サバンナの動物一覧|14種の生き物の名前や特徴を確認!

サバンナの動物14種を一覧にして紹介していきます。アフリカのサバンナに暮らす生き物の名前や、それぞれの特徴などを確認していきましょう。

スポンサーリンク

アフリカと聞くと、壮大に広がるサバンナにアフリカ大陸ならでは野生動物が点々とする光景を思い浮かべるかもしれません。

サバンナとはアフリカ大陸に広がる、熱帯または亜熱帯の草原地帯で、雨季になると高い草が茂ります。

そんなサバンナに暮らす動物には、どのような生き物達が含まれるのでしょうか?

この記事ではサバンナに生息する14の動物をピックアップして、それぞれの名前や特徴などを紹介していこうと思います。

(※サバンナに該当する地域は南アメリカにもありますが、この記事ではアフリカのサバンナを指すものとします)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

サバンナの動物1:ライオン

アフリカを代表する動物であり「百獣の王」とも表現されるライオンは、サバンナや草原を典型的な生息地とするサバンナに生きる動物の一種。

オスは体重が250kgを超えるなど、ネコ科の動物としてはトラと並んで世界最大級の大きさを誇ります。

また、野生のネコ科の動物としては最も社会性があり、一般的に5から10匹の群れを作って生活しています。

そんなライオンをサバンナで見かける場合、獲物を求めて行動する姿よりも、うたた寝する姿を目にすることの方が多いでしょう。

ライオンは1日のうち20時間ほどを休息時間とし、夜明けと夕暮れ前後が最も活動的な時間帯となっているのがその理由です。

サバンナの動物2:ヒョウ

ヒョウはアフリカ大陸だけでなく、アラビア半島やアジア、さらにはロシア極東にも住んでいますが、アフリカに住むヒョウはサハラ砂漠以南の地域に生息しています。

サバンナを中心に広域に渡って生息しているものの、夜行性であり、警戒心が強いため、サバンナを周るサファリツアーでは、なかなか遭遇することが難しい動物の代表格。

日中は周囲の様子を探るほか、身を守るために木々に潜んでいることも、サファリツアーでヒョウの姿を確認するのが難しい理由です。

単独行動をする動物であり、木や崖をよじ登る力、水面を泳いで渡る力、そして自らの3倍の重量にもおよぶ獲物を木の上まで引きずり上げる力など、獲物を捕らえることに関しては非常に優れた能力を備えています。

サバンナの動物3:サイ

アフリカにはシロサイとクロサイという2種類のサイが生息していますが、どちらもサバンナで確認することが出来ます。

(シロサイ)

ただし、クロサイの亜種は山地の森林に生息することもあるのに対して、シロサイは基本的にサバンナにしか生息していません。

ちなみに、アフリカに生息するこれら二種類のサイを見分ける最も簡単な方法は、下唇の形に注目すること。

シロサイは幅が広くて四角い形をしているのに対して、クロサイはより鋭角な形をしているのが特徴です。

(クロサイ)

また、シロサイの方がサイズが大きく、オスの体重は2000〜3600kgである一方、クロサイの標準的な体重は800〜1500kg程度です。

シロサイの数の方が多いこともあり、サバンナでシロサイは、クロサイに比べて見つけやすくなっています。

サバンナの動物4:チーター

アフリカのサバンナに生息する比較的大型なネコ科動物のチーターは、非常に美しい姿に加えて、陸上動物としては世界最速のスピードを誇ることで有名。

瞬間時速は120kmにも達し、5秒で時速100kmに達する加速力を持つとされ、その類まれなスピードを武器にして獲物を狩ります。

一方で、世界最速のスピードの傍、自らが得た獲物を他の肉食動物に奪われてしまうこともよくあるという弱点も持ち合わせています。

獲物をめがけて最高速度まで加速することのできる広々としたサバンナは、チーターにとっては好ましい環境と言えるでしょう。

サバンナの動物5:アフリカスイギュウ

立派な体格と一体となった角が特徴的なアフリカスイギュウは、サバンナの広大な草原を、大きな群れをなして放浪するよに暮らす草食動物。

群れの規模は1000〜2000頭にもなるため、他のサバンナの動物よりも見つけやすいと言えるでしょう。

しかし、それでも大きな個体では体重が1トン近くになることに加え、非常に多くの個体が集まって暮らすため、アフリカスイギュウを獲物として狙う動物は、基本的にライオンとワニぐらいしかいません。

