
  • ファラオや王妃が永遠の命を得るための旅に出られるよう遺体を保管する場所
  • エジプト人とヌビア人(ヌビアと呼ばれてきた地域の住民)が砂嵐から身を守るためのシェルター
  • ピラミッドはナイル川の泥水を綺麗にするために存在した
  • 無職の労働者に職を提供するため建設された
  • 古代エジプト人の富裕層の男性と結婚した女性を喜ばせるために建設された
  • マケダ、つまりシバの女王(旧約聖書に登場する女王)への贈り物
  • 飢饉の最中にファラオが小麦粉を穀物倉にして保存する場所
  • 大洪水が発生したときに人々を守るシェルター
  • 日時を知るための時計のような役割を持っていた
  • 天体観測のための施設だった
  • 宗教儀式のための神殿

このように、古代エジプトに建てられたピラミッドの用途に関しては、多くの仮説が存在しており、未だに本来の目的は謎のままです。

合わせて読みたい世界雑学記事

エジプトピラミッドの謎と歴史|なぜ建てられたのか?どのように誰が建てたのか?

古代エジプトが誇るピラミッドに関して、歴史的に残る謎を紹介してきました。

ピラミッドには多くの謎がありますが、この謎を解明するにはエジプト政府の協力がさらに必要。

エジプト政府のみが、考古学者にピラミッド内部の調査や必要な発掘を行う許可を与えることが出来るのですが、エジプト政府は全ピラミッドの全ての部分の調査許可を出しているわけではなく、あくまでも部分的な限られた箇所しか許可していません。

そのため、このこともピラミッドに多くの謎が残る間接的な理由になっていると考えられ、謎を解明していくためにはさらなる協力が必要になってきます。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

コメント

error:Content is protected !!