また、世界には他にもスイギュウと呼ばれるウシの仲間はたくさんおり、多くは人間に飼いならされてきましたが、アフリカスイギュウはこれまで、人に飼いならされることなく生態を保ってきたのも特筆すべき点です。

これは、アフリカスイギュウの攻撃性と予測不可能な性格にあると言えるでしょう。

アフリカスイギュウの群れがサバンナに広がる様子は心に残る光景であるものの、毎年数人がアフリカスイギュウによって命を落としていると言われるため、その光景を近くで見たいからと近づきすぎるのは危険です。

サバンナの動物6:ヌー

同じ牛科に属してサバンナに生息するため、アフリカスイギュウと混同されることもあるヌーもまた、大規模な群れを作りサバンナを移動して暮らす草食動物。

ただし、最大で1トン近くなるアフリカスイギュウと比べ、ヌーは成獣になっても体重が250kg程度であることから、より多くの肉食動物に命を狙われています。

アフリカスイギュウの群れが最大でも2000頭ほどなのに対して、草原を求めて移動するヌーは数万から数十万の規模にまで膨れあがる点が特徴です。

サバンナの動物7:シマウマ

黒地に白の縞模様が特徴的なシマウマは、アフリカのサバンナを描く際には必ずと言って良いほど登場する動物でしょう。

アフリカには3種のシマウマが生息し、サバンナシマウマは東アフリカと南アフリカでよく見られる一方、グレビーシマウマとヤマシマウマを見つけるのはより難しいと言われます。

ただし、生息地の好みは違うものの、これら3種のシマウマはサバンナにも暮らし、一部は食物となる草原を求め、大規模な群れをなし移動することで知られます。

また、移動の際には同じアフリカの大地に生息するヌーと一体となって行動する姿がよく確認されます。

サバンナの動物8:カバ

アフリカ南部やアフリカ東部の河川や沼地、湖を中心にその姿がよく確認されるカバは、アフリカの動物として有名。

通常は10〜20頭ぐらいの群れを作って暮らしていますが、特に乾季になるとその数は100頭近くに膨れ上がります。

水かきのある足、大きな犬歯の牙、体内から日焼け止め効果のある液体を分泌する性質など、進化の過程における生物としての驚くべき適応が見られ、生涯の大半を水中で過ごし、夕暮れの時間帯に川岸の草を食するために水場を離れます。

一方で、陸上に上がってサバンナの大草原を疾走することもあり、これまで何らかの形で刺激してしまった結果、サバンナで何人もの人たちがカバに襲われて命を落としてきました。

カバが走る速度はどれぐらい?【意外に速いスピード驚愕!】
アフリカ大陸の中でもサハラ砂漠以南の地域に生息するカバは、体長は4m近く、体重は1.5トン近くになる、水辺に生息する大きな動物として知られます。 また、その外見と水でくつろぐ姿から可愛い動物として描かれることが多いですが、現地...

サバンナの動物9:アフリカゾウ

陸上で生活する動物の中で最大となるアフリカゾウは、草原地帯であるサバンナと森林に暮らす生き物。

中でも、サバンナを中心に生活しているアフリカゾウ達は、サバンナゾウという亜種に分類されることもあるなど、サバンナを代表する草食動物と言って良いでしょう。

その大きな体を維持するために、1日あたり400kgにも上る植物を食物とします。

また、通常は穏やかな性格ですが、アジア地域に暮らすアジアゾウと違って、アフリカゾウは刺激されると非常に危険になりやすいことでも知られます。

アフリカゾウの大きさ(体重&体長)【世界最大の陸上動物】
サハラ砂漠以南のアフリカ大陸にあるサバンナに生息するアフリカゾウは、陸棲の動物としては、地球上に生きる世界最大の動物です。 アフリカゾウの体重や身長などを含めた大きさを解説します。 アフリカゾウの大きさ(体重や体長など)はど...

サバンナの動物10:キリン

地球上で最も背丈の高い動物(最大で5m近くになる)であることから、草原が広がるサバンナでキリンは、非常に見つけやすいと思われるかもしれません。

しかし、キリン特有の茶色と白の斑点模様が優れたカモフラージュとなり、遠目から見るだけでは気づかないこともあり、茂みから突如キリンが姿を現すように感じることも珍しくありません。

サハラ砂漠より南の地域の熱帯雨林を除くアフリカ大陸各地に9つの亜種が生息しており、青い舌、どっしり太く短い角のような突起、そして見事に長く伸びた首が共通する特徴となっています。

ちなみに、水を飲む際に意識を失うことがないよう、キリンの首には頭部への血流の循環を保つための血管と弁が備えられていることは、キリンに関するちょっとした豆知識として知っておくと良いでしょう。

キリンの大きさ(身長・体重)はどれぐらい?【長い首で有名】
アフリカのサバンナに生息するキリンは、長い首を有し、身長が高い動物として知られ、世界的にも有名な動物です。 キリンの大きさを、身長と体重の点から簡単に確認していきます。 キリンの大きさはどれくらい? キリンはオスとメスによ...

サバンナの動物11:リカオン

小麦色、黒、白のコンビネーションの毛並みが特徴的なリカオンは、アフリカに生息するイヌ科の動物としては最も大きく、また稀少な動物。

半砂漠地帯やサバンナに暮らし、最優位のオスとメスが率いる群れで生活しながら、甲高い鳴き声でコミュニケーションを行ったり、一隊となって獲物を狙い、疲れ果てて身動きができなくなるまで追い込むなど、社会性と連携に富むサバンナの動物です。

さらに、社会性のある他の肉食動物とは異なり、生存確率を最大限に確保するため、獲物を捕食する際には、すでに離乳していた場合、子供達は大人よりも先に獲物を食べることが許されています。

サバンナの動物12:ハイエナ

サバンナに暮らす動物と言えば、ライオンやゾウ、シマウマなどと並んでアフリカの動物の中でも比較的有名なハイエナを忘れてはいけません。

パッと見はリカオンに似ている気がしますが、リカオンと比べるとずんぐりむっくりで、体の模様も異なります。

イヌっぽい姿をしていますが、ジャコウネコ科に近い動物で、主に他の肉食動物の食べ残しや腐肉を漁ることが多く、夜行性であるのも特徴です。

ただし、ハイエナの中でもブチハイエナと呼ばれる種は、自分たちで獲物を仕留めることも多く、サバンナの優秀なハンターという顔も持ちます。

サバンナの動物13:オリックス

頭部に直線的で先端が外側へ真っ直ぐに伸びる長い角を有するオリックスは、ウシ科に属する動物で、半砂漠やサバンナに生息します。

最大で50頭ぐらいの群れを形成して生活し、サバンナに生える草や低木の葉などを食料として暮らしているのです。

またかつて、その鋭角な角の先端部はアフリカの先住民達に武器として重宝されていたことでも知られます。

サバンナの動物14:エランド

ウシ科の大部分の種を含むアンテロープ(レイヨウ)と呼ばれるグループに属するエランドは、最大体重は約1トンに達するなど、非常に大きな体を持つサバンナに生息する草食動物。

頭部に生える角は、捻れるような見た目を持ちながらもほぼ真っ直ぐと伸びているのが特徴で、さらに、大きな体に似合わず動作は俊敏です。

サバンナに住んでいる草食動物であることから草も餌としますが、主に木の実や枝の方が主食で、それだけでなく根を掘り起こして食べることもあります。

合わせて読みたい世界雑学記事

サバンナの動物一覧|14種の生き物の名前や特徴を確認!のまとめ

アフリカのサバンナに暮らす14種の動物を紹介してきました。

サバンナには他にも多くの動物達が暮らしますが、この14種をまずは抑えておくと良いかと思います。

世界のことって面白いよね!By 世界雑学ノート!

error:Content is protected !